大田原市議会議員、ほしまさと(星雅人)のブログ。子どもの味方、学童保育指導員。「多様性」と「対話」を大切にし、ともに社会課題を解決する市政を目指し奮闘中。


by hoshimasato
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2011年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

大田原の市議会議員さんは、28人います。定数は29で、1人が欠員しています。

大田原市のHP議会概要議員の紹介によると、
その年齢階層別内訳は

· 30代 0人
· 40代 1人
· 50代 9人
· 60代 15人
· 70代 3人

60代以上が約3分の2で、最年少の方が49歳。
平均年齢は63.1歳らしい。

その職業は

· 農業 17人
· 酪農業 2人
· 自営業 2人
· 政党役員 1人
· 酒販業 1人
· 事業所役員 1人
· 建物美装業 1人
· 旅館業 1人
· 会社員 1人
· 寝具商 1人

約3分の2の方の仕事が農業。(HPの議員さんの仕事は自己申告なのか…書き方に統一性がない気がする。)

なんだかバランスが悪い気がしませんか?
なんでお年寄りが多いんだろう。農業の人が多いんだろう。

和光市の市議井上わたる氏(現在は県議)が、『“20代、コネなし”が市議会議員になる方法』で待遇に関するインタビューに答えている。以下引用。

―議員の待遇はどのようなものですか。

和光市は埼玉県の中でも報酬が低い自治体で、支給面は月34万7000円です。そこから議員年金の掛け金と所得税が引かれて振込額は24万1000円。さらに国民年金(約1万4000円)と国民健康保険(約2万7000円)と地方税(約2万3000円)を月額換算で支払いますので、実際の手取りは17万7000円になります。私は実家住まいなので、大分助かっている面はあるのですが、当然ながら生活費は入れています。残ったお金から議会活動を報告するチラシを作るのですが、最近は紙代も値上がりしていますので1万枚もすると7万~10万円はかかってしまいます。
 議員としての経費は「政務調査費」として領収書を付ければ月2万円まで支給されますが、交通費や勉強会費や視察費など諸々あるので到底足りません。不足した分は自腹です。なんとかプラスで回せるように頑張っていますが、下手をしたらマイナスになります。賞与は夏冬合わせて133万2480円です。これに確定申告の還付金を加えて何とかプラスに挽回する感じです。次回選挙のために資金も貯めておかないといけません。ちなみにこれは当選回数の多い年配議員も同じ条件です。「それでは家庭のある議員はどうやって生活してるんだ」と思われるかもしれませんが、和光市の場合は会社役員や自営業の議員さんと、あとは女性議員が多いんです。完全に専業独立でやっているのは私だけなんです。将来は結婚もしたいので、正直「本当にこれでやっていけるのかな」と不安になります。


引用終わり。わが大田原市の市議会議員の報酬は355,000円なので、政務調査費がないなどの細かい違いはあるが、待遇は上の和光市と同じようなものと考えていいだろう。

仕事をしていて、結婚して子どもがいる人がいて、その人が市議会議員になって市をもっとよくしていきたいと考えたとして、
立候補できますか?
仕事をやめて、家族や周りの人々に負担をかけ、お金をかけて受かるかわからない選挙にでて、
落ちたとしたら家族を路頭に迷わせることになり、受かったとしても4年の期限付きで、また選挙。あるいは職探し。
普通の人なら、できません。

そして、議会は年に80日ほどの開催。
なので、仕事をある程度身内でやりくりできる農業・自営業の人の立候補が多くなる。60で定年を迎えたあとに出る人も多いのだろうか。
市民がどういった人を選ぶのか、ということ以前に、どういった人が出られるか、ということによって、議会に入る人がどういった人が多いのかが決まってしまう。

続く
[PR]
by hoshimasato | 2011-09-28 03:07 | 政治活動 | Comments(4)

政治活動を始めて。

政治活動を初めて、活動をしなければ話さなかったであろう多くの人と話すようになった。
とても興味深い話をたくさん聞かせてもらえる。
10年来の知り合いでも、今まで話してこなかった話が出てくることもある。

いろんな世代の人と話すことになるわけですが、
話すことをきっかけに、それぞれが重ねてきた歴史、それぞれの人生に思いを馳せる。
人と話した分だけ、その人の人生に対する責任が産まれてくる。
そういったものを抱えていかなくてはいけない、と思うと、自分が生きてきた27年間という時間の短さを痛感する。

雑感ですが、
世代が上になるほど、自分が政治に求めているものがはっきりしている方が多いように感じる。
「こんな施設があるといい」「こういうサービスがあるといい」
そういった意見と一緒に、現在の市政や国政に対する意見もしっかり持っている。

逆に、同世代や子育て世代、若い人の多くは、市に求めるものも少なければ、
市政、国政に対する意見もあまりもっていない。

数年前、政治に全く興味のなかった自分を考えてみればわかるのですが、
若い世代は政治の力で自分たちの生活がよくなるという実感に乏しい。

どんな問題も、1段階目に「個々の悩み」があって、それを話し合うことによって2段階目、「一般化され共通認識になる」。
そしてそれについての解決方法が模索され、3段階目「形になる」。

上の世代は、もう3段階目の形が見えている。
若い世代は、1段階目の個々の悩みを自分たちで抱えていっているようにみえる。

裏返すと若い世代は「自分たちが地域社会の担い手であるという実感にも乏しい」ということにもなるのではないか。自分の荷物を持ってもらえないから、それだけでいっぱいいっぱいで他人の荷物も持てない。

自分が住む地域を自分の住みよいものにしていくには、誰かに任せているだけじゃなく、
同じ問題、似た問題を抱えた「自分たち」で一緒になって考えなくてはいけない。
政治の枠組みの中で「こういったサービスが必要だ」「こういった施設が必要だ」ということが決まり、お金が落とされたとしても、
その中にかかわっていって、自分たちに必要なものを作り上げていく“担い手”“プレイヤー”がいないと、それが効率的に使われず、ムダになる。

ひとつだけわかっていることは、僕たちの世代に必要なことを別の世代の人たちが考えることには限界があるということです。
いかに上の世代が頑張って考えてくれたところで、抱えている問題が違う、生きてきた時代が違う、人生観が違う。違うから、上の世代の方たちとも対話し、伝えなければいけない。
誰かに任せているのではなく、自分たちで考え、動かなければ、自分たちは生きやすくならない。

多くの人が閉そく感を抱いているように感じる。
僕も息苦しさを感じてきた。
閉そく感とはつまり「変えられない」という感覚。
自分たちの手で自分たちの生活を変えていけるという実感さえあれば、
閉そく感なんて吹き飛ぶんじゃなかろうか。

若い人たちがこの地で何十年といきていくことを考えると、
結婚、出産、子育て、趣味、老後。
いろんなことが、未来でまっている。
それぞれの場で努力している担い手たちが、どうなったら自分たちが生きやすくなるかを一緒に考えて地域をよくしていく。
明日のことも見えないような時代だけれど、それを考えるととってもワクワクする!

僕が政治活動をしている、ということで、多くの同世代に政治に興味を持ってもらいたい。
あなたが抱えている問題について、一緒に話したい。
そして、それは自分だけでなんとかしようと思いこまなくても、大きな枠組みの中で支えてもらえることに気づいてほしい。
僕はあなたの言葉を政治の言葉に置き換えていく翻訳家になりたい。

そして、僕じゃだめだ、あんな奴にまかせておけない、と思ったら、
是非政治活動を始めてほしい。
そんな風に思います。
[PR]
by hoshimasato | 2011-09-15 10:53 | 政治活動 | Comments(6)
企画「大田原をもっと知ろう!」・・・その11、若松町①。の続き。

前回の最後の写真の川は、鹿島川という川。
ぽっぽ通りの脇から、
大田原警察署の脇、大田原市役所東別館の後ろを通り、
大田原市民体育館の横をすりぬけ、
浅香、末広、本町を通り愛宕神社の後ろへ。
大田原ケアセンターそよ風さんの後ろを通り、
しんとみ親水公園のよこを抜けて、ここへ出る。
b0063162_2356143.jpg
ここは保育園ベビーエンゼルさんの後ろです。川上を撮ったもの。
川下はこっち。
b0063162_23563571.jpg
魚影がチラチラ。

そして、その先ではカモに会いました。
b0063162_23544026.jpg
美原池から逃げてきたのか、違うのか。
写真に写ってないやつもいれて、15羽くらいいた。

そこから、
b0063162_095654.jpg
こうきて、
b0063162_0364344.jpg
こうきて、
b0063162_013912.jpg
こうきて、
b0063162_012338.jpg
こうきて、
ここへ出る。
b0063162_082474.jpg
輪之内橋というようです。
b0063162_084433.jpg


魚が結構います。魚群みたいにいるところもありました。
魚影見えるかな。
b0063162_0182456.jpg


若松町はほとんどが住宅地でした。
b0063162_2355597.jpg

水がたくさん。

若松町は今回で終わりですが、なんだか川しか撮っていない…(-_-;)

続きは企画「大田原をもっと知ろう!」・・・その12、元町①。
[PR]
by hoshimasato | 2011-09-07 01:11 | 大田原 | Comments(3)

2011年8月に見た映画

8月の鑑賞メーター
観たビデオの数:1本
観た鑑賞時間:103分

トイ・ストーリー3 [DVD]トイ・ストーリー3 [DVD]
★★★★☆ いやほんと良く出来てる。でも感動よりは感心に比重があるなぁ。資本主義と社会主義、宗教、消費社会、大人になること、さまざまなテーマが入っている気がしました。溶鉱炉での展開は全然読めなかった!あのシーンでは、すんごいテンション上がった。
鑑賞日:08月27日 監督:

鑑賞メーター

[PR]
by hoshimasato | 2011-09-02 01:01 | 映画の感想 | Comments(0)

2011年8月に読んだ漫画

8月の読書メーター
読んだ本の数:1冊
読んだページ数:208ページ
ナイス数:14ナイス

HUNTER×HUNTER 28 (ジャンプコミックス)HUNTER×HUNTER 28 (ジャンプコミックス)
善と悪ってなんだろう。わかりやすい二項対立では語りきれなくなった時代の風強く反映している漫画に感じる。とにかく面白い。さすがハンター。え?29巻出てるの?早く読みたい!!
読了日:08月29日 著者:冨樫 義博

読書メーター

[PR]
by hoshimasato | 2011-09-02 00:33 | マンガの感想 | Comments(0)

2011年8月に読んだ本

8月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:608ページ
ナイス数:37ナイス

挨拶絵本 (GOMI TARO WORK SHOP)挨拶絵本 (GOMI TARO WORK SHOP)
★★★★☆ 参加型絵本というか、「こういうときどうする?」と話しながら読める絵本ですね。相変わらず遊び心たっぷりで、楽しく読みました。けだらけのあいつは何者だよwラスト1ページの解説が笑えますw
読了日:08月10日 著者:五味 太郎
質問絵本 (GOMI TARO WORK SHOP)質問絵本 (GOMI TARO WORK SHOP)
★★★★☆ これまた参加系。「質問・その1 ここに女の子が14人おりますが、さて、いちばんはやく 結婚しそうなのは どの子だと思います?そのわけは?」というような質問と絵による絵本。まずは指し示すだけ、年齢が上がっていくにつれ、ちゃんと説明できるようになるといい。「質問・その7」の毒が入っているカップは、いちばん左だと思うw「質問・その10」の「●先生ははやいことやめて、他の仕事をしたいと思っているのはどの先生?」という質問、笑いました。ラスト「質問・その15」の「これから起きる事件」は想像するだに怖いw
読了日:08月10日 著者:五味 太郎
仔牛の春仔牛の春
★★★★☆ この絵本、昔からうちにあって、よく覚えている。図書館にあったので借りてきて読んだ。イメージ豊かな絵本。ふわーっとしていて、なんだかあったかい気持ちになる、優しい絵本。
読了日:08月10日 著者:五味 太郎
自民党で選挙と議員をやりました (角川SSC新書)自民党で選挙と議員をやりました (角川SSC新書)
★★★☆☆ 反面教師として頑張ろう。と思いながらも、活動の中で選挙のシステムに絡み取られそうな感覚もあり…志高く持って頑張ります。山内さんは、その後、あるべき政治の形を模索しつつ奮闘されているようです。僕も僕の道を進もう。
読了日:08月27日 著者:山内 和彦
働かざるもの、飢えるべからず。働かざるもの、飢えるべからず。
★★★★★ 労働観の転換はこれからの社会に必須。本当に小飼さんの言う通りの社会を描くかどうかは別にしても、社会認識として自説に組み込めるものが多いと感じた。
読了日:08月29日 著者:小飼 弾
鬼ごっこのリアル鬼ごっこのリアル
★★★★☆ 同意できない部分もあるが、とても興味深い遊び考でした。かくれんぼを「一旦社会から隔離された自己と他者を相互救済(社会復帰)そあうことをビルイトインさせた伝承遊び」と読むとは。参考文献をたどって他の論も読みたい。もっともっと遊びについてふかめていきたいな。
読了日:08月29日 著者:中井 孝章

読書メーター

[PR]
by hoshimasato | 2011-09-02 00:30 | 本の感想 | Comments(0)