学童

大田原の学童保育について、こども課の担当さんと話して。

大田原の学童保育についての話をしたい。

大田原市では、学童保育に子どもを預けている保護者と担当課(こども課)との懇談会を持ってくれている。
その場で、保護者さんたちは保護者の総意としての要望をこども課に伝えてきた。

去年、市長が千保一夫市長から津久井富雄市長に変わった後、うちの学童の保護者さんや指導員仲間と共にタウンミーティングに参加し、「市長との懇談会」を要望したところ、保護者と市長の懇談会を年三回も持ってくれることになった。
その懇談会には市長と、保護者さんと、担当課の職員さん方が参加する。

その懇談会が行われることが決まったあと、市内の全部の学童に連絡をし、会議→要望書作成を繰り返す中で、大田原の学童の問題点や、持っていくべき方向がある程度見えてきた。

ただ、担当課との懇談会にも、市長との懇談会にも、現場にいる指導員は参加させてもらえない。
当事者(子どもと、実際に子どもたちと向き合う指導員)の声も、直接聞いてほしいし、話に加わりたい。
保護者と行政と指導員と、みなで学童のことを考えていきたい。

僕にはそんな思いがあって、「懇談会に参加させてほしい」と頼みにいった。
そうしたらこども課の職員さんに「それは無理ですね」と言われた。
理由はこうなります。

市は学童保育を運営委員会に委託している。
その運営委員会が僕ら指導員を雇用している。
学童保育館の中に問題点があるのであれば、まず、指導員が共通認識を持ち、指導員の中で解決し得ない事は、主任指導員を通して館長にあげる。
館長が必要だと思ったら館長が運営委員さんを集め、運営委員で解決し得ない問題であれば、運営委員会の総意を館長が市に伝え、そこでやっと市の担当課が考えると。
確かに、理屈で言えば、もっともである。

僕は、大田原市の指導員の待遇があまりにも悪い(公設民営で主任指導員月95000円、指導員90000円、一年雇用なので昇給なし。民設民営はそれ以下。)と思っている。
「学童保育の質は、指導員の質。」
人一人が食っていけないという待遇の低さは、学童の質に直結すると思っていて、そこは何とかしていきたい。
僕は、学童保育指導員だけをして食べていける人が出てくれば、学童の質は向上すると確信している。

このような問題意識にそって、僕が市の担当がいうような「あるべき形」で学童の仕組みを変えていこうとすると、
①周りの指導員に今の待遇では子どもたちを質の高い保育をするにあたって不十分だという意識を持ってもらって、
②指導員の考えが一致したら館長に相談して年に1、2度しか集まらない運営委員を集めてもらって、それぞれの委員を説得し、
③運営委員会の考えが一致したら市のこども課に伝えて、
④こども課なり、その上の保健福祉部なり、その上の市長が「それは改善するべきだ」と判断してやっっっっっっと変わると。

どこまで手続き踏まなきゃいけないんだよ。正直げんなりします。
相当頑張ってやってきたつもりだけれども、そもそも①がクリアできない。
メインの理由は扶養控除という強靭な壁。前にも書いたので、リンクを貼っておく。

「なんで学童保育の指導員をしているのか?⑲」
「なんで学童保育の指導員をしているのか?その⑳」
「なんで学童保育の指導員をしているのか?その21」

かなりハードル高そうでしょう?
仮に他の指導員さんと合意が得られても、次は②運営委員さんの説得。保護者会長さん、自治会長さん、ここら辺までは頑張れば説得できるかもしれないさ。ただ、運営委員会には「こども課長」も入っているんですよ。

これは4年生以上の受け入れの話なんだけれど、ある学童の指導員さんが『人数が少ない年に、4年以上の受け入れをしてもいいか、とこども課に話にいったら「運営委員会にかけろ」と言われ、運営委員会にもっていったらその運営委員に課長が出てきて「それは無理です」といってつぶされた』というような話もある。

仮に運営委員会を潜り抜けたとしてもその先がこども課…。
ひとつの学童の運営委員からそういった声があがって来ても「そういっている学童もある」ということだけで済ませてしまうことも簡単。
つまりはこども課や保健福祉部や市長がその気にならなければ何にもならないってことだ。
なんだか釈然としない。

この強固なシステムの内部から自分と反対の考え方の人をひとりひとり説得していくよりも、
自分と近い考え方の保護者さんたちと手を組んで、民意として市の考え方を変えてもらうことの方が簡単なのじゃないかと思ってしまう。
あとは、足しげくこども課に通ってこども課の方の認識を変えてもらうことだろうか。
(多分実際は両側からのアプローチが必要なんだろう)

大田原市では教育に力を入れている。
学校の中には、他の市よりかなり多い数の加配教員・指導員がいる。
こどもの学習や学校内の生活を支えることは、素晴らしいと思います。
ただ、放課後に対するまなざしが足りない。
学校の外の子どもたちの生活を支えることが、どれだけ学校の中の子どもたちを支えることにつながっているか、という視点が抜け落ちている様に僕には感じられる。

この現状は本当に悲しく、これを変えていく道のりは本当に苦しいけれども、本当に何とかしていきたいことなのです。
折れそうになりながらも、保護者さんや意識の高い指導員さん、他地域の指導員さん達とのつながりを心の支えにし、何とかやっています。

粘り強く、しつこくいきたいと思います。
今学童にいる子どもたちのため、
自分の生活のため、
これから学童に入ってくる子どもたちのため、
これから学童に入ってくる指導員さんの生活のために。
[PR]
by hoshimasato | 2011-06-29 03:08 | 学童

大田原市議会議員、ほしまさと(星雅人)のブログ。子どもの味方、学童保育指導員。「多様性」と「対話」を大切にし、ともに社会課題を解決する市政を目指し奮闘中。


by hoshimasato
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31