大田原市議会議員、ほしまさと(星雅人)のブログ。子どもの味方、学童保育指導員。「多様性」と「対話」を大切にし、ともに社会課題を解決する市政を目指し奮闘中。


by hoshimasato
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2014年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

みなさまこんばんは、ほしまさとです。
あと数時間で今年もおしまいです。
今年一年はみなさまにとってどんな年になりましたか?

私は昨年12月から今年の11月まで会派一誠会の代表を勤めさせていただき、
一年生議員ではなかなか出られない議会運営委員会や
会派代表者会議などに出席させてもらい、
議会基本条例策定等検討委員会や議会定数等検討員会にも出席し、
議会のあるべき姿や役割をどの様に条例として形にするかを考え、
ルールの見直しなどを行ってきました。

議会の内部の動きをよりリアルに感じられる立場で自由に発言をさせていただき、
これからの議会の在り方をジワリと変えられたような気がした一年でした。

またプライベートでは7月に結婚をし、
新しい家(賃貸ですが)で生活がスタートするなど、
公私ともにめまぐるしい一年となりました。

また、市史編纂事業を始めるべきという一般質問の作成や、
ingressとの出会い、
夜ふかしノートで集団的自衛権の閣議決定について考え憲法について学びなおさなければならないと感じたことや、
新婚旅行でヨーロッパに行きドイツやフランスの歴史に触れたことから、
今まであまり捉えられていなかった「自分にまつわる歴史」について興味がわき、
自分の家系図を調べたり、大田原市史等の郷土資料を読んだり、
戦後の日本の在り方や憲法の歴史、日米関係に関わる本を読むなど、
今まであまり深めてこなかった部分の知識を学びました。
自分が、また自分達(大田原市民、日本国民)がどのような歴史の流れの中にいるのか、
しっかりと学びなおすはじめの年になったような気がしています。

来年は、様々な部分で否が応にも見たくない事実があらわになってくる予感がしています。
楽観的な未来だけではなく“失う準備と覚悟”をもとに自分たちの未来について想いを馳せ、
みなさんと一緒に社会の在り方を考えていかなくてはいけないと感じているところです。


●12月議会終了
報告が遅くなりましたが、12月議会は19日に市長提出の全ての議案を賛成多数で可決し、終了しました。

集団的自衛権行使容認に反対する国への意見書提出を求める陳情は、
総務常任委員会で不採択となり、議場では賛成多数で不採択が決まりました。
委員会で採択するべきとの意見をだしたのは私一人でしたが、賛成の議員さんからは
「集団的自衛権といっても、限りなく個別的自衛権に近いものであり、集団的自衛権の行使容認とは言えない」という意見、
「昨日の選挙の結果で(14日が衆議院議員選挙の開票で、委員会は翌日の15日でした)閣議決定も含めて支持されたと言えるのではないか」といった意見が出されました。
私と植竹福二議員は不採択に反対をしました。

また、最終日には、補正予算が提出され、
議員のタブレット端末の購入費用と議会内のネットワーク環境の構築費用として、
320万円の補正を行う議案を可決しました。
執行部も議員も、3月議会からネットに接続できる形でタブレットを使用することができるように設備が整えられていく予定です。
タブレットの導入により、資料検索等の効率化が図れ、ペーパーレス化も進むはずです。
より深い内容の議論や審査に繋げられるよう頑張っていきます。

今年一年星の便りにお付き合いいただきありがとうございました。
来年がみなさまにとって明るい一年となりますように。
よいお年をお過ごしください。
[PR]
by hoshimasato | 2014-12-31 17:00 | 星の便り
●12日の議会
昨日に引き続き、10時から議場にて一般質問が行われます。
今日は星も登壇いたします。出番が早ければ午前中11時頃~になるでしょうか。
一般質問は、それぞれの議員が市の現状や考えを質すもので、
議員の考えと市の考えがわかりやすく見えるので、
議会の中でも傍聴に向いている部分です。
お時間ありましたら、是非議場かネットでご覧いただきたく思います。

本日登壇するのは、
鈴木央 議員(一誠会)
小野寺尚武 議員(自民クラブ)
星雅人 議員(一誠会)
の3名です。

日程や質問の内容は下記の議会HPから見られます。
http://www.city.ohtawara.tochigi.jp/gikai/docs/2013112200044/
ネットでの中継もおこなわれております。
今議会からタブレット、スマートフォンでの閲覧も可能になっております。
http://www.otawara-city.stream.jfit.co.jp/


●陳情について…集団的自衛権行使容認に反対する国への意見書提出を求める陳情
9月にも集団的自衛権の閣議決定による行使容認について
反対する意見書を国へ出してほしいという陳情が2つ出されていましたが、
今回はまた別の団体から似た内容の陳情が提出されています。
私は集団的自衛権の行使容認を「閣議決定」で変える、ということは
憲法の解釈を国民不在のうちに変えるということで、
あってはならないことだと思っています。
ですが、9月議会の総務常任委員会では
「なぜこの陳情に反対するのか」をほとんどの委員が意見を述べないまま、
5分~10分程度で反対多数で否決されてしまいました。
議場では、この委員会の出した不採択という結論に対して植竹福二議員と私だけが反対をしました。

今回は委員会の改選を経ているので、また改めてしっかりと議論をしたいと思っています。
15日(月)10時から、私も入っている総務常任委員会にて審査されます。

それではまた。

ほしまさと
[PR]
by hoshimasato | 2014-12-12 08:00 | 星の便り
おはようございます。ほしまさとです。

●10日の議会
本日、10時から議会が開催され、各議案に対する質疑があり、
補正予算を含む一部の議案については討論と採決をします。
その後一般質問があります。
本日登壇するのは、
菊池久光 議員(政友会)
滝田一郎 議員(一誠会)
前野良三 議員(政友会)
大豆生田春美 議員(公明クラブ)
の4名です。
日程や質問の内容は下記の議会HPから見られます。
http://www.city.ohtawara.tochigi.jp/gikai/docs/2013112200044/
ネットでの中継もおこなわれております。
今議会からタブレット、スマートフォンでの閲覧も可能になりました。
http://www.otawara-city.stream.jfit.co.jp/

●議案について、その2・・・ふるさと納税寄付殺到!
補正予算にはふるさと納税寄付金の歳入を約4250万増額し、
謝礼品にあてる歳出を3000万円増額するという予算が出ています。

今年度に入ってからふるさと納税の手続きの簡素化、商品の拡充が行われ、
12月頭の時点で合計2300件以上、総額1億2千万をこえるふるさと納税寄付金が集まっています。
ちなみに、平成23年度は4件220万円、24年度は4件90万円、25年度は5件282万円です。
今年集まっている寄付がいかに莫大な件数・金額かがわかると思います。

財源が増えることはもちろん市としては嬉しいことではありますが、
本来の制度が想定している「ふるさとのために何かしたい」という思いから集まっているのではなく、
謝礼の品物が目的になっているのだろうと思います。
大田原では高級牛肉を中心に、ジェラートやお米、お酒などの商品から
謝礼品を選べるポイント制の導入が始まりました。
寄付額の30パーセント相当の謝礼品を選べます。

ふるさと納税寄付を使うと、一定以上の所得がある方にはなりますが、
寄付額から2000円を引いた額は所得税・住民税の控除がうけられます。
例えば3万円寄付すると2万8000円は所得税・住民税が控除されますから、
実質は2000円の負担で1万円程度のお返しが貰えることになるのです。
10万円寄付すれば、9万8000円が控除され、実質2000円で3万円程度のお返しとなります。

ふるさと納税で今大田原市に入ってくるお金は、
本来反対給付なしに寄付者の住んでいる自治体や国に納められているべき税金です。
補正予算にあるふるさと納税に対する現状と、今後の市長の見解を伺いたいと思っています。

●「選挙行く人。行かない人。」”夜ふかしノート”特別配信
本日10日夜10時よりタウンメディア大田原による夜ふかしノート特別配信します。
ムーブメンツのコーヒーおじさんこと大森君の持ち込み企画、
選挙いかない派の大森君といく派の星が対談(ディスカッション?)します。
若い世代から見る政治や選挙に感じていることを話せればと思います。
Ustreamというネット中継のサービスで生放送いたしますので、
夜10時から下記のURLをのぞいてみてください。
http://www.ustream.tv/channel/yofukashi-note

それでは、また。

ほしまさと
[PR]
by hoshimasato | 2014-12-10 08:00 | 星の便り
●8日、12月議会スタート
昨日、議会が12月議会がスタートいたしました。
市長から提出された議案25件及び報告1件、議会から提出された陳情1件が上程され、
人事案件の採決をいたしました。
また、委員会の改正、委員長の互選がありました。

●議案について・・・その1、補正予算について
市では、3月の議会で4月から翌年3月までの予算を議決します。
とはいえ、一年の間には急な出費や収入もありますから、
補正予算というものを組んで、歳出と歳入を少しずつ変えていきます。
12月議会では、補正予算の案件が5件、先決処分の補正が1件あります。
今日明日は、その一部をお知らせしたいと思います。

・衆議院議員総選挙費 3460万円
これは時間的な余裕がなく、議会を通さずに市長により決められ(専決処分といいます)、
今回の議会で議会が承認するかどうか、という議案です。
財源の内訳は、国県支出がおよそ8割、市の一般財源がおよそ2割です。
職員手当などでおよそ1620万、
投票管理者や投票立会人等の報酬でおよそ310万、
ポスターの掲示板の設置と撤去の費用におよそ670万円がかかっています。
選挙全体でかかるお金は600億~700億らしいですが、
大田原市だけでもこれだけのお金がかかっています。
無駄に感じる人もいるかもしれませんが、大切な民主主義のコストです。
選挙に至る経緯については私も納得してはいませんが、
選挙は自分の意思を国政に伝えるチャンスです。
是非、選挙へ行ってみなさんの意思を示してください。

なお、補正予算については、1日目(今議会では8日)に説明を受け、
3日目(今議会では10日)にはすぐ質疑をして委員会に付託せずに採決をします。
補正予算の上程から採決が短いのは大田原議会の特徴ですが、
もっと時間を取り、出来れば予算審査等の常任委員会を作って審議をするべきだと思っています。

●委員会の改正、委員長の互選
常任委員会及び議会運営委員会の改選があり、正副委員長の互選がありました。
(大田原市議会では1年ごとに委員会が変わることになっているのです)
委員会の構成は次のとおりです。(委員長は◎、副委員長は○、敬称略)

総務常任委員会(7名)
◎髙野礼子 ○小池利雄
星雅人 黒澤昭治 小野寺尚武
藤田紀夫 前田雄一郎

民生常任委員会(7名)
◎前野良三 ○菊池久光
鈴木央 大豆生田春美
井上泰弘 鈴木徳雄 中川雅之

建設産業常任委員会(6名)
◎君島孝明 ○植竹福二
印南久雄 髙﨑和夫
印南好男 小林正勝

文教常任委員会(6名)
◎髙瀨重嗣 ○髙木雄大
滝田一郎 小西久美子
篠﨑博 引地達雄

議会運営委員会(7名)
◎引地達雄 ○黒澤昭治
鈴木央 印南久雄 髙野礼子
髙﨑和夫 中川雅之

星は3年目に引き続き、4年目も総務常任委員会に入りました。
また、12月5日をもって、一年間務めた会派「一誠会」の代表を鈴木央議員に引き継ぎました。
(星は植竹福二議員、滝田一郎議員、鈴木央議員と4人で一誠会という会派を組んでいます)
今後一年間、会派代表者会議や議会運営委員会は、鈴木議員が出席することになります。
1期生で議運や会派代表者会議に参加したことで、
議会がどのようなダイナミズムで動いているのかを肌で感じることが出来ました。
これも1期生4人で会派を作ったから出来たことです。
12月議会も張り切っていきます!

●朝カフェのお知らせ
明日10日は毎週水曜日早朝恒例の朝カフェです。
朝6~8時に、デニーズ大田原店の、奥の方の席にて行っています。
テーマを特に決めずに、参加者が話したいことを話す、お茶会(朝食)です。
今年は10日、17日、24日、31日のあと4回でおしまいです。
誰でも参加できます。前もっての連絡はいりません。
ちょっと時間を作ってお立ち寄りください。

それでは、また。
[PR]
by hoshimasato | 2014-12-09 08:00 | 星の便り
●12月議会開会
本日、12月議会開会です。
星作成の日程表(まだ案の段階です)→http://urx2.nu/ePfl
議会初日8日は、この議会の中で話し合われる議案が上程され、
執行部が議案の中身を説明します。一部の議案はすぐ採決をします。

議会の進行は、慣れない人にはわかりにくいものです。
というもの、初日に議案の説明があり、
3日目に質疑が行われて、
その後委員会に分かれて話し合い結論を出した後、
最終日にまた採決をする、といったような、
普段の生活の中ではまず行わないような会議の方法だからです。

なので、いきなり3日目に傍聴にきたとすると、
初日に説明は終わってしまっているので、
議員が何について質疑しているか、よくわからないと思います。
傍聴に来ても面白くない理由の一つになってしまっているかもしれません。

みなさんの関心が高そうなテーマ、星が重要と感じるものについては
星の便りでピックアップして取り上げていくつもりです。

採決される日は、議案によって違いますが、人事案件は即日採決されます。
委員会へふらない先決処分や補正予算の議案は3日目の10日に、
委員会にふる条例議案等は委員会での審議を経て最終日の18日に採決になります。
陳情・請願についても採決は最終日の18日です。

前回のメールに「議会前にもっとわかりやすく議案の中身もお伝えしたい」と書きましたが、
今日の説明を受けてからまとめていきたいと思います。
それでは、また。
[PR]
by hoshimasato | 2014-12-08 08:00 | 星の便り
おはようございます、ほしまさとです。

●12月議会が始まります
来週月曜日12月8日から18日まで、大田原市議会12月議会が開催される予定です。
9月議会に続き、図にしてみましたので、ご覧下さい。
b0063162_1244885.jpg
(PDF) http://urx2.nu/ePfl

●オラに力を分けてくれ!~議会への市民参画への道のり~
議員になる前に、市議会の傍聴に行きました。
傍聴者は、議員が見ている議案書を見られないため、
議員と執行部が何について議論しているのかよくわかりませんでした。

そこで、平成25年3月の議会で、「予算書や議案書の市のホームページへのアップロード」を提案し、
市長提出議案が市議会のHPにあげてもらえることになりました。
これにより、前もって印刷をするなどしていけば、
議員と同じ議案書を見ながら議場の傍聴をすることが可能になりました。
(まだ傍聴席でのタブレットやパソコンの使用はできません。いずれは…)

そして、議会開催の前に議案書が見られるということは、
議員が賛否の意思決定を行う前に、議員・議会に対する働きかけることもできる、ということです。

議案を見て、気になった点、懸念事項や不明な点、反対の理由があれば、
私や、お知り合いの議員さんにお伝えください。
市議会のHPには議員さんの電話番号も書いてあります。
http://www.city.ohtawara.tochigi.jp/gikai/assemblyman/
私へコメントやメッセージ、メールや電話でご意見を頂ければ、
本会議や委員会の質疑や調査を通じてそれを明らかにしていきたいと思います。

もちろん、反対をすることが目的ではありません。
最終的に、よりよい市政運営につなげることが目的です。
懸念に対する措置がとられているのか質疑をして、
対応がしっかり考えられていれば、安心して施策を前に進めることができます。
説明を詳しく聞けば、懸念が消えることもあるでしょう。
もし誰も質問しなければ、「いい加減な内容のままでも通る」という甘えが生れ、
効果的でない施策、無駄な施策が出てくるかもしれません。
執行部により良い市政運営をしてもらうために、質問をするのです。

12月の議会の議案書はここにあがっています。
http://www.city.ohtawara.tochigi.jp/gikai/docs/2014120100043/
私のブログにもあげておきます。
http://utsusemifo.exblog.jp/23828798/

議員も一人の人ですから、市政全体の端から端までを細かく見られているわけではありません。
きっとこれを呼んで頂いているあなたも、
「議会にいる議員の誰よりも詳しい分野」を持っていると思うのです。
だから、あなたの視点から、市政を一緒にチェックしてもらえれば、
今、ない視点が一つ議会に加わります。
きっとそれが自分たちの住みよい市に繋がっていくはずです。

とはいえ、この議案書だけではわかりにくいので、
議会前にもっとわかりやすく議案の中身もお伝えしたいと考えています。
それでは、また。

ほしまさと
[PR]
by hoshimasato | 2014-12-04 08:00 | 星の便り
報告第18号 市長の専決処分事項の報告について(損害賠償の額の決定及び和解について)
http://urx2.nu/eOCI

議案第80号 市長の専決処分事項の承認を求めることについて(立木の処分について)
http://urx2.nu/eOFe

議案第81号 市長の専決処分事項の承認を求めることについて(平成26年度大田原市一般会計補正予算(第6号))
http://urx2.nu/eOMS

議案第82号 大田原市公平委員会委員の選任につき同意を求めることについて
http://urx2.nu/eOG4

議案第83号 大田原市指定介護予防支援等の事業の人員及び運営並びに指定介護予防支援等に係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準等を定める条例の制定について
http://urx2.nu/eON5

議案第84号 大田原市地域包括支援センターの包括的支援事業の実施に係る基準を定める条例の制定について
http://urx2.nu/eONf

議案第85号 大田原市みどりと景観保全基金条例の制定について
http://urx2.nu/eONs

議案第86号 大田原市一般職の職員の給与に関する条例及び大田原市一般職の任期付職員の採用及び給与の特例に関する条例の一部を改正する条例の制定について
http://urx2.nu/eONJ

議案第87号 市長等の給与に関する条例及び大田原市議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例の制定について
http://urx2.nu/eONT

議案第88号 大田原市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について
http://urx2.nu/eOO8

議案第89号 大田原市企業誘致条例の一部を改正する条例の制定について
http://urx2.nu/eOOx

議案第90号 大田原市営野崎駅西口自転車駐輪場条例の一部を改正する条例の制定について
http://urx2.nu/eOOB

議案第91号 大田原市下水道条例の一部を改正する条例の制定について
http://urx2.nu/eOOI

議案第92号 大田原市農業集落排水事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例の制定について
http://urx2.nu/eOOS

議案第93号 大田原市国民健康保険出産費資金貸付基金条例及び大田原市国民健康保険出産費資金貸付条例を廃止する条例の制定について
http://urx2.nu/eOP5

議案第94号 那須塩原市との間において那須地域定住自立圏形成協定を締結することについて
http://urx2.nu/eP16

議案第95号 土地の処分について
hhttp://urx2.nu/eP1c

議案第96号 市道路線の認定について
http://urx2.nu/eP1y

議案第97号 大田原市福祉センターの指定管理者の指定について
http://urx2.nu/eP23

議案第98号 大田原市屋内温水プール及び大田原市立黒羽中学校屋内温水プールの指定管理者の指定について
http://urx2.nu/eP2b

議案第99号 大田原市立図書館の指定管理者の指定について
http://urx2.nu/eP2p

議案第100号 平成26年度大田原市一般会計補正予算(第7号)
http://urx2.nu/eP2O

議案第101号 平成26年度大田原市国民健康保険事業費特別会計補正予算(第1号)
http://urx2.nu/eP31

議案第102号 平成26年度大田原市下水道事業特別会計補正予算(第2号)
http://urx2.nu/eP3b

議案第103号 平成26年度大田原市介護保険特別会計補正予算(第2号)
http://urx2.nu/eP3E

議案第104号 平成26年度大田原市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)
http://urx2.nu/eP3Y
[PR]
by hoshimasato | 2014-12-04 00:00 | 議会
おはようございます。ほしまさとです。
本日は衆議院議員選挙の公示日です。
12月の忙しい中、急にやってきた選挙ですが、
選挙は、自分たちの声を国政に反映させるチャンスです。
しっかり考え、だれに投票するか決めましょう。
また、選挙の時が、政治家と直接会って話をするチャンスでもあります。
普段から思っていることがあるかたは、
電話や手紙、メールなど、何らかの形で候補者に思いを伝えてみてはいかがでしょう。

国の動向や政策について私が考えていること、感じていることについては、
メルマガやFacebook、ブログなどでお届けしたいと思います。
よろしければ、皆様の考えもお聞かせください。

誰を選ぶか、もちろんそれは大切ですが、
誰が選ぶか、それはもっと大切だと思っています。

●朝カフェ
毎週水曜日、朝6~8時に、デニーズ大田原店にて朝カフェを行っています。
テーマを特に決めずに、参加者が話したいことを話す、お茶会(朝食)です。
今月は3日、10日、17日、24日、31日の5回開催予定です。
誰でも参加できます。前もっての連絡はいりません。
ちょっと時間を作ってお立ち寄りください。

それでは、また。
[PR]
by hoshimasato | 2014-12-02 08:00
ご無沙汰しております、ほしまさとです。
12月になりました。冷え込む日も増えてきましたが、風邪などひいていらっしゃらないでしょうか。
本日12月1日は大田原市の誕生日ということで、市制施行60周年・市町村合併10周年記念式典が開催されます。
60年前の1954年(昭和29年)の12月1日、大田原町と親園村、金田村が合併し市制が施行され、大田原市が誕生しました。つまり還暦の誕生日なんです。
60年、長い月日です。多くの先人・先輩方が市の発展のために尽くしてこられたからこそ、今のこの大田原市があるのでしょう。
私も、ますます住みよい街を目指して、大田原市と市民の皆さんと共に頑張っていきたいと思います。

●広報おおたわら 平成26年12月号
さて、毎月1日は「広報おおたわら」が発行がされる日です。
市内にお住いの皆様、お手元に届いていらっしゃるでしょうか。
広報には市から市民のみなさまにお知らせしたいことがたくさん載っています。
パラパラとめくって、興味ある部分や自分に関係のある部分だけでもお読みいただきたく思います。

届いていないよ!という方もいらっしゃるかもしれません。
原則として、広報紙や各課からのお知らせは自治会を通じてお届けすることになっています。
自治会に加入されていない方は、自治会への加入をご検討ください。
「自治会ってなに?」「どうやってはいるの?」「何しているの?」
というみなさまは、下記をご覧ください。

自治会加入のご案内(大田原市HPより)
http://www.city.ohtawara.tochigi.jp/docs/2013082768162/

また自治会に加入していない方でも、広報は希望すれば市から送付してもらえます。
詳しくは、情報政策課広報係(0287-23-8700)までご連絡ください。

また、各庁舎や市内のコンビニエンスストアにも置いてありますし
下のリンク先からPDFファイルや電子書籍の形で読むこともできます。
http://www.city.ohtawara.tochigi.jp/docs/2014112100013/
自分が手に入れやすい形で、読みやすい方法でご覧いただければと思います。

今日はこのへんで。
寒くなりましたので、風邪などに気を付けてお過ごしください。

ほしまさと
=========================
市政の情報やほしまさとが考えていることなどをメールマガジンでお送りいたします。
不定期の配信になってしまっていますが、これからは数を増やして発行していく予定でいます。
ご購読いただける方は、
http://www.oyasumisekai.com/mailmagazine
から「メールアドレス(必須)」と「お名前(任意)」をご入力いただき、
「参加」を押してください。
やり方がわからない方は、コメントなどで質問していただければと思います。
[PR]
by hoshimasato | 2014-12-01 08:00 | 星の便り