大田原市議会議員、ほしまさと(星雅人)のブログ。子どもの味方、学童保育指導員。「多様性」と「対話」を大切にし、ともに社会課題を解決する市政を目指し奮闘中。


by hoshimasato
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2011年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

企画「大田原をもっと知ろう!」・・・その10、浅香⑩。の続き。

若松町は、都市公園がない。
しかし水場が多く、遊び方さえ間違えなければ楽しそうなスポットがちょこちょこ。

しんとみ保育園近くの墓地の間を通って田んぼの方へ。
b0063162_13564.jpg
b0063162_1352070.jpg

みずがとてもきれい。
b0063162_1364674.jpg

土管に水が流れ込むところとか、すこしワクワクする。
b0063162_1365293.jpg
せせらぎに笹舟とか流して遊びたいなぁ。用水路なのだろうけれど。

徐行しましょうね。
b0063162_1423518.jpg

その先、若松町の住宅地にある公園。市でくれた都市公園一覧表に入っていないから、普通公園。名称・面積不明。(平成23年4月1日現在)
b0063162_147732.jpg
あるのはベンチのみ。
b0063162_152483.jpg
ベンチもなんだか寂しそうに見えるのは僕だけだろうか。
b0063162_1521977.jpg

400号。
b0063162_1523547.jpg
うまくうつっていないけれども、ベイシヤ電気、オートバックス、眼鏡市場、道頓堀、エネオス、たいらや。
本当にこの道が大田原の経済の中心になっているよなぁ。改めて思う。
サンキとワンダーグーも400号沿い。
b0063162_1524398.jpg

保育園ベビーエンゼル。
b0063162_1541885.jpg
b0063162_1525794.jpg

ちなみに、大田原にある保育園の数は10、幼稚園は7です。
小泉公民館。
b0063162_1543550.jpg

ここじゃないけれどもこんな道を通って下校していた時期があった気がする。
b0063162_1545560.jpg

川。
b0063162_155569.jpg
水辺が近くにある生活っていいなぁ。

続きは企画「大田原をもっと知ろう!」・・・その11、若松町②。
[PR]
by hoshimasato | 2011-08-31 03:08 | 大田原
企画「大田原をもっと知ろう!」・・・その10、浅香⑨。の続き。

佐久山線沿いに、碑。罵倒観世音。
b0063162_21362175.jpg
佐久山線沿いはあじさいが綺麗なお宅が幾つかありますね。
b0063162_21363446.jpg
浅香3丁目交差点。
b0063162_21375915.jpg
空き地。なのかここは。住宅地の一角。
b0063162_2138720.jpg


浅香3丁目にある公園。市でくれた都市公園一覧表に入っていないから、普通公園。名称・面積不明。(平成23年4月1日現在)
b0063162_21551625.jpg
ベンチしかない。
b0063162_21553618.jpg


浅香3丁目にある公園。旧コジマの後ろあたりにある。市でくれた都市公園一覧表に入っていないから、普通公園。名称・面積不明。(平成23年4月1日現在)
b0063162_21562100.jpg
鉄棒と、
b0063162_21562218.jpg
ブランコと、
b0063162_2157449.jpg
砂場。
b0063162_21574548.jpg


そして大量のゴミ(主に草、木)。そういう風に使うなよ…。
b0063162_21584939.jpg


浅香ワンパク公園。都市公園。面積277㎡。(平成23年4月1日現在)
b0063162_21582248.jpg
ブランコと、
b0063162_21591686.jpg
鉄棒と、
b0063162_21594223.jpg
砂場、馬跳びタイヤ、ベンチ。
b0063162_2203475.jpg
キレイな公園でした。

やっぱり市で管理している公園の方がキレイ。

続きは企画「大田原をもっと知ろう!」・・・その11、若松町①。
[PR]
by hoshimasato | 2011-08-24 22:23 | 大田原
学童で多面体を折るのが流行っている。
多面体というのは、例えばこんなやつ。
b0063162_0294464.jpg
これは学童のOGの女の子が作ってくれた僕の宝物なのだが、
おりがみ30枚で出来ている。
のりなど使わずに結構頑丈に組める。

多面体の良いところは、
・ひとつのピースをつくるのはとても簡単なので折り紙が苦手な子もできる。
・パズル的な要素があり、完成した時に達成感・満足感が強い。
・組立てはピースが増えるほど難しくなるので、ひとつ出来るとより難しい作品に挑戦したくなる。
・一度作ったものでも、どんな色、どんな模様で次のやつを作ろうかとワクワク。
・たくさんピースを使う作品は時間もかかるので、いろんなお話をしながらのんびりした時間を過ごせる。
・算数、数学の空間図形が得意になりそう。
・飾って楽しい、見て楽しい。おみせやさんごっこの商品などにも◎。

もしよかったら、夏休みの終わりににみなさんも多面体をつくってみては?
夏休みの工作にもいいかもしれません。

ということで、写真で多面体の作り方をお伝えします。
わかりやすいように、表が赤、裏が黄色の両面折り紙を使っています。
b0063162_017351.jpg
① まず、縦半分に折り線をつけ、真ん中の線に合わせて、上と下の折り線をつけます。
b0063162_0174940.jpg
② 今つけた線に合わせ、左下と右上を三角形に折ります。
b0063162_018155.jpg
③ ①でつけた線に合わせて写真のようにおりあげます。
b0063162_0182290.jpg
④ 右下を、上の線に合わせております。
b0063162_0184948.jpg
⑤ ①でつけた折り筋にあわせて、折ります。
b0063162_019138.jpg
⑥ くるりと回転させて・・・
b0063162_0192821.jpg
⑦ 右下を上の線に合わせております。
b0063162_0193917.jpg
⑧ 一旦戻して・・・
b0063162_0194644.jpg
⑨ 下に差し込み、今の折り筋まで折ります。
b0063162_02064.jpg
b0063162_0201974.jpg
完成!パチパチパチ。

模様をつける場合は…

⑩ 真ん中と角を結ぶ線で織り上げます。
b0063162_0202861.jpg
⑪反対側も。
b0063162_0205196.jpg
完成!パチパチパチ。

このピースは、
2枚組でめんこ(ざぶとん)、
3枚組でおにぎり(さんかく)
6枚組でさいころ、
12枚組でとげとげボール小、
30枚組でとげとげボール大をつくれます。

ピースの組み方は、次回組み方編をお楽しみに。
[PR]
by hoshimasato | 2011-08-23 01:04 | 折り紙
企画「大田原をもっと知ろう!」・・・その10、浅香⑧。の続き。

雇用促進住宅大田原宿舎。
b0063162_20311930.jpg
二つの棟の間に広いスペースがある。公園と呼んでいい規模。
ブランコ二つ。
b0063162_21312875.jpg
ジャングルジム。
b0063162_2132632.jpg
鉄棒。
b0063162_2132111.jpg
砂場。
b0063162_21321855.jpg
すべり台。
b0063162_21323775.jpg
雇用促進住宅に住んでいる人にはとっても安心な遊び場だな。ベランダから見渡せるようだし。

浅野公園。都市公園。面積309㎡。(平成23年4月1日現在)
b0063162_2133426.jpg
横長の公園です。
b0063162_2133919.jpg
撮ったのは七月頭だったので、アジサイがきれい。
b0063162_21331787.jpg
砂場と、
b0063162_21332881.jpg
ベンチ。
b0063162_21333685.jpg
公園の端にはドウダンツツジロードが。
b0063162_21334386.jpg
このとまれは、「公園に突っ込むな」という意味ではないんでしょうが…。
b0063162_21325234.jpg


400号。
b0063162_21335587.jpg
美原のところでも書いたが、この道が出来てから人や車の流れが大きく変わった。
写真の中にも、ヤマダ、ライトオン、元コジマ。和光メガネの看板少しだけ。
ちょっと先に行ったらサトーカメラ、アオキ、カンセキ、パリミキ、まるまつetc。
ちょっと手前に来たらシャトレーゼ、ほっかほか亭、ワンダーグー、カインズ、道頓堀etc。
大きいお店がたくさん。
でも、それぞれの店の裏は田んぼだったり。
b0063162_2138992.jpg
とまあそういうような道です。

続きは企画「大田原をもっと知ろう!」・・・その10、浅香⑩。
[PR]
by hoshimasato | 2011-08-22 23:32 | 大田原
なんで学童保育の指導員をしているのか?その36―放課後についての続き。

前回書いた4つの項目に対して説明するために、今回はひとつの本を紹介する。

遠藤ケイ「誰もがもう一度やってみたいこども遊び大全」

作家でありイラストレーターである遠藤ケイさんが、絵と文で自分が子どもだった時にやって来た多種多様な遊びを解説している本だ。
目次に書かれている項目は以下のとおり。

「ベーゴマ、ビーダマ、メンコ、クギ遊び、たが回し、陣地遊び、竹馬、馬乗り、石けり、ジャンケン、こま遊び、竹トンボ、草笛、紙ヒコーキ、ケン玉、鉛筆野球、けんけんがえ、カン蹴り、だるまさんが転んだ、トンボ釣り、虫のいたずら、スズメ捕り、鉄砲、ちゃんばらごっこ、変装ごっこ、草木相撲、釣り、字隠し、レントゲン、凧合戦、将棋遊び、玉かち、竹スケート、ゴム跳び、縄跳び、かごめかごめ、とおりゃんせ、鬼ごっこ、まりつき、石けり、お手玉、おはじき、あやとり、折り紙、指遊び、貝遊び、ハンカチ遊び、影絵、らくがき、糸でんわ、しゃぼん玉、ままごと、草花遊び、おしゃれ遊び、みかん釣り、羽根つき」

これらの項目ひとつにつき、数頁にわたって遊び方や用語の説明が書いてある。それだけではなく、その遊びを子どもたち(つまり当時の遠藤ケイさんたち)がどのようにとらえていたのかがしっかり書かれている。

僕はここに載っている50年前の遊びの豊かさに驚いた。
みなさんはここに載っている遊びをいくつ知っていましたか?いくつやったことがありますか?
僕は、半分くらいしか知らなかったし、知っているうちの半分も実際にやったことがなかった。解説を読んで、知識としては知っている遊びでも、自分がやったことのないものだと、その醍醐味がわかっていないものだな、と思わされた。
 遊びの数もすごいが、ひとつひとつの遊びが深い。例えばビーダマひとつとっても、僕はただビーダマを当てて取り合う遊びしかやったことがなかったが、この本では「島出し」「星ビー」「まる」「穴一」「ポリボックス」「くるみ打ち」などという様々な遊び方を教えてくれている。また「ネムリ」「エサ」「尺取り」「ホンコ」「スラコ」などの用語・ルールがある。そういった深い遊び文化のなかでこどもたちは過ごしていた。
 遠藤ケイさんは1944年生まれ。ということは、1950年代の遊びが載せられているのだろうから、ここ半世紀で、多くの遊びが伝承しなくなって、伝承しているものからも深みが失われてしまったものもある。そういう状況なのだろう。

あとがきのケイさんの言葉にも感じるものが多かったので、たくさん引用する。
「昔は、貧乏人の子だくさんではないが、“産めよ増やせよ”などという国家高揚のスローガンの尻馬にのせられて、どこの家もこどもでいっぱいだった。挙げ句、親は一層生活に追われ、こどもにかまけている余裕がなかった。こどもたちは、親に甘えられない寂しさを感じながらも、否応なく自立心を植えつけられ、親の目が届かない自由を謳歌し、元気いっぱいに遊んだ。
 家から溢れ出したこどもたちは、町内の路地や空き地、あるいは神社の境内に集まって遊んだ。ニキビ面の年長の子から洟たれの小さな子までの異年齢の集団が、ガキ大将に統率され、種々雑多な遊びに熱中し、ときに聞きかじったおとなの世界の話を噂し合った。
 戦後の困窮の時代、子どもの玩具はなかった。あっても買ってもらえる子は少なかった。男の子は六、七歳にもなればポケットに肥後ノ守ナイフをしのばせていて、それで遊び道具や玩具を自分で作った。竹馬、こま、竹トンボ、竹鉄砲、石鉄砲、パチンコ、弓矢、凧、糸巻き戦車、笛など、ありとあらゆるものを作って遊んだ。こどもたちは駄菓子屋で買った安価な肥後ノ守を研いで切れ味を自慢し合い、自作の玩具で技を競い合った。そうした遊び道具や玩具は、年長の子のを見て、自分で創意工夫をした。親の手が入っているものは仲間内で軽蔑された。」

「こどもたちは、既存の遊びやルールにこだわらず、自分たちで自由勝手に変え、新しい遊びを作り出した。野球は、人数がたりないときや、狭い路地でやる際には、三角ベースにしたり、一塁ベース代わりの電信柱やゴミ箱を触って本塁に戻ったりした。ホームランを打つとアウトになったりもする。
(中略)ベーゴマ、メンコ、ビーダマ、ケン玉、こま、竹馬、たが回し、駆けっこ、相撲等々、こどもたちにはどれか一つは誰にも負けない得意技があり、勉強ができなくても、それだけで仲間から一目おかれた。
 路地や空き地はいつでもこどもたちの明るい完成や笑い声が響き、元気に育つことだけを願った親の目を細めさせた。
 あの悪しき時代に、こどもたちは天真爛漫に育った。男の子はどの子も虎刈り頭に洟テカ、ツギだらけの服にゴム短靴という格好で徒党を組み、町を闊歩した。ときには危険な遊びをして生傷の絶え間がなかったが、赤チンは男の勲章だった。親もまた、おとな社会とこども社会に明確に一線を画し、無遠慮に立ち入ることはしなかった。こどもが怪我をさせられてきても、相手の家に怒鳴り込むようなこともしなかった。こども社会には、おとな社会に比する集団のルールがあることを心得ていたし、親自身もそうやってこども時代をすごしてきた。」

「決して豊かではなく、いい時代ではなかったが、溢れんばかりの家族の愛情と絆があり、こどもの創造性に富んだ遊びと自由がふんだんにあった。
この本は、三十数年の年月をへだてたこども時代の記憶をたぐりながら、描き加えていったものだが、あらためて、こどもの遊びの数の多さに驚かされる。そして、同時に、自分たちが子を持つ親になったいま、こどもたちの創造性を熟成させる遊びや、自由な時間の少なさに気付いて驚愕する。
こどもの特権である、活気に満ち眩しいばかりに熱い時代は、遠い記憶の中にしか存在しないとしたら寂しいことである。それは単に感傷に過ぎないのだろうか。むしろ、そうであってほしいと願わずにいられない。」

自分たちが子どもだった頃は、どうでした?
今の子たちの環境は、当時と比較してどうですか?

なんで学童保育の指導員をしているのか?その38に続く
[PR]
by hoshimasato | 2011-08-21 23:15 | 学童
8月13日(土)、JTRこと日本税制改革協議会の事務所に行き、
納税者保護誓約書にサインをしてきました。
b0063162_2321522.jpg

JTRのHPにもその時の様子が乗っています。

「子供にツケをまわす議決に反対します」

これが僕が署名した内容です。

現在ある行政の機能を維持するために、様々な要求を持っている市民・国民の声を叶えようとするがために、「じゃ未来からお金借りてやればいいよね」といって発行されているのが国債・地方債です。
子どもが将来払う税金をあてにして政府は運営されています。
今の子どもたちや、まだ生まれていない子どもたちには当たり前ですが投票権がないので、それに反対することもできません。
子どもにツケをまわしつづけるのは、もうやめにしましょう。

豊かな自然、僕らが暮らす環境を守っていくことも、大切なことです。
人間は自然から多くのものをもらってきました。
ですが、人間は増え続け、今では自然からもらえる以上に奪い続けています。
自然を破壊し、資源を使い切ったときに、困るのは人間です。
また、僕らは今の生活を維持するために、有限である石油をどんどん使い火力発電をし、放射能を物質をまき散らす可能性のある原子力発電に頼ってきました。僕らは、持続可能な自然エネルギーに転換していく必要があることに、震災を経てやっと気づけたのだと思います。
自分たちが、そして自分たちの子どもが、孫が、幸せに暮らしていける環境を守っていかなくてはいけません。

そういった気持ちを込めて、僕は
「子供にツケをまわす議決に反対します」
という納税者保護誓約書にサインしました。

JTRの考え方に賛同していますが、僕自身も勉強不足で理解が及んでいない部分もあると思います。
今後しっかり勉強していきたいと思います。

写真に一緒に写っている立会人は、岐阜県大垣市で市政を志している佐藤まきさん、
そして中学以来の付き合いである友人二人(鈴木慶太くん、根本顕司くん)にお願いしました。
楽しい時間を一緒に過ごす仲間であり、新しい明日をつくっていく同志であり、僕のおしりをひっぱたいてくれるお目付け役です。

こちらはJTRの会長、内山優さんとの一枚です。
b0063162_2325346.jpg


私、星雅人は子どもにツケをまわす議決に反対していきます。
みんなで子どもにツケをまわさない社会を作っていきましょう。

(ちなみに、大田原市では、津久井富雄市長、深澤賢市市議、本澤節子元市議が納税者保護誓約書に署名しています。ご参考までに。)
[PR]
by hoshimasato | 2011-08-19 02:49 | 政治活動
企画「大田原をもっと知ろう!」・・・その10、浅香⑦。の続き。

大田原市福祉センター。社会福祉協議会が入っている。
b0063162_016977.jpg
大田原市西地区公民館かつ大田原市総合勤労者福祉センター。
b0063162_0162029.jpg
建物の横には「大田原配管工事工業協同組合」「栃木県浄化槽協会大田原支部」の文字。いろんな顔を持つたてものなんですね。
b0063162_0163414.jpg


さくら公園。都市公園。面積253㎡。(平成23年4月1日現在)
b0063162_0164742.jpg
ブランコ(よく見るとずいぶん鎖がねじれているな)と、
b0063162_0165363.jpg
砂場と、
b0063162_0194113.jpg
ベンチと、
b0063162_0391316.jpg
鉄棒。
b0063162_0394083.jpg
こぎれいな公園でした。

ハルジオンがさいている草はら。
b0063162_040750.jpg


浅香3丁目にある公園。三角形の公園。市でくれた都市公園一覧表に入っていないから、普通公園。名称・面積不明。(平成23年4月1日現在)
b0063162_040214.jpg
鋭角の片方から公園を撮るとこんな感じ。
b0063162_0402964.jpg
あるのはベンチのみ。
b0063162_0405189.jpg


続きは企画「大田原をもっと知ろう!」・・・その10、浅香⑨。
[PR]
by hoshimasato | 2011-08-15 01:46 | 大田原
なんで学童保育の指導員をしているのか?その35―なんで行動できないのか。なんで連帯できないのか。の続き。

さて、ずいぶん間も空いてしまったのだが、「なんで学童保育の指導員をしているのか」シリーズ再開ということで、放課後についての話をしていきたい。
前提として、僕は今の子どもたちの放課後のあり方に、多くの問題を感じている。
今の子どもたちの放課後について考える時は、自分が過ごしてきた放課後と比較すると考えやすいので、自分の話をしてみる。

小学校1、2年生はおもに足利で、
3,4年生は主に宇都宮で、
5年生以降は大田原で暮らしてきた。
それぞれ、どんなことをして過ごしてきたかを書きたいと思う。

小1、2の足利の相生小学校時代
・自転車あるいは徒歩で地域をうろうろ
・塀の上を渡って探検
・100円もらって駄菓子屋へ行く
・学校に行き、いる人と遊ぶ(上の学年と一緒に遊ぶことも多かった)
・友人宅へ遊びに行き、漫画を読んだりゲームをしたりする(ファミコン)
・ドブでザリガニ釣り
・基地作り(公園の木の上)

小3、4の宇都宮の桜小学校時代
・自転車で地域内をうろうろ
・100円もらって駄菓子屋へ行く
・宇都宮女子高(の近所に住んでいた)にいき、1on1か2on2で延々サッカー。
・学校へ行き、いる人と遊ぶ
・友人宅へ遊びに行き、漫画を読んだりゲームをしたりする(スーファミ)
・駄菓子屋に行く

小5、6の紫塚小学校時代
・自転車で地域内をうろうろ
・自転車で遠くまで行く
・100円もらって駄菓子屋へ行く
・友人宅へ遊びに行き、漫画を読んだりゲームをしたりする(スーファミ→プレステ、ゲームボーイ)
・大田原高校やたんぼでサッカー、フリスビー、ドッジボール
・ミニ四駆、ヨーヨー

大田原中学校時代
・友人宅で漫画を読んだりゲームをしたりする(ゲームボーイ、プレステ、ニンテンドー64)
・ギターを弾く
・カードゲーム(マジックザギャザリング、ポケモンカード)

パーっと思いつく限りあげてみた。
これは、1984年生まれの僕が成長してきた90年代の放課後の過ごし方だ。
僕はひとりでいたわけではないので、それなりに多くの同世代が似たような放課後を過ごしてきたのだろうと思う。

僕が成長していく過程にも、それ以前からもそれ以降も、変化は続いている。
書きながらまとめているのだけれど、大きく以下の4つの変化があった様に僕は思っている。

①遊びの商業化
②遊び集団の喪失・遊び文化の衰退
③子どもたちの安全に対する意識の変化
④子どもたちの居場所の喪失

こういったことがパラレルに、時に絡み合いながら起こってきて、今の子どもたちの環境が作られてきた。

続きはなんで学童保育の指導員をしているのか?その37
[PR]
by hoshimasato | 2011-08-11 03:26 | 学童
企画「大田原をもっと知ろう!」・・・その10、浅香⑥。の続き。

浅香2丁目にある公園。市でくれた都市公園一覧表に入っていないから、普通公園。名称・面積不明。(平成23年4月1日現在)
b0063162_22171163.jpg
ベンチがある。
b0063162_22173580.jpg
それ以外は草と木。
b0063162_22174725.jpg


浅香直売所。ここは何となく好きでよく行く直売所のひとつです。
b0063162_2217536.jpg


浅香3丁目にある公園。社会福祉協議会の近くの住宅地にある。市でくれた都市公園一覧表に入っていないから、普通公園。名称・面積不明。(平成23年4月1日現在)
b0063162_22181120.jpg
高い三つのブランコと、
b0063162_22181864.jpg
ちょっとだけ低い二つのブランコ、
b0063162_22182411.jpg
すべり台と、
b0063162_22183618.jpg
鉄棒、
b0063162_22184627.jpg
砂場。
b0063162_22185423.jpg
背の低いいちょうが2本。いつか大きくなるのかな?
b0063162_2219212.jpg


浅香3丁目にある公園。これも社会福祉協議会の近くの住宅地にある。市でくれた都市公園一覧表に入っていないから、普通公園。名称・面積不明。(平成23年4月1日現在)
b0063162_22191718.jpg
鉄棒、
b0063162_22192597.jpg
ベンチ、
b0063162_22193449.jpg
ブランコ。
b0063162_22194154.jpg


続きは企画「大田原をもっと知ろう!」・・・その10、浅香⑧。
[PR]
by hoshimasato | 2011-08-10 08:46 | 大田原

2011年7月に読んだ漫画

7月の読書メーター
読んだ本の数:2冊
読んだページ数:400ページ
ナイス数:10ナイス

バガボンド(7)(モーニングKC)バガボンド(7)(モーニングKC)
ほとんど回想。無刀…。
読了日:07月01日 著者:井上 雄彦
バガボンド(8)(モーニングKC)バガボンド(8)(モーニングKC)
又八のはったり野郎っぷりが堂に入ってきた。胤舜のエピソードもすごい。すごいマンガだなぁこれ。
読了日:07月05日 著者:井上 雄彦

読書メーター

[PR]
by hoshimasato | 2011-08-09 21:20 | マンガの感想