本の感想

2009年6月に読んだ本(1)

6月の読書メーター
読んだ本の数:67冊
読んだページ数:7011ページ

イーダちゃんのはな―アンデルセン童話 (チャイルド絵本館―アンデルセン&グリム)イーダちゃんのはな―アンデルセン童話 (チャイルド絵本館―アンデルセン&グリム)
読了日:06月01日 著者:西本 鶏介,アンデルセン
ぶたくんのたんじょうび (えへんごほんえほん)ぶたくんのたんじょうび (えへんごほんえほん)
★★★★★
読了日:06月01日 著者:あきやま ただし
ぴょんぴょんぱんのかばんです (新日本出版社の絵本 ふれあいシリーズ 2)ぴょんぴょんぱんのかばんです (新日本出版社の絵本 ふれあいシリーズ 2)
読了日:06月01日 著者:香山 美子
ねえ おはなししてよ (えほん・おもしろランド)ねえ おはなししてよ (えほん・おもしろランド)
読了日:06月01日 著者:五味 太郎
そうだったのか現代思想―ニーチェからフーコーまで (講談社プラスアルファ文庫)そうだったのか現代思想―ニーチェからフーコーまで (講談社プラスアルファ文庫)
★★★★☆
読了日:06月01日 著者:小阪 修平
書きあぐねている人のための小説入門書きあぐねている人のための小説入門
★★★★☆ この人の小説観かっけぇ!
読了日:06月01日 著者:保坂 和志
いちごばたけのちいさなおばあさん (こどものとも傑作集 (67)) (こどものとも傑作集 (67))いちごばたけのちいさなおばあさん (こどものとも傑作集 (67)) (こどものとも傑作集 (67))
読了日:06月02日 著者:わたり むつこ
ロックンロール七部作ロックンロール七部作
★★★★★ ごりごりしているイメージで、ついていくのに大変だったのだけれど、「もっていかれる」瞬間があった。これは、ロックを聴いているときに感じるものと似ていた。それだけでも評価せざるを得ない。
読了日:06月02日 著者:古川 日出男
はだかのおうさま (アンデルセンおはなし館)はだかのおうさま (アンデルセンおはなし館)
読了日:06月02日 著者:岩川 進
ぐりとぐらのおきゃくさま [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集 (1))ぐりとぐらのおきゃくさま [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集 (1))
読了日:06月02日 著者:なかがわ りえこ
おかではたらくロバのポチョおかではたらくロバのポチョ
読了日:06月02日 著者:浅野 庸子
おんぶ (ファミリーえほん 19)おんぶ (ファミリーえほん 19)
読了日:06月02日 著者:はら みちを
おじいちゃんのめだまやき (文研の創作えどうわ)おじいちゃんのめだまやき (文研の創作えどうわ)
読了日:06月02日 著者:山花 郁子
MAZE (双葉文庫)MAZE (双葉文庫)
★★★★☆ 「球形の季節」「六番目の小夜子」「月の裏側」「Q&A」もそうだったけど、恩田陸はよくわからない大きな力のようなものを書くのがやはりうまいと思う。映画で言うと、M・ナイト・シャマランのイメージ。恩田陸も、シャマランも好きです。この作品では、限定された情報から、空想を入れて論理を展開していく流れが素敵。あと読んでいてとても怖かった。
読了日:06月02日 著者:恩田 陸
おばけのはなし 2 (寺村輝夫のむかし話)おばけのはなし 2 (寺村輝夫のむかし話)
読了日:06月03日 著者:寺村 輝夫
あらしのよるに (大型版あらしのよるにシリーズ (1))あらしのよるに (大型版あらしのよるにシリーズ (1))
★★★★☆ アンジャッシュのコントを思い出した。
読了日:06月03日 著者:きむら ゆういち
あるはれたひに 大型版あらしのよるにシリーズあるはれたひに 大型版あらしのよるにシリーズ
★★★★☆ つっこんでくれと言わんばかりのキャッチコピー、「友情は食欲に勝てるか!?」
読了日:06月03日 著者:きむら ゆういち,あべ 弘士
くものきれまに (大型版あらしのよるにシリーズ)くものきれまに (大型版あらしのよるにシリーズ)
★★★☆☆ ガブは、食べ物と友達、っていうだけではなく、その食べ物に「かおがきらい」などと言われ傷つきひねくれる姿を見せる。不思議だなぁ。メイはそれに対して、「ひみつのともだち」って言葉でフォローするんだけど、こういう展開で言われると甘い関係な感じがしない。
読了日:06月03日 著者:きむら ゆういち,あべ 弘士
きりのなかで (大型版あらしのよるにシリーズ)きりのなかで (大型版あらしのよるにシリーズ)
★★☆☆☆ この巻はあまりしびれないなぁ。
読了日:06月03日 著者:きむら ゆういち,あべ 弘士
どしゃぶりのひにどしゃぶりのひに
★★★★☆ 名言登場。「おまえ、このおいしいくさと、おともだちになれるか。ほら、えさはどこからみてもやっぱりえさだろうが。」しびれる。
読了日:06月03日 著者:きむら ゆういち,あべ 弘士
ふぶきのあした (大型版あらしのよるにシリーズ)ふぶきのあした (大型版あらしのよるにシリーズ)
読了日:06月03日 著者:きむら ゆういち,あべ 弘士
まんげつのよるに (大型版 あらしのよるにシリーズ)まんげつのよるに (大型版 あらしのよるにシリーズ)
読了日:06月03日 著者:きむら ゆういち,あべ 弘士
もりにてがみをかいたらね (ぼくのポチブルてき生活 2)もりにてがみをかいたらね (ぼくのポチブルてき生活 2)
★★★☆☆ ポチブルって、プチブルのもじりだよね?わらける。
読了日:06月03日 著者:きたやま ようこ
とおいほしから (大日本ようねん文庫)とおいほしから (大日本ようねん文庫)
★★☆☆☆ うーん、思うところが少なすぎる。
読了日:06月03日 著者:佐藤 さとる
プロの保育者してますか?―保育者の悩み・専門性・労働 (かもがわブックレット)プロの保育者してますか?―保育者の悩み・専門性・労働 (かもがわブックレット)
★★★☆☆ 垣内氏の講演も聞いたのだが、内容がほぼ全く同じだったので、その確認にはいいかもしれません。言ってる事には納得です。そして医療の仕組みをもとに福祉や教育のシステムを作るのは怖いと思う。
読了日:06月03日 著者:垣内 国光
読書力 (岩波新書)読書力 (岩波新書)
★★★☆☆ あるていど本を読んでいる僕としては大筋として賛同できるんだけども、論理の組み立て方が好きじゃないんですよね・・・。荒いというか、いろんな部分で反論が可。
読了日:06月04日 著者:斎藤 孝
絵本 千の風になって絵本 千の風になって
★★☆☆☆ こういうのって、ある程度の年になったら、感じ方変わるんでしょうかね。新井満は好きなんだけどなぁ。
読了日:06月04日 著者:新井 満
モチモチの木 (創作絵本 6)モチモチの木 (創作絵本 6)
★★★★★ これは時代を超えていくだろうなぁ・・・と思う。
読了日:06月05日 著者:斎藤 隆介
ごんぎつね (日本の童話名作選)ごんぎつね (日本の童話名作選)
★★★☆☆ いい話だとは思うんですが、擬人化された動物と人間の話って、どうして動物がこんなに美しく描かれるんだろうか。理想を動物に押しつけてるのかね。
読了日:06月05日 著者:新美 南吉,黒井 健
どんぐりと山猫 (日本の童話名作選)どんぐりと山猫 (日本の童話名作選)
★★★★☆ しゃべるどんぐりを1升ももらって、どうするんだろうかw
読了日:06月05日 著者:宮沢 賢治,高野 玲子

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by hoshimasato | 2009-07-07 01:01 | 本の感想 | Comments(0)

大田原市議会議員、ほしまさと(星雅人)のブログ。子どもの味方、学童保育支援員、パソコン要約筆記者。「多様性」と「対話」を大切にし、ともに社会課題を解決する市政を目指し奮闘中。


by hoshimasato
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30