思考・態度

「なんで学童保育の指導員をしているのか?その27」

わかりやすい変化としては、就労状況や、世帯の人数。
専業主婦の割合がどんどん減って、若い人の非正規雇用や共働きの世帯も増加している。
そして、3世代同居の家庭もどんどん減少している。
これらの変化がいいことだ、悪いことだ、というのではなく、家庭の有り様は常に変化している、ということを受け止めないといけない。
自分たちの時代の常識を軸にして学童を見てしまうと、ミスマッチが起きる。

学童で働いている若い人は、今後自分が利用者になるかもしれない、と考える。
今の雇用の状況や、自分が置かれている待遇を見たら当然だ。
なので、自分のこととして今学童の保護者が抱えている問題と向き合える。
とくに、非正規雇用で働いている親に共感できるのは、同じような雇用情勢におかれている若い指導員だろう。
自分が子育てをするときに、学童がこれからの親を支えられる体制になっているか、そういった目を指導員が持っていることは、とても重要だと思う。
「喉もと過ぎれば」というが、「わたしたちの頃は・・・」という発言ばかりでは、何処へも進めない。

社会・地域の状況ももちろん変化してきている。
ここが実は子どもにとっては一番大きいのかも知れないが、これも遊びとの関連で述べたいので後に回す。

次は若い人も学童にいたほうがいい理由、3つ目。
『③高齢になっても学童保育で働ける人を増やすため。』です。

続く
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by hoshimasato | 2010-12-13 23:59 | 思考・態度 | Comments(0)

大田原市議会議員、ほしまさと(星雅人)のブログ。子どもの味方、学童保育指導員。「多様性」と「対話」を大切にし、ともに社会課題を解決する市政を目指し奮闘中。


by hoshimasato
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31