大田原市議会議員、ほしまさと(星雅人)のブログ。子どもの味方、学童保育指導員。「多様性」と「対話」を大切にし、ともに社会課題を解決する市政を目指し奮闘中。


by hoshimasato
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2016年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

(ほしまさとメールマガジン「星の便り」 Vol.66 平成28年3月21日発行より)

【66号のまとめ!】~~~~~~~~~~~~
・明日で3月議会が終わります
・よいちメールのご案内
・広報の無償郵送が終了になります
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●明日3月議会最終日です
明日22日、3月議会が閉会となります。
各委員会に付託した議案の審査の報告があり、採決が行われます。
採決の前には委員長報告に対する「質疑」と、議案への賛成・反対を表明する「討論」という時間があります。数名から討論の通告が出ているようです。
10時から始まります。大田原市役所議会棟で傍聴いただけます。詳細は下記リンク先をご参照ください。
インターネット中継は下記URLからご覧ください。
3月の議会の内容は、追って報告していきます。

●知らないものは、ないものと同じ…よいちメールのご案内
今議会で提出されている平成28年度の予算議案によると、一般会計の歳入歳出は346億円、特別会計を合わせるとおよそ550億円という額になっています。
それだけのお金を皆さんから集め、皆さんへのサービスに使っているのです。
やっている事業も膨大で、新しい制度もどんどん生まれ、変わっていきます。ですが、どんないい制度を作り上げたとしても、それを市民の皆さんが知らなければ、ないことと同じ。市民のみなさんに知ってほしいサービスを伝える手段は、常に努力しより良い方法を模索していかなくてはいけないと思っています(情報政策課さんも頑張っていらっしゃいますし私も提言していきます)。
市民の皆さんには、月に一度発行される広報には必ず目を通してもらいたいと思っています。広報を読んでいるかどうかで、必要とするサービスに繋がれるかどうかが大きく変わるはずです。
また、情報を届ける手段としては、広報をコンビニに置くことや広報の電子書籍化、SNS(ツイッターやFacebook等)の利用やYoutubeの利用など、様々な取り組みがここ数年でもなされています。
そして、2月からついに念願のメール配信サービスが開始されました。その名も、「よいちメール」。
市から皆さんにお知らせしたいことをより早く、タイムリーに伝えられるようになります。
注意報・警報などの気象情報も入りますし、災害時などにも活用が期待できます。
興味ある分野を選んで必要な情報だけを送ってもらえますので、市民の皆さんは是非ご登録いただきますようお願いいたします。
私も、メールマガジン・ブログ・Facebookを通じて皆さんに知ってもらいたいことを届けていきたいと思います。今後も引き続きお読みください。

●広報の無償郵送が終了になります
平成28年3月31日をもって、広報紙の無償郵送が終了となります。
希望する人に無償で広報を郵送するというサービスですが、4月からは、原則自治会を経由して配布されます。私もアパートで1人暮らしだったときに自治会に入れずお世話になっていたのですが、現在は市内多くのコンビニエンスストアにもおいていただけるようになり、電子書籍化も行われ、Facebookやよいちメールにて広報発行の案内が出されるようになっております。
多少不便をおかけする方もいるとは思いますが、ご理解をいただきたく思います。
希望があれば有償郵送もするとのことです。
詳しくは下記をご覧ください。

●ウィークリーレポート(3月13日~19日)
上記の期間の活動と、参加・主催したイベント・研修会などです。
14日(月)
・しほんの会 読み聞かせ、学校図書館委員会
・民生常任委員会(傍聴)
・那須野ヶ原青年会議所 研修委員会
15日(火)
・予算審査特別委員会分科会(文教)
16日(水)
・予算審査特別委員会全体会
・那須野ヶ原青年会議所 3月例会
18日(金)
・大田原小学校卒業式
・矢板市長選挙公開討論会@矢板市文化会館
19日(土)
・ボランティア協議会黒羽支部 30周年記念事業@黒羽庁舎
・NSJ-T(教員有志の勉強会)@健康長寿センター

[PR]
by hoshimasato | 2016-03-21 08:00 | 星の便り
(ほしまさとメールマガジン「星の便り」 Vol.65 平成28年3月14日発行より)

【65号のまとめ!】~~~~~~~~~~~~
・今週16日or17日、予算審査の山場を迎えます
・星が気になっている平成28年度新規事務事業ベスト10、一位は「畜産競争力強化対策整備事業費補助金」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●今週は常任委員会、予算審査特別委員会が開催されます
先週スタートした3月議会、今週は第2週目。
14日、15日は常任委員会が開催され、常任委員会に付託された議案の審査と予算委員会の分科会として各常任委員会が所管する部分の予算の審査が行われます。

14日(月)10:00~
常任委員会付託事件審査(総務、民生)
予算審査特別委員会分科会(第1・2分科会)
15日(火)10:00~
常任委員会付託事件審査(建設産業)
予算審査特別委員会分科会(第3・4分科会)
16日(水)10:00~
予算審査特別委員会(全体会)
17日(木)10:00~
予算審査特別委員会(全体会)

星は12月の文教常任委員会に所属しており、委員会に付託されている議案はありませんので、予算の審査のみになります。教育関係の予算を15日の予算審査委員会分科会で教育委員会の教育総務課、学校教育課、小中学校、生涯学習課、中央公民館、文化振興課、スポーツ振興課の予算について審査いたします。
16日には予算審査特別委員会の全体会での審査があります(長引いた場合、17日まで開催になります)。
予算審査特別委員会は議員全員で構成されるため、16日の委員会での採決が最終日22日の採決と同じ内容になると想定されますので、ここで予算審査の山場を迎えることになります。


●星が気になっている新規事業
上でお知らせした予算審査特別委員会において平成28年度の予算を審議します。
資料「平成28年度予算の概要」から星が気になっている平成28年度新規事務事業を一部(10点)紹介いたします。

1、畜産競争力強化対策整備事業費補助金 3億5496万6千円
関係事業者の連携・結集により地域ぐるみで収益性を向上させる新たな取組(畜産クラスター)により、競争力、生産基盤の強化を図る。

2、庁舎復興再整備事業(継続費設定) 1億5389万8千円
アドバイザリー業務、CM業務の支援を受け、実施設計書、什器配置設計書等を作成するとともに、外構・造成工事、解体工事に着手する。(H28~H31 継続費総額55億7500万円)

3、結婚祝金 400万円
婚礼の症例、定住促進及び子育て支援券の利用促進を図るため、本旨に2年以上居住することを確約した成婚者に、結婚祝い金として子育て支援券1万円分を贈呈する。

4、バイオマス産業都市構想策定事業 450万円
地域の特性を踏まえた新エネルギーの計画的な導入促進を図るため、バイオマス産業都市構想を策定し、環境に優しい循環型社会の構築を目指す。

5、子育て世代包括支援センター運営 155万5千円
妊娠期から子育て期にわたる様々なニーズに対して、総合的相談支援を行うワンストップ拠点である子育て世代包括視線センターを課内に設置する。

6、学校図書館管理システム運営 613万2千円
市内全学校の図書資料にバーコードを貼付し、学校図書館のデータベース化を進め、貸借、検索を行えるようにする。

7、中心市街地にぎわい創出事業補助金 500万円
中心市街地総合再生基本計画の趣旨に基づき、中心市街地の活性化及びにぎわいの創出に寄与するイベント・事業に対し、補助金を交付する。

8、異業種交流グループ大田原研進クラブ補助金 260万円
産学官連携によるロボットや3Dプリンタ等の先進技術、地域特産物等の地域資源を活用したものづくり事業に対し、補助金を交付する。

9、ものづくり教育研究室開設 594万9千円
小中学生がロボットやエネルギー問題への理解を深めるため、ふれあいの丘大工房にものづくり教育研究室を開設する。

10、伝統芸能等映像記録保存事業 361万1千円
無形民俗文化財である城鍬舞、那須神社獅子舞・永代々神楽を映像に残し、後世に引き継いでいく。 

一部は代表質問・一般質問の中で内容が見えている部分もありますが、調査と委員会審査を行い、予算が可決(あるいは否決)された後に、皆さんに詳しい内容をお届けできればと思っています。


●ウィークリーレポート(3月6日~12日)
上記の期間の活動と、参加・主催したイベント・研修会などです。
7日(月)
議会定例会(本会議)
9日(水)
第135回朝カフェ@デニーズ大田原店
議会定例会(本会議)
10日(木)
若草中学校卒業式
議会定例会(本会議)
11日(金)
議会定例会(本会議)


[PR]
by hoshimasato | 2016-03-14 08:00
(ほしまさとメールマガジン「星の便り」 Vol.64 平成28年3月7日発行より)

【64号のまとめ!】~~~~~~~~~~~~
・本日より3月議会スタートです
・星の一般質問は3月10日(木)の午後1時からです
・傍聴もできます。市民のあなたも委員会で意見が言えます
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●本日より3月議会スタートです
3月7日~22日、大田原市議会の平成28年第1回定例会が開催されます。
3月は予算の審査も含む38の案件を審査します。
市長から提出されている議案はこちらから見られます。
直接議案を読んでもわかりにくいとは思いますが、タイトルだけでもいていただき自分の生活に関係がありそうな部分がありましたら、ぜひ一度議案を直接ご覧いただきたいと思います。
議会がどのようなことについて審議しているのかのイメージだけもつかんでもらえたら嬉しいです。

●星の一般質問は3月10日(木)の午後1時から
3月は4会派の代表が代表質問に立ち、12人の議員が一般質問をします。
通告書はこちらからどうぞ。
星の一般質問は3月10日(木)の午後1時からとなりました。
内容は前回も書きましたが以下の通りです。お考えやアイデアをお持ちの方、ぜひお聞かせください。

1、障害者差別解消法施行後の対応について
(1)平成28年4月1日施行以降に市が行う合理的な配慮について伺いたい
(2)学校における合理的配慮について伺いたい
(3)事業者への周知の方法について伺いたい
(4)市民への周知の方法について伺いたい

主旨:2014年、日本は障害者権利条約を批准しました。今後様々な法整備がなされていくことになりますが、今度の4月1日からは障害者差別解消法が施行され、障害者から何らかの助けを求める意思の表明があった場合に、負担になり過ぎない範囲で社会的障壁を取り除くための必要な便宜を図る「合理的配慮」を行うことが求められます(国や地方自治体は法的義務が課され、民間事業者には努力義務が課されます)。この「負担になりすぎない範囲」の線引きをどのように考えていくのかを中心に問います。

2、地方創生時代の会議室と市民活動のあり方について
(1)市が持つ会議室の内容や備品、利用のルールに変化を与え、バリエーションに富んだ会議室を設置してはどうかと考えるが、市の考えを伺いたい
(2)生涯学習センター及び市民交流センターへボランティアコーディネーター、市民活動コーディネーターを配置すべきと考えるが市の考えを伺いたい

主旨:国が地方創生をうたい様々な施策を行っていますが、身も蓋もない言い方をしてしまえば「それぞれの地域で競争しあって頑張ってやってくれ」というような流れだと感じています。市民がアイデアを出し合って、津久井市長の言う「知恵と愛のある協働互敬のまちづくり」を進めていかなくてはいけないと思っています。知恵を生みだす会合・会議の場づくり、環境づくりという視点で、画一的な会議室ではなく、多様な会議室を作ることを提案します。また、ボランティア・市民活動を活性化させていくためにその媒介となるコーディネーターの配置を提案します。

●傍聴と5分間演説のご案内
今議会の日程(案)を図にしてみました。
b0063162_04162600.jpg
どの日程も傍聴が可能です。直接会場にお越しください。
また、委員会では市民の方が自由に5分間意見を述べることもできます。
以前作った概要の動画です。

「委員会で意見をいいたい!」という方はこちらから詳細を見てみてください。
本会議はネット配信がされており、こちらからご覧いただけます。
日程の詳細はこちらです。

●ウィークリーレポート(2月28日~3月5日)
28日(日)
・まちづくりフェスタ情報発信分科会打ち合わせ
29日(月)
・全員協議会
・はっぱの会打ち合わせ
・ファシリテーション研究会@カフェFUTAMI
・那須野ヶ原青年会議所 研修委員会
1日(火)
・大田原高校卒業式
2日(水)
・第134回朝カフェ@デニーズ大田原店
・大田原市学童保育連絡協議会 会議
・那須野ヶ原青年会議所 理事会
4日(金)
・学童保育支援員学習会@いのくら児童クラブ
5日(土)
・めぐみの会(県北自閉症児者親の会)茶話会@大田原東地区公民館
・会派の打ち合わせ

では、3月議会、行ってきます!

[PR]
by hoshimasato | 2016-03-07 08:00 | 星の便り