2月6日 みぞれ

バイト上がりの帰り道、みぞれ。
雪に変わる。

いきなり話は俺が中学生の頃に飛ぶ。
中学校の合唱部には男がいなかったので、お手伝いというシステムで、運動部に入っている男子が合唱部にも参加していた。
それで俺もテニス部からお手伝いとして合唱部を掛け持っていた。
放課後はメインの部活に参加しなくちゃいけないので昼休みなどを使って練習していた。
中学一年か二年のとき、NHKの合唱コンクールの課題曲が「みぞれ」という曲だった。
不思議な歌だったのでほとんど覚えてないのだけど、

雪にもなれず雨にも戻れない
中途半端な悲しみ

って歌詞だけはよく覚えている。
違う年の課題曲に「こんなにたしかに」という歌があったのだけど、今となっては一部分も思い出せないほどへんちくりんな歌だった。
あんなの中学生に歌わすもんじゃないよって感じの。変な歌。音もとれないし。
同じ年齢か一つ二つ差の人で中学で合唱をやっていた人は、大抵全国のどこの学校でも練習してたはずだから知ってるかも。

お手伝いの人だけあつめて男子の重唱グループも作って、お手伝いなのに地域の大会でちゃっかり金賞をもらったこともある。
「雨」って歌で。

雨の音が聴こえる
雨が降っていたのか

雨があがるように
世のために働いていよう

雨があがるように
静かに死んでゆこう

こんな歌詞の繰り返しだった。
今思うと暗い歌ね。
Commented by yoko at 2006-02-09 11:17 x
Nコンなつかしいー。
私のときは課題曲「家族」「遙かな時のかなたへと」でした。
歳がバレるな。
そういや、ずいぶん久しくいわゆる「合唱曲」を歌っていないと気づいた。
なんだか無性に歌いたくなってきて、当時好きだった立原道造の詩集なんぞを引っ張り出してみたよ。
あんなのよく中学生で歌ってたな。精一杯背伸びしてたな。
Commented by hoshimasato at 2006-02-10 01:41
Nコンって略すんだw
合唱曲はチャッピーでうたいましょうよ!
でも2月の俺いけないんですよ・・・。
Commented by dayan at 2008-02-22 16:14 x
はじめまして!「みぞれ」は元々高校の課題曲として高校生が
作詞した曲です。
私が中学1年生の時に高校の課題曲として生まれ、
3年生の時3年生の部員がみんなでどうしても「みぞれ」を歌いたいと
先生に懇願して自由曲として歌ったことがあります。
県大会で優勝候補と噂までされていましたが伴奏も高校生レベル
だったのでしょう・・・。
2年生の奏者には難しかったようで本番では緊張のあまり
指が動かなくなりピアノソロの部分が一部無音に・・・。
それでも指揮にあわせて歌い続けました。息はピッタリ!

・・・結果は3位でした。

私はあの歌詞がとっても心に沁みてすきでした。
みぞれは思春期のやり場のない心を例えたものだから・・・。

けれど いつしか夜は明けて
みぞれは雪に変わっていた
確かにそこに積もっていた
大地と同じひろがりで 
本当の白さで輝きながら
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by hoshimasato | 2006-02-07 02:25 | Comments(3)

大田原市議会議員、ほしまさと(星雅人)のブログ。子どもの味方、学童保育支援員、パソコン要約筆記者。大田原をより住みよいまちにするためのご意見募集中。→https://forms.gle/YNT9krbHtd1814LWA 公式LINE→https://lin.ee/lJee1XA


by hoshimasato
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31