大田原市議会議員、ほしまさと(星雅人)のブログ。子どもの味方、学童保育指導員。「多様性」と「対話」を大切にし、ともに社会課題を解決する市政を目指し奮闘中。


by hoshimasato
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2010年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2010年9月に観た映画

9月の鑑賞メーター
観たビデオの数:21本
観た鑑賞時間:1575分

機動戦士ガンダム 7機動戦士ガンダム 7
マ・クべが核使ったのには驚いた・・・。
鑑賞日:09月10日 監督:
機動戦士ガンダム 8機動戦士ガンダム 8
カイとミハルの話、カツレツキッカの活躍、と見どころ満載だった。カツレツキッカが置かれる託児所みたいな場所が気になったなぁ。ジュース、アイス、おもちゃはあるけれど、居心地の悪い場所。アムロの「この子達が生きてる間にジオンも連邦軍もない世界だって来るかもしれないでしょ」は響いた。
鑑賞日:09月13日 監督:
ひぐらしのなく頃に 第1巻 通常版 [DVD]ひぐらしのなく頃に 第1巻 通常版 [DVD]
怖かった。俺はアニメの怖さに対する耐性がないと感じた。女の子の変わりっぷりが怖すぎだろ。けいいちくん、おはぎに針入れられて、よくそいつらと普通に話せるな。てかよく学校行けるな。それはそれとして、サウンドノベルっぽさをめっちゃ感じた。設定も「魔女たちの眠り」に似てる。早く続きが見たい。
鑑賞日:09月17日 監督:今千秋
攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX 1攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX 1
2話の「暴走の証明」がかっこよすぎる。蜘蛛みたいなロボットがうにゃうにゃ動いてるだけでなんだか高揚してくるw2話はあれだけで映画とか作れそうな話だな。まだ人間とサイボーグ(?)のいる社会がどんなものか見えていないので、先が非常に楽しみ。「甲機って本当にいるんだな」「初めて見たぜ」みたいなちょっとしたやりとりとか、そういう部分からどんな社会に彼らが存在しているのか、徐々に見えてくる。そういうの好き。
鑑賞日:09月17日 監督:
攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX 02攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX 02
3話は手塚の「火の鳥」で似たテーマがあるね。アンドロイドが意志を持ち始めているという伏線なのかな?ハッキングしてプログラムいじくれば、人動かせる世界ってのが凄いね。スケールでかい!ますます先が気になる。
鑑賞日:09月17日 監督:
機動戦士ガンダム 第9巻機動戦士ガンダム 第9巻
シャアとの邂逅。ララァ登場。昔、保育園に行く車の中で延々と聞いてたガンダムのテープがあって、そこのララァの歌好きだったな。そういやそのテープにララァとアムロのやりとり「美しいものが嫌いな人がいるのかしら?」のシーンがあって、あれはTVの音をそのまま使ってたんだなぁ、と今になって知る。
鑑賞日:09月20日 監督:
機動戦士ガンダム 第10巻機動戦士ガンダム 第10巻
お―ニュータイプ登場。人類とニュータイプなんちゃらと、話が大きくなってきましたな。シャアとセイラのように、戦争によって分断される兄弟、家族ってのは永遠のテーマですよね。
鑑賞日:09月22日 監督:富野由悠季
攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX 3攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX 3
事件の真相は明かされず。もっと大きな問題とつながってくるんでしょうかね。公安9課はとてもいいチームだな。信頼があり、結束がある。みていて心地よい。
鑑賞日:09月23日 監督:
攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX 04攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX 04
臓器売買と義体の話が面白かった。一つの話から、「こういう世界」って見える話が本当に好きです。草薙の私憤(?)も見えてよかった。クールに動いているようでみんな何かを抱えて熱く動いているんですな。
鑑賞日:09月23日 監督:神山健治
ラーゼフォン 第1巻ラーゼフォン 第1巻
いやぁ、ロボットの形状とか、日常がいきなり戦場に、ってストーリー、好きです。あと西武池袋沿線がたくさん出てきて、知ってる場所多い。そして美嶋かわいい。エヴァの影響下にあるアニメなのかな?良く知らんが似ている部分も多い気が。
鑑賞日:09月23日 監督:
ひぐらしのなく頃に 第2巻 通常版ひぐらしのなく頃に 第2巻 通常版
あ、こういうこと。いきなり主人公死んで、どうなるかと思ったのだけど、サウンドノベルのように最初からスタートするんだね。鬼隠し編はレナが軸になってて、綿流し編はシオンとミオンが中心になっているんだろうか。
鑑賞日:09月25日 監督:今千秋
機動戦士ガンダム 第11巻機動戦士ガンダム 第11巻
★★★☆☆ 古典、なのだなぁ。正直な感想を言ってしまうと、一話完結が多く無駄に長く感じたし、終わりは尻切れ感があったし、ニュータイプが出てくる意味がよくわからなかった。視聴率低迷で打ち切りじゃあ、しょうがないのかなぁ…。でもこの作品がのちのアニメを大きく変えたわけで、当時はとても新しかったんだろう。これをベースにあとのアニメが作られているので違和感なく受け入れられるんだろう。ということで、僕の感想は「古典」、この一言に尽きます。
鑑賞日:09月25日 監督:富野由悠季
ひぐらしのなく頃に 第3巻 通常版ひぐらしのなく頃に 第3巻 通常版
ザ・サウンドノベル!中高生のときにサウンドノベルにはまった俺にとっては、もはや懐かしさすら覚える展開だらけw
鑑賞日:09月25日 監督:今千秋
ひぐらしのなく頃に 第4巻 通常版ひぐらしのなく頃に 第4巻 通常版
もう笑えるくらいにサウンドノベルの王道(つまりは推理小説、サスペンスなんかの王道)の展開が出てくるw祟殺し編は、主人公錯乱系ね。小説などだと、自分がおかしいかもしれないと疑っている語り手の語りになるもの。とにかく先が気になります。ちゃんとそれなりに解決はできる感じにしてあると思うw
鑑賞日:09月25日 監督:今千秋
攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX 05攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX 05
第9話、ほどんどバーチャルなチャットルームだけでの話なのに、飽きさせない。引き込まれる。この物語の中でやっていることって、ツイッターやニコ生、ユーストリームなどを組み合わせたようなもので、当時はどれもなかったサービスたち。先みてんなぁ。そして10話は生きたままの皮剥ぎ、スナッフビデオ。俺の戦争はもう終わってるんだ、というバトーさんの台詞がかっこいい。この話はバトーに惚れさせるための話だったな。うん。
鑑賞日:09月26日 監督:
千年女優 [DVD]千年女優 [DVD]
★★★★★ これはスゴい。戦前生まれで、戦後の動乱期を女優として生きてきた千代子が、一つの鍵をきっかけに、自らの人生を回想する。その鍵は生涯、追い続けてきた人にもらったもの。千代子の回想と、千代子の映画のワンシーンがあるんだな、と気づかされ、回想と映画のワンシーンのどっち?と考えながら見て、それらが徐々に混じり合って、そこにインタビューの聴き手であるゲンヤが混ざったりしながら、ぐるぐるぐる・・・。この映像は、千代子の頭の中だけもなく、語りの中だけでもなく、いろんな世界を行ったり来たりしながら紡がれる物語。
鑑賞日:09月27日 監督:今敏
ひぐらしのなく頃に 第5巻 通常版ひぐらしのなく頃に 第5巻 通常版
うん、普通のサウンドノベルでも、だいたい4,5回目から飽きてくるんだ。そこまで忠実に再現しているよ、このアニメ。時間軸が違う場所の話が入ってきたのは新鮮だった。でもグロはなぁ・・・。もうちょっと隠してほしい。
鑑賞日:09月27日 監督:今千秋
攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX 06攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX 06
11話、笑い男の話だったのね。トグサまで記憶書きかえられてんじゃん。笑い男の話がこのアニメの軸なのかな。12話、とても好きな話。「我々観客には戻るべき現実がある、とでもいいたいのかね」名言。バーチャルリアリティが発達していったら出てくる問題だよな。電脳世界で全能の快楽を享受する事の是非。ま、この話は若干違うんだけれど、考えることの多いテーマです。
鑑賞日:09月28日 監督:
攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX 07攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX 07
13、14話ともに銃撃戦やアクションシーンが多くて燃えた!タチコマの活躍が多い話好きです。一話完結型の話の多くで折りなされる物語って、先進めよ!ってもどかしくなることが多いんだけれど、攻殻機動隊では全然感じないな。一話一話がしっかり物語の中の世界を書いてくれている。いいアニメだ。
鑑賞日:09月29日 監督:
ラーゼフォン 第2巻 [DVD]ラーゼフォン 第2巻 [DVD]
「僕らは本当の世界を知らなかった」的な話はとてもすきなのでw、このアニメも好きです。流線形の機械も好きです。墨を磨っているおじさんと綾人のやりとりがよかったな。時間をおじさんに聞くところが、信頼の表れ。全体的に女の子が可愛いアニメだ。
鑑賞日:09月30日 監督:
ラーゼフォン 第3巻ラーゼフォン 第3巻
普通の少年がなぜかロボットを動かせる、他の人では無理、そのことにたいする周囲のやっかみや羨望、主人公の葛藤、苦悩・・・こういった点は、ファーストガンダム以降の流れなんですかね。さすが古典。そこがクローズアップされすぎると食傷気味になるな。お空での戦闘シーン、とてもかっちょよかった。
鑑賞日:09月30日 監督:

鑑賞メーター

[PR]
by hoshimasato | 2010-10-02 02:29 | 映画の感想

2010年9月に読んだ漫画

9月の読書メーター
読んだ本の数:13冊
読んだページ数:1779ページ

マンガ嫌韓流マンガ嫌韓流
★★★★☆ 思考停止をするな、歴史を検証し、事実を受け止め、それぞれの立場で正しい主張はしていかなければならない、と言う主張ととらえた。その点において完全に同意。だがその先の問題は、他の本を読んだりして細かいひとつひとつの事実を追えるほどこの問題に熱くなれない僕がいるということだな。
読了日:09月08日 著者:山野 車輪
BLEACH―ブリーチ― 1 (ジャンプ・コミックス)BLEACH―ブリーチ― 1 (ジャンプ・コミックス)
塾の生徒に勧められて読み始めてみた。なんとなく、どっかで聞いたような話だと思ってしまった。幽白?でも2話にはシビれた。子どもを助けようとした時のルキアのセリフ、そしてそのあとの一護の行動。そんなレベルからしか人は動けないよな。ん?人?あ、死神か。
読了日:09月08日 著者:久保 帯人
BLEACH―ブリーチ― 2 (ジャンプ・コミックス)BLEACH―ブリーチ― 2 (ジャンプ・コミックス)
チャド、いいね。本流に絡んでいくキャラになってほしいな。とはいえまだ物語の本流みたいなものが見えなくて、登場人物たちの人間性をとらえにくい。最初、こういった一話完結的な話でスタートして、だんだん大きい物語に飲み込まれていく、ってパターン、結構あるね。ぱっと思いついたとこではキン肉マン、ラッキーマン、幽白とか。
読了日:09月09日 著者:久保 帯人
ヱデンズボゥイ (3) (角川コミックス・エース)ヱデンズボゥイ (3) (角川コミックス・エース)
なんかまだ話に乗っていけない感じがあるな。敵味方の関係がいまいちつかめない。
読了日:09月11日 著者:天王寺 きつね
Boys be… (5) (講談社コミックス (1808巻))Boys be… (5) (講談社コミックス (1808巻))
出てくる男も女もほとんど同じに思える。着せ替え人形同士の恋愛、みたいな。ってか中学生はないな。
読了日:09月11日 著者:イタバシ マサヒロ,玉越 博幸
バクマン。 1 (1) (ジャンプコミックス)バクマン。 1 (1) (ジャンプコミックス)
面白い。今、の漫画だな。という印象。世の中に対して斜に構えている中学生が、世の中を相手にどう渡り歩くか、その手段のひとつとしてのマンガ。少しドラゴン桜とかと似た匂いを感じた。中学生なりの浅さと勢いがある意味リアル。マンガの世界の裏側をしれるような感じになって行くのかな?次が楽しみ。
読了日:09月11日 著者:小畑 健
ユリア100式 7 (ジェッツコミックス)ユリア100式 7 (ジェッツコミックス)
神奈川県では有害図書らしいけど、まあそうくくられてしまうわなぁ…と強く思わせる巻だった。
読了日:09月13日 著者:萩尾 ノブト,原田 重光
ユリア100式 8 (ジェッツコミックス)ユリア100式 8 (ジェッツコミックス)
こりゃ中学生とかにとっては完璧エロ本だよね。自分が中学生だったらそう感じる。でも、当時エロ本という目的で読んでたマンガって、どうなんだろ、有害図書に指定されてんのかな。江川達也の諸作品とか。
読了日:09月13日 著者:萩尾 ノブト,原田 重光
バクマン。 2 (ジャンプ・コミックス)バクマン。 2 (ジャンプ・コミックス)
ジャンプを最初から最後まで読みたくなるマンガだ。ジャンプを最後から最後まで読ませるために書かれているとしたらすごいな。新妻エイジのわざとらしさ(あざとさ?)は作品の中で妙に浮いているように感じる。どうしても「死んじゃったおじさん→ガモウひろし、サイコー→小畑さん、シュージン→大場さん」みたいな重ね方してしまう。
読了日:09月13日 著者:小畑 健
BLEACH―ブリーチ― 3 (ジャンプ・コミックス)BLEACH―ブリーチ― 3 (ジャンプ・コミックス)
一護の母親の説明で「俺はおふくろが泣いたり怒ったりするところを一度も見たことがない」という台詞があり、そのことが肯定的に書かれているのが少し気持ち悪い・・・。強い人だった、ってことだけでいいのかね?なんだかな。それと、俺は「強い人」にあまり魅力を感じないのかな。少なくとも強い人より弱い人により人間臭さを感じる。というより共感するのか。
読了日:09月15日 著者:久保 帯人
ユリア100式 9 (ジェッツコミックス)ユリア100式 9 (ジェッツコミックス)
惰性で。あと数巻なので。
読了日:09月15日 著者:萩尾 ノブト,原田 重光
ユリア100式 10 (ジェッツコミックス)ユリア100式 10 (ジェッツコミックス)
ツイッターでも流れるので釈明しておきますがこんな時間(AM11時)に読んでいるわけではないですよ。仮装大賞は結構おもしろかったけれど、もういいかな、という感じ。
読了日:09月16日 著者:萩尾 ノブト,原田 重光
BLEACH―ブリーチ― 4 (ジャンプ・コミックス)BLEACH―ブリーチ― 4 (ジャンプ・コミックス)
お、かっこいいやつ出てきた。石田雨竜。ハンターハンターのポックルの念能力みたいなの使うね。まだ大きな流れがみえないなぁ。でも「その時俺はまだ気付いていなかった」という語りが入ったりしているので、ここから大きく動くでしょう。楽しみ。
読了日:09月16日 著者:久保 帯人

読書メーター

[PR]
by hoshimasato | 2010-10-02 02:26 | マンガの感想

2010年9月に読んだ本

9月の読書メーター
読んだ本の数:10冊
読んだページ数:1829ページ

すいせん月の四日 (宮沢賢治のおはなし)すいせん月の四日 (宮沢賢治のおはなし)
★★★★★ この作品初めて読んだ!かなり好きだ!カリメラのことだけ考えている女の子、ステキ。雪婆んごが来る前の「東の遠くの海の方では、空のしかけをはずしたような、ちいさなカタッという音がきこえ、いつかまっしろなかがみにかわってしまったお日さまの面を、なにかちいさなものがどんどんよこぎって行くようです。」とかもステキ。酔える物語。
読了日:09月03日 著者:宮沢 賢治,堀川 理万子
友だちをいじめる子どもの心がわかる本 (こころライブラリー イラスト版)友だちをいじめる子どもの心がわかる本 (こころライブラリー イラスト版)
★★★★☆ 良書。イラストと簡単な言葉で、とにかく分かりやすく書いてある。いじめが発覚してからじゃ遅い、多くの大人が本書のような認識を持っていたらいじめも解決に向かうだろう。あとは子どもたちにいろんなしわ寄せが行っている世の中の状況を変えて、ストレスを減らしてあげること、昇華させてあげることが必要。。
読了日:09月06日 著者:
悪の教典 上悪の教典 上
★★★★☆ この本は「好きな作家の新作が出た」という前情報しかないまま読んだので、最初は蓮実を普通の人だと思っていた。要領よく立ちまわっているなぁ、と思っていたら・・・。合理的に動く、という点においては、僕らと大した差はない。ただ、共感する力がない、モラルがないので、合理的、の幅が圧倒的に増えるんだろうな…。
読了日:09月06日 著者:貴志 祐介
悪の教典 下悪の教典 下
★★★★☆ 一気読み。こんな展開になるのか!いやー前情報ないっていいなwバトルロワイアルを思い出した。すぐ映画化しそうな感じ。後半蓮実が連発する皮肉に苦笑。この作品自体が性善説によった学校というシステムにたいする皮肉のようなものだけれども。
読了日:09月07日 著者:貴志 祐介
世代間格差ってなんだ (PHP新書 678)世代間格差ってなんだ (PHP新書 678)
★★★★☆ こういったことをしっかりとらえて伝えて、いろんな場で話し合っていくことは必要だろな。ただ、こういう本を出してもなかなか動員されないところに俺らの世代の政治に対する無関心等の問題がある。俺はもっと「子どもの参画」を声高に訴えてほしいな。自分の生活を自分達で変えていく、それができるんだ、という実感に乏しい現代っ子。でもその実感なしに政治に参加なんてしないっての。奪ってきたのは大人。「自分達の生活は、自分達の手で変えられるんだ、変えていくんだ」そういう実感を持たせてあげなきゃ。
読了日:09月13日 著者:高橋 亮平,小黒 一正,城 繁幸
池上彰の政権交代がわかる!池上彰の政権交代がわかる!
★★☆☆☆ 政権交代について書いたものではなく、毎日小学生新聞の連載をまとめたらしい。「もともと小学生向けの解説ですから、小学校高学年なら十分理解できる内容になっています」と前書きにあったけど、小学生はほとんど理解できないと思った。まあ、僕の理解の定義が違うのかも・・・。「理解って何?」 まあ、「2009年前半、こんなことが世の中で問題になってたんですよ」って本だと割り切って読めばいいかも。
読了日:09月16日 著者:池上 彰
図解 フィンランド・メソッド入門図解 フィンランド・メソッド入門
★★★★★ 入門書としてとても良いと思った。とにかくわかりやすかった。ミクシ?攻撃はとてもよいですね。学童でも塾でもどこでも使える。ってか、「ミクシ?」なしに民主主義なんて成り立たない。俺は質問魔で、質問が多い、といわれることがあったけれど、あれって「ミクシ?」だったんだよ・・・と、今なら言えるかな。
読了日:09月16日 著者:北川 達夫,フィンランドメソッド普及会
池上彰の講義の時間 高校生からわかる「資本論」池上彰の講義の時間 高校生からわかる「資本論」
★★★☆☆ 読みやすかった。でも、「へえ!こんなことかかれてるのか!」とはならなかったな。「この本の中で書かれている資本論」に書いてあるような考え方って、もうある意味常識となっている部分があるような・・・それくらいマルクス主義経済学がある時代を席捲していたという事なんだろうか。
読了日:09月30日 著者:池上 彰
つきよのかいじゅうつきよのかいじゅう
★★★★☆ 爆笑!怪獣の正体やいかに!10年もかいじゅうをまっているカメラマンに感服。いつまでまつんだろうね。
読了日:09月30日 著者:長 新太
イマジン9―想像してごらん、戦争のない世界を。イマジン9―想像してごらん、戦争のない世界を。
★★★☆☆ 図書館で立ち読み。イマジンと9条を結びつけたのね。発想はおもろい。きっかけにどうぞ。
読了日:09月30日 著者:星川 淳,川崎 哲

読書メーター

[PR]
by hoshimasato | 2010-10-02 02:24 | 本の感想