大田原市議会議員、ほしまさと(星雅人)のブログ。子どもの味方、学童保育指導員。「多様性」と「対話」を大切にし、ともに社会課題を解決する市政を目指し奮闘中。


by hoshimasato
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2010年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

おそらく3歳くらいから、ある程度の周期でやってくるマイ折り紙ブーム。
学童での折り紙がきっかけでまた到来。
ちなみに前はこんなことをやっていた。
http://utsusemifo.exblog.jp/4169328/
http://utsusemifo.exblog.jp/4171305/
http://utsusemifo.exblog.jp/4175620/
くだらねぇなぁw今回は本気でやっている。

今、前川淳氏の「本格折り紙」という本の作品を最初から順に追っている。
この本の作りが、非常に最初から全部折りたいという衝動を湧かせるように書いている。
ひとつひとつの作品に「記号を理解する」「折り鶴の基本形」などのテーマが設定されていて、
折り紙の技術や、折り紙にあらわれてくる数学的な知識を教えてくれる、
まさに「折り紙の教科書」。
教科書といっても、中学校の教科書くらいかな。学童に置くには難しいかも。
経費で買うには趣味よりなので、自分で買ったものを持っていって学童に置いてます(でもこれに挑戦している子は少ない)。

作ったものを順番にアップしてみる。
いっぱいあるからとりあえず今日は入門篇。

まずは「鼠(テーマ:記号を理解する)」。
b0063162_22333662.jpg

記号を理解するって、作品だけ見るとなんのこっちゃですが、
本では丁寧に記号の説明が書き込まれている。

次は「リス(テーマ:基本形)」。
b0063162_2236863.jpg

魚の基本形という折り方からスタートしているので、このテーマ。

「仕切り箱(テーマ:折鶴の基本形)」。
b0063162_22371551.jpg

これもなんのこっちゃない形ですが、完成間近までこの形になることが予想できない折り方なので、
最後に「こうなるのか!」ってなってちょっと感動。こういうのよいなぁ。

「巻き貝(テーマ:三等分、直角二等辺三角形)」。
b0063162_22374949.jpg

延々と直角二等辺三角形を半分にしていく。
大きい紙で折ったらもっとぐるぐるいくのかな?

「サンタクロース(テーマ:インサイドアウト)」。
b0063162_22381680.jpg

紙の表の色、裏の色を効果的に使った作品。
この技法をインサイドアウトというそうな。

「キリン(テーマ:見立て、沈め折り)」。
b0063162_22401591.jpg

見立て、というのは、折り紙の基本。
折った後、「何に見える?」って必ずやるよ。俺も子ども達も。
そして沈め折り。子ども達はこれがなかなかできない。
この本では6作品目に出てきてしまう。
レベルの高さがうかがえる。

「ゾウ(テーマ:座布団折り、かぶせ折り)」その1。
b0063162_22404722.jpg

その2。
b0063162_2241573.jpg

座布団折りは初歩の初歩なんだけど、
かぶせ折りは難しい。
折った箇所をいったん開くようにして展開させる。
かぶせ折りができるようになると、折り紙の世界は結構広がる。

「変形折鶴(テーマ:幾何学)」。
b0063162_22412899.jpg

説明が難しい。内接円だの垂線だの・・・。

ここまでが入門篇。
造形的にシンプルに見えるものが多いですが、
折り紙初心者には難しいんですよ。
俺としてはちょうどいいレベル。
簡単過ぎず、難しすぎず。

入門篇の後には
「初級編」
「これも折り紙編」
「中級編」
「上級編」
があるので、徐々にアップしたいと思ってます。
ちなみに今中級編の半分くらいまで折った。
未だ挫折はなし。
[PR]
by hoshimasato | 2010-04-30 23:37 | 折り紙
高田さんとかっきーの結婚を祝うユーストリームを緊急放送しいたします!
放送先はこちら!見てね!
http://www.ustream.tv/channel/kimagurefw/v3
[PR]
by hoshimasato | 2010-04-19 22:15

すいません。

金曜日までは無理でした。明日まで待って下さい。
[PR]
by hoshimasato | 2010-04-17 00:07

学童名言集 その17

初めてコーヒーを一口飲んだ1年生Aちゃん。
A「カメムシみたいな味がした」
星「カメムシ?食べたことあるの?」
A「ううん、においのあじが」
2010/03/25
[PR]
by hoshimasato | 2010-04-16 11:30 | 学童名言集

学童名言集 その16

3年生H君がをダンボールで大きな船を作りながら、
ぼそっとつぶやいた言葉。
「ダンボールは工作の命」
2010/04/05
[PR]
by hoshimasato | 2010-04-16 11:24 | 学童名言集

学童名言集 その15

F君がK君と靴飛ばしをしていた。
Fが「あーした天気になーれ」と長靴を飛ばしたら、
長靴なので案の定横向きになった。
星「横だと何になるの?」
F「雪!」
星「雪ふるの?」
K「うん、でもちゃんとねたらはれるよ」
2010/04/16
[PR]
by hoshimasato | 2010-04-16 11:22 | 学童名言集

しなきゃならないこと

・きまぐれフットワークの編集&アップ
・僕らのまちのウォークラリーのブログアップ

なんか断片になっている時間はあるんですがまとまってパソコンの前に座っていられる時間が少なくて、
やらなきゃならないことがやれてません。
関係者の皆様には深くお詫び申し上げます。
きまぐれの高田さん、楽しみにしてくれているカッキー、
ブログ編集部の鈴木さん、石田さん。
申し訳ないです。

仕事とそれ以外って、こういうことなのだろうな。
仕事って、何にも優先してやるじゃん。
金にならないこと(=趣味)ってあたりまえだけど仕事(=金になること)より後回し。

宣言します。
金曜日までには両方やります。
金曜は塾もないので。

さて、1月に交通事故を起こしてしまったのですが、
相手の方が通院しているので、
物損事故から人身事故になり、
点数が6点に達し、
いろいろなことが科せられました。

これはもう終わったけれど、初心運転者講習。
教習所に行って、
「いかに事故が危険か」を延々話された後に(身をもって体感しているというのに)、
ちょっと運転。
そして反省文書き。
15750円なり。

明日は鹿沼の免許センターに行って違反者講習を受けてきます。
午前中、座学で、午後は社会参加活動と実車等指導から選ぶ。
金額が安いのが社会参加活動なので、そちらにします。
10250円なり。

社会参加活動ってのは何か。
通知によると、

・歩行者の安全通行のための補助誘導活動
・交通安全の呼びかけ、交通安全チラシを配るなどの広報啓発
・シートベルトの着用指導
・その他街頭指導活動等

ああいうことやってる人って、違反者だったのね・・・始めて知りましたよ。

明後日は検察の呼び出しで宇都宮→大田原に戻って学童→塾。
事故を起こすと、相手の人に多大な迷惑をかけるし、
お金も時間も本当にかかって、
人によってはそのために大切な仕事をやめてもっとお金が入る仕事をやらなきゃならなくなったりするので、
みなさん事故には本当に気を付けてください。
二度と事故なんかおこしたくない、と心から思います。


事故のもろもろだったり、
4月からの新学童のことだったり、
春休み終わったってのにやることだらけ。

ちなみにちなみにで書きたくなったので書いてしまいますが、
春休みは市をまたいで二つの学童をかけ持って、そのあとに塾に行っていました。

かけもちをしていた理由は自分のところの学童には5時間しかいられないから。
一日5時間の雇用なので、5時間以上いると時間外労働になってお金が高くなる。
そのお金が学童にない。だから正規の指導員は帰って、パートを雇う。
子ども達は長い子だと10時間以上学童にいるのに、
そこにかかわる大人は5時間しか働けない。
子ども達がいる時間を正規の指導員二人でもカバーできない。
どういうことだよ。

でも、人がいないから手伝って、と声をかけてもらった学童が、
ステキな大先輩指導員さんがいる学童で、
他の市の学童に入ったのも初めてだったので、
いろいろ参考になるところがありました。
お金の使い方だったり、時間の使い方だったり。
すごくいい雰囲気の学童だったな。

今回行ってみて自分の地域を省みて感じたことは、
「大田原の問題は行政よりも指導員と保護者の問題が大きいのでは?」
ということでした。
詳しくは今度。って言ってて書かないんだよね。俺。
[PR]
by hoshimasato | 2010-04-13 23:39 | 日常

2010年3月に読んだ漫画

3月の読書メーター
読んだ本の数:14冊
読んだページ数:3040ページ

疾風(かぜ)伝説特攻(ぶっこみ)の拓 (2) (講談社コミックス―Shonen magazine comics (1722巻))疾風(かぜ)伝説特攻(ぶっこみ)の拓 (2) (講談社コミックス―Shonen magazine comics (1722巻))
ラーメン屋にて。
読了日:03月04日 著者:佐木 飛朗斗,所 十三
疾風(かぜ)伝説特攻(ぶっこみ)の拓 (3) (講談社コミックス―Shonen magazine comics (1740巻))疾風(かぜ)伝説特攻(ぶっこみ)の拓 (3) (講談社コミックス―Shonen magazine comics (1740巻))
外国に行って、外国の人がみんな同じように見えるように、不良がみんなおんなじに見える。これは佐木さん批判ではないのであしからず。
読了日:03月04日 著者:佐木 飛朗斗,所 十三
風の谷のナウシカ (上巻)風の谷のナウシカ (上巻)
すごい作品だな!本もでかいけどスケールもでかい。人間が何らかの目的を持って、近視眼的な理で自然に対して干渉することが、自然のシステムのゆがみを生んでいる、というこトがあると思っていて、それが近年いろんな形で表れてきているようなのだが、それを別の形で書いているような感じ。ある意味では予言みたいだな。こういうテーマ好き。
読了日:03月04日 著者:宮崎 駿
ボクを包む月の光―ぼく地球次世代編 (6) (花とゆめCOMICS (3306))ボクを包む月の光―ぼく地球次世代編 (6) (花とゆめCOMICS (3306))
急展開、っていうかもはや後付けでどんどん話を展開させてるんですよね・・・。何か複雑になっていて、一度読んだだけじゃよくわからなくなってる。だけど2度読む気にはなれない・・・。
読了日:03月08日 著者:日渡 早紀
ボクを包む月の光 7―「ぼく地球」次世代編 (花とゆめCOMICS)ボクを包む月の光 7―「ぼく地球」次世代編 (花とゆめCOMICS)
小さい頃の輪が出てきたあたりは面白く読めた。インナースペースでの話も結構好き。ということは、結局俺はぼく地球の頃の話が読みたいだけなのかも。
読了日:03月08日 著者:日渡 早紀
ボクを包む月の光 8―「ぼく地球」次世代編 (花とゆめCOMICS)ボクを包む月の光 8―「ぼく地球」次世代編 (花とゆめCOMICS)
作者の興味あることを何でもぶっ込むタイプのマンガなんですかね。そろそろついていけなくなってきています・・・。子どもが子どもらしくない、と思うのは僕だけでしょうか。
読了日:03月10日 著者:日渡 早紀
東京大学物語 (2) (ビッグコミックス)東京大学物語 (2) (ビッグコミックス)
ギャグ&恋愛&エロ。このノリで続くとしたら結構重いな。
読了日:03月27日 著者:江川 達也
東京大学物語 (3) (ビッグコミックス)東京大学物語 (3) (ビッグコミックス)
村上を自分とダブらせてしまう部分もあり、複雑な気持ち。江川達也の絵はエロいなぁ。
読了日:03月27日 著者:江川 達也
東京大学物語 (4) (ビッグコミックス)東京大学物語 (4) (ビッグコミックス)
天然二人のアホ&エロ物語…?遥ちゃんかわいいなぁ・・・。
読了日:03月27日 著者:江川 達也
ジパング(43) <完> (モーニング KC)ジパング(43) <完> (モーニング KC)
★★★★★ もう一つの戦後を描き切った。感服。武力を保有したイージス艦が過去に戻ったら、という設定を最大限に使って、人間が理想にむかう姿を描いてる。それぞれが理想の日本を描いて、それに向かって奔走して。こんなふうにして歴史は作られているんだろうな。大きい筋もすごく面白いんだけど、細かい演出がにくい。かわぐちかいじさんの作品は他も読んでみようと思った。
読了日:03月28日 著者:かわぐち かいじ
東京大学物語 (5) (ビッグコミックス)東京大学物語 (5) (ビッグコミックス)
遥ちゃん飛びすぎwエロさに拍車がかかってきていますな。
読了日:03月29日 著者:江川 達也
東京大学物語 (6) (ビッグコミックス)東京大学物語 (6) (ビッグコミックス)
受験に落ちた後の村上に共感。江川さんのマンガ、ギャグより、エロの方が好きだな。
読了日:03月29日 著者:江川 達也
東京大学物語 (7) (ビッグコミックス)東京大学物語 (7) (ビッグコミックス)
あれ、デジャブ・・・。てか似たシーンあったな。恋人に会うために自転車で深夜に遠くまで、ってのは何度かやってるので、あまり笑えない。
読了日:03月30日 著者:江川 達也
東京大学物語 (8) (ビッグコミックス)東京大学物語 (8) (ビッグコミックス)
村上が卓球の相手一人ひとりに感じる劣等感は、正直わかる。なんか頭良くてバカで、愚かでサイテーなんだけど、自分とかぶるところがあって、部分部分では共感してしまうんだよな。
読了日:03月31日 著者:江川 達也

読書メーター

[PR]
by hoshimasato | 2010-04-09 00:17 | マンガの感想

2010年3月に読んだ本

3月の読書メーター
読んだ本の数:14冊
読んだページ数:2658ページ

バーボン・ストリート・ブルースバーボン・ストリート・ブルース
★★★★☆ かっこいい!曲は聴いていても、実はあんまり人としては知らないので、タカダワタル的とか見て、もっと知ろう。愛すべき人だな。
読了日:03月03日 著者:高田 渡
村上春樹『1Q84』をどう読むか村上春樹『1Q84』をどう読むか
★★★☆☆ 気になっている人の論を中心に、他は飛ばし読み。森達也、内田樹、石原千秋、佐々木中、佐々木敦あたりが面白かったかな。詳しくは突っ込まないけれど、適当なこと言ってる人マジで多いな。もういちど1Q84読んでみたくなった。
読了日:03月05日 著者:
Twitter社会論 ~新たなリアルタイム・ウェブの潮流 (新書y)Twitter社会論 ~新たなリアルタイム・ウェブの潮流 (新書y)
★★★★☆ Twitterに期待している、という点において、津田氏にはかなり共感。初心者にとっては「希望にあふれた楽しいTwitterの使い方」というハウツー本となるでしょう。俺も俺なりの使い方を模索していこうと思った。
読了日:03月06日 著者:津田 大介
あっちゃんあがつく―たべものあいうえおあっちゃんあがつく―たべものあいうえお
★★★★☆ 後ろに楽譜がついていて、それに合わせて最初から最後まで歌ってみた。食べ物がおいしそうな絵本ってそれだけで高く評価してしまうな。読んだ時は月見そばがめっちゃうまそうに見えて、今日駅の立ち食いそばで食べましたw
読了日:03月07日 著者:さいとう しのぶ,みね よう
サヨナライツカ (幻冬舎文庫)サヨナライツカ (幻冬舎文庫)
★★★☆☆ この手の恋愛小説はあまり真剣に読むことができずに笑ってしまうんだけれども、これはついつい自分にかさねてしまう部分があって、小説を楽しんだというよりも、自分のことを考えた、という読書体験になった。映画化したのかな?映画っぽいな、とは思った。視覚的な感じがする。
読了日:03月08日 著者:辻 仁成
ひさの星 (創作絵本 7)ひさの星 (創作絵本 7)
★★★★☆ いわさきさんのかくひさの絵がめっちゃかわいい。弟の彼女の名前のもとになった本らしい。
読了日:03月16日 著者:斎藤 隆介
クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社ノベルス)クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い (講談社ノベルス)
★★★☆☆ 普通の本格ミステリだった。ということは評価はキャラだちってことか?森博嗣の作品と似た印象。天才の天才性がいまいち伝わってこない気がした。ラノベのスタイルに慣れないとシリーズ読破はきつそう。名言っぽい発言めっちゃ多い。
読了日:03月23日 著者:西尾 維新,take
子どもが育つ生活空間をつくる子どもが育つ生活空間をつくる
★★★★★ 保育所、学童から始まって、町までの「生活空間」を様々な事例から考える本。大変参考になった。子育てのあり方を限定的にとらえず、いろんな知識を得て考えられる方法を探る。システムを作る側、サービスを与える側がそれを意識していかなくてはな。
読了日:03月24日 著者:
ワールド・カフェをやろうワールド・カフェをやろう
★★★★☆ やろうやろう!ワールドカフェ!地域で学童関係者のワールドカフェをやりたい!俺が去年やってた「一週間連続鍋」は、ワールドカフェにつながる要素もあるので、あれを「ワールドなべ」と命名したいと思った。
読了日:03月25日 著者:香取 一昭,大川 恒
森はだれがつくったのだろう?森はだれがつくったのだろう?
★★★★☆ この森の成長を生で感じたい!とはいえ人間の寿命では、その一部しか感じられないんだろうな。神の特権?というか、今の生活をしていたら、一部どころか全く感じられないよ・・・。
読了日:03月26日 著者:ウィリアム ジャスパソン
ポケットの中のレワニワ(上) (100周年書き下ろし)ポケットの中のレワニワ(上) (100周年書き下ろし)
★★★★★ 佐々木敦さんが「1Q84より面白かった」的なことを書いていたので、読んでみたら、とても面白い。「今」を書いている感じがするよ。詰め込み感はあるけど。これから下巻借りに行きます。
読了日:03月27日 著者:伊井 直行
国家は僕らをまもらない―愛と自由の憲法論 (朝日新書 39)国家は僕らをまもらない―愛と自由の憲法論 (朝日新書 39)
★★★★☆ なるほど、憲法は国に何かをさせるためのものではなくて、させないためのものなわけね。わかりやすい。ドラマや小説を題材にして、手軽に調理してある。
読了日:03月28日 著者:田村 理
ひとくい巨人アビヨーヨー (大型絵本)ひとくい巨人アビヨーヨー (大型絵本)
★★★★☆ 何してるんだかよくわからない父親。まじゅつしなのか、手品師なのか。アビヨーヨーがひつじをつかむときの擬音「ムンズラ!」がツボw
読了日:03月28日 著者:ピート・シーガー
アサーティブ・コミュニケーション―言いたいことを「言える」人になるアサーティブ・コミュニケーション―言いたいことを「言える」人になる
★★★☆☆ 学童の指導員学校で推されていたので読んだのだけれど「もうやってることだな・・・」という内容が多かった。「おいおい、それができれば苦労はいらないよ」という部分もあった。普通にコミュニケーションをしようとしたら、自然とそうなるよな。
読了日:03月29日 著者:岩舩 展子,渋谷 武子

読書メーター

[PR]
by hoshimasato | 2010-04-09 00:15 | 本の感想