大田原市議会議員、ほしまさと(星雅人)のブログ。子どもの味方、学童保育指導員。「多様性」と「対話」を大切にし、ともに社会課題を解決する市政を目指し奮闘中。


by hoshimasato
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2011年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ただいま!

大田原市市議会議員選挙にトップで当選することができました。
1855人の方が僕を選んでくださいました。
予想以上の結果に驚きました。
きちんとした組織もなく、お金もない中で、
多くの方からのご支援やカンパをいただき、ここまでやってきました。
活動にかかったお金については、あらためて詳らかにしていきたいと思います。

僕は、選挙期間中に候補者の名前を連呼するだけの選挙カーが嫌いでした。
「うるさいだけで、考えが全然わからなくて、あれじゃ誰に入れるかなんて決められないよ」と思ってました。
今もその思いは変わっていません。
その後、選挙カーが公費、つまり税金から出ていることを知り、
「あんな意味のないものに税金を使っているのか!」と憤りを覚えました。
今回、その選挙カーを使わないでも当選できることが証明できました。
ただ名前を連呼していたのではなく、徒歩と自転車で地域をあるき演説を行い、
自分の考えをしっかり伝えようとしたからこそ、
多くの方に支持いただけたのだと思っています。

選挙のありかたも、変わっていかなくてはいけないのでしょう。
旧態依然としたやり方にしばられず、無駄なところは仕組みややり方をを変えたらいい。
そして、お金は今困っている人たちのところにまわしたらいい。

選挙活動の1週間を通じて、350回を越える街頭演説を行いました。
拡声器を肩から下げて、住宅地や店舗の近くで数多くの街頭演説をしたので、
大きい音でご迷惑をかけた方もいると思います。
でも、名前を連呼するだけでなく、短い時間ですが、自分の考えや、こうしていきたいという思いを語りました。
それが自分の中でのせめてもの礼儀です。

夜、住宅地の街灯の下、薄暗い中で街頭演説をしていたりすると、
「本当に誰かに届いているのか?」ととても不安になりました。
僕は、他の候補に比べて、知識がありません。経験もありません。
なので、自信もありません。
弱気になりそうなときには、増山均先生の講演で聞いた、ポーランドのヤヌシュ・コルチャックさんの言葉を思い出していました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
子どもも大人も3つのことを使って生きている。
感性と、知性と、経験。
経験というのは、長く生きてきた大人の方が上である。
だが、知性と感性でいうと、大人の方が上であるとは言えないのではないか。
知性と経験が結びつくと知識になる。だが、その根っこにある知性は、子どもも持っている。

あなたは子どもと関わると、「子どもには疲れる」という。
そのとおりだ。しかしその疲れを次のように説明するとき、あなたは間違っている。
「だって彼らの考えまで降りていかなければならないから。
 身をかがめて、腰をかがめて、体を縮めて彼らのところまで降りていかなければいけないから。
 発達途上で経験の少ない、知識の少ない子どものところに降りていかなければならないから」

いや、私たちが疲れるのは、そのためではない。
そうではなくて、彼らの感性の高みにまで高まらなくてはならないから疲れるのだ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

きっと、今の僕だから出来ることがある。
僕のような、知識や経験のない無鉄砲な若者を、議会や市政がどう受け入れていくのか。
社会が子どもたちや若者をどう尊重し、受け入れ、その力を使っていくのかを考える試金石にならないでしょうか。
もちろん、僕は僕なりに、全力で取り組みます。
間違ったり、失敗もすると思いますが、暖かく厳しい目で見ていてください。
そして、あなたの声を伝えてください。
メール、ブログ、ツイッター、フェイスブック、対話をするためのネット上のツールは沢山あります。
もちろん、町や道端で声をかけてくださっても構いません。

さっそく明日の午前中には全員協議会があります。
そして明日の午後と25日、28日には初当選議員研修会があります。
ドキドキです。

でも、僕の背中を1855人が押して、「いってこい!」と言ってくれた。
僕の意見を聴いてくれ、僕に賛同してくれ、僕に意見をくれる仲間がいる。
それは強い自信になりました。
それでは、いってきます!
[PR]
by hoshimasato | 2011-11-24 02:33 | 政治活動

行ってきます。

公職選挙法では、告示日以降の「法定外の文書や図画の頒布・掲示」を禁じています。
ウェブサイトの更新やメールマガジンの配信も、この禁止事項に該当するというのが、総務省の見解だそうです。

ということで、13日~20日はツイッター及びブログ、ホームページの更新を自粛します。
時代遅れのルールはさっさと変えたらいいのに。

今日は学童の子たちに会えました。
大切なことを再確認しました。
この子たちにとって、僕たちにとって、よりよい明日を作るために。

それでは、行ってきます。
[PR]
by hoshimasato | 2011-11-12 23:59 | 政治活動

選挙カーについて

b0063162_22534028.jpg
選挙カー。
選挙の期間になると、走り回るあれです。

看板を付けて、美しい女性の声で候補者の名前を連呼し、
みんな同じ蛍光色のジャンパーを着て、窓から白い手袋で手を振る。

あのうるさい選挙カーは、皆さんのお金で出されています。

「公費負担」といい、選挙の費用の中には公費、すなわち税金で賄われる部分があるのです。
税金を使って、名前を連呼するだけの選挙カーは、
僕は「ムダ」だと思います。
(ちゃんと政策を訴えている選挙カーもあるかも知れませんが。)

ある方から「栃木県北で選挙カーを出さないで勝ったやつはいない」という話を聞きました。
ならば、誰かがやらなくてはいけないと思います。
その前例が、明日の選挙を作り、政治のあり方を変えていくのです。

もっと考えよう。話し合おう。そして投票にいこう。
投票に行った後はしっかり監視しよう。
社会は僕たちが望んでいる方向に変えていくことができると僕は信じています。
[PR]
by hoshimasato | 2011-11-12 23:27 | 政治活動