学童

なんで学童保育の指導員をしているのか?その31―どんな人が募金活動に参加?

そんな風にサンデル先生みたいに考えて、次には、僕にビラを渡した人や駅に立っている人たちに想像が及ぶ。
蛍光グリーンの帽子と上着で、それぞれビラやのぼりや募金箱を持っている人(正直、僕がビラをもらったときに本当にこの格好をしていたかと言われたら揺らぐけれど。ところでなぜ募金活動する人は蛍光グリーンの人が多いのか)。
大半がおじさん、おばさん。
あの人たちはどういった経緯で、どういった気持ちでそこに立っているのか?

どういった人が立っていたら僕は納得できるだろう(別に彼らは僕を納得させるためにそこに立っているわけではないが)。
逆にいえば、よしきくんとどういった関係だったら僕は募金に立つだろう。

両親だったら。自分の子を死なせたくはない。だけどとても自分たちだけでどうにかできるような額ではない。そこで募金活動をはじめる。あり得るかも。
祖父母や親戚だったら、近所の人などの小さいころからのよしき君を知っている人だったら。よしきくんの現状を聞いて、活動に参加。うん、あり得る。
(ここら辺まで考えた時に、ここまでに出た人たちでも本気を出せばこの子を救うお金は集められるような気もしてくる)
そして、同じような子、孫を持っていたら。
上記のような人に「一緒に活動して」と誘われたら。

結構、立ってしまうのかもしれない。

続く
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by hoshimasato | 2010-12-18 23:59 | 学童 | Comments(0)

元大田原市議会議員、ほしまさと(星雅人)のブログ。2023年春の栃木県議会議員選挙に出馬表明中。こどもの味方、学童保育支援員、パソコン要約筆記者。大田原を、那須野ヶ原を「誰一人取り残さない持続可能なまち」にするためのご意見募集中。→https://forms.gle/YNT9krbHtd1814LWA


by hoshimasato
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28