政治活動

【新年のご挨拶】報道やSNSとの距離を置くこと、 当たり前の生活を続け、 経済活動を止めないこと。 まずはそこから。…星の便りvol.152

【新年のご挨拶】報道やSNSとの距離を置くこと、 当たり前の生活を続け、 経済活動を止めないこと。 まずはそこから。…星の便りvol.152_b0063162_13311110.jpg
(ほしまさとメールマガジン「星の便り」 Vol.152 令和5年1月2日発行より)

【新年のご挨拶】
2024年、今年もよろしくお願いいたします。
新年を祝うその日に能登半島にて最大震度7の大きな震災が発生してしまいました。
お亡くなりになられた方々にお悔やみを申し上げますと共に、被災された皆様にお見舞いを申し上げます。
新型コロナウイルスが5類に変わり、久方ぶりの通常モードの新年を迎え、多くの人が今までなかなか集まれなかった家族、親族、ご友人とお過ごしになったことと思います。
新しい年をどのようにしたいか、気持ちを新たに誓いを立て、家内安全や商売繁盛などを祈ったその日に、これほどの災害が起きてしまうことは、悲しみに耐えません。

直接的な被害にあわれていない、あるいは影響の少なかった方々も、長時間、報道やSNSに向き合い続けることは、精神に大きな負荷がかかります。
何か新しい情報が入ってくるのではと、ついつい報道やSNSを過剰に追ってしまいますので、意図的に距離を置くことも大切です。
また、大人もですが、こどもたちはより情報や生活の変化に敏感です。
こどものいる家庭の皆様には、日本トラウマティック・ストレス学会の「保護者のための災害後のストレスマネジメント」という資料をご覧いただきたいと思います。私たちこどもの周りの大人が心がけるべきことが分かります。
https://www.jstss.org/docs/2022032800029/

被災地に思いを寄せながらも、当たり前の生活を続けること、経済活動を止めないことが大切だということも、私たちはこれまでの災害から学んできたはずです。
早期に災害救助法が適用され、知事から自衛隊に災害派遣の要請が出され、救助活動が始まっています。私たちの代わりに被災地へ赴き、瓦礫の下から被災者を助けてくれている人がいます。
今、被災地のために何も出来なくても、私たちが被災地の為にやれることは、これから出てきます。その時に、やれることをしましょう。

被災地にて、1人でも多くの命が救われ、被災された皆様に一刻も早く安心な生活が戻ってくることを願い、新年の挨拶とさせていただきます。

2024年1月2日 栃木県議会議員 星 雅人
【新年のご挨拶】報道やSNSとの距離を置くこと、 当たり前の生活を続け、 経済活動を止めないこと。 まずはそこから。…星の便りvol.152_b0063162_13331012.jpg

名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by hoshimasato | 2024-01-02 14:00 | 政治活動 | Comments(0)

栃木県議会議員、ほしまさと(星雅人)のブログ。大田原を、那須野ヶ原を「誰一人取り残さない持続可能なまち」にするためのご意見募集中。→https://forms.gle/YNT9krbHtd1814LWA


by hoshimasato
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31