イベント

憲法フォークジャンボリー@佐野市文化会館

12月26日、佐野市文化会館で行われた憲法フォークジャンボリーに参加してきた。
ウッドランドリンギングさん、はらっぱエイサー隊、坂入健太くんら、ピースライブで一緒だった方々も多く参加。

実行委員会にも呼ばれていたのだけれど、全然参加できず、流れをほとんど知らないまま当日司会を務めることに。
会場の準備をし、司会のための出演者インタビューをし、自分の出番もあり、何かと忙しい1日だった。

下は赤ちゃんや幼児から、上は三途の川を一旦越えて戻ってきたの方まで(笑)、幅広い出演者!長ーく活動している歌い手さんも多い。
また、ステージの後ろには「戦争の放棄」の幕、横には大きな「はだしのゲン」の幕と、ある意味政治的な主張に直結するようなイベント。
お客さんの層は、比較的高い。
こういった面から、今までに出たことのない雰囲気のイベントだったので、いろいろ感じるものがあった(佐野のピースライブは似ているところあるけれどね)。

僕は、9条は何としても護るべきだと思っているし、「戦争の放棄」もすべきだと思っている。
でも、なんだろう、それを大声で叫ぶことには、歌うことには、何かわだかまりがある。
わだかまりまで行かなくても、違和感というか、むずがゆさというか。

僕がステージでうたう歌の歌詞や、普段の生活の中で話す言葉は、
常に自分の意図どおりに解釈されるわけではないし、
それでいいと思っているのだけれど、
それがあるコードの上で一色に染まってしまうような感じというか。
(考えすぎ?気にしすぎ?)

こういったものに限らず、集団で何かをやる時に、どこか居心地の悪さを覚えてしまうことが多いのはなんでなんだろう。
結構多くの場所でこのような気持ちを感じてきたんです。
あっちでやっていることが楽しそうで、その輪の中に入りたいんだけれども、どこか線を引いてしまう部分があるというか。
司会やって、中心で楽しんどいてなんですけど。

これは、僕の問題なのか。
僕1人の問題じゃなく、世代の問題の様にも思うことがあるんだけれどなぁ。
なーんてことを考えたりしました。
いつもはあまりこういう戸惑いを口にはしないんだけれども今回はあえて書いてみた。
(フォークジャンボリーを通してそういった戸惑いすらも受け止めてくれそうな度量の大きい人たちが世の中にはたくさんいるという実感が持てたから書いてみたくなったのかも)


トリは笠木透さんと雑花塾さん。
僕は笠木さんのことは伝説のフォークシンガー、と名前は知っていながら不勉強で曲は全然知らないまま当日を迎えたのだけれど、
面白くてパワーのある、すごいおっちゃんだった。
飲み会で絡んで、歴史認識についての質問をしてみたり、子どもの遊びや文化のことなどを話したりしたのだけれど、そのあとに、子どもにはこういう歌を歌うんだよ、といって替え歌を使った下ネタを披露してくださった。子どもにはまだ早いだろうエロネタも・・・w
とにかく笑った。フォークの真髄を見せてもらった気がした。
雑花塾の増田さん、佐藤さん(ヒューマンファーマーズ)らもとてもオーラのある方。
生活や遊びの中から曲を紡いで生きてきた人たち。
見せてもらったのは片鱗でしかないのだろうが、発する空気に当てられた。
感化されて帰ってきた。

とてもいい1日だった。
見に来てくださった皆さん、参加者のみなさん、実行委員会のみなさん、お疲れ様でした!!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by hoshimasato | 2010-12-26 23:59 | イベント | Comments(0)

大田原市議会議員、ほしまさと(星雅人)のブログ。子どもの味方、学童保育支援員、パソコン要約筆記者。大田原をより住みよいまちにするためのご意見募集中。→https://forms.gle/YNT9krbHtd1814LWA 公式LINE→https://lin.ee/lJee1XA


by hoshimasato
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31