大田原市議会議員、ほしまさと(星雅人)のブログ。子どもの味方、学童保育指導員。「多様性」と「対話」を大切にし、ともに社会課題を解決する市政を目指し奮闘中。


by hoshimasato
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2007年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

恵比寿にて

b0063162_2212999.jpg

b0063162_2212936.jpg

b0063162_2212974.jpg

人身事故。
へこんだフロントガラス。
爛々と目を輝かせる人たち。
黄緑色のシートの隙間からのぞき込もうとする人たち。
友人にこの素晴らしい悲劇を報告しようと、携帯電話を空に掲げる。

そして彼らは日常へ。
線の内側で安穏と。

僕も同罪。
ぼくもどうざい。

被写体はどっちだ?
[PR]
by hoshimasato | 2007-09-28 22:12 | Comments(0)

俺には必要ない

もう俺は欠けていないから
誰も俺を埋められないのです。


最後の告知です。
明日が楽日です。
まだ見てない方、是非。
一度見てくださった方も、もう一度是非。
初日と楽日では全然違ったものが見られるはずです。

台本を自分が書いた訳ではないが、自分が抱えているテーマと同じようなテーマでかかれた作品で、すごく好きな戯曲です。
1日フライングな感じがするが言ってしまうと、この劇に出られてよかった。

見に来てください。


演鑑演劇部
ジョシ空間装置vol.5
『武者ぶりたい』
2007年9月21日(金)~24日(月)
東京学芸大学芸術館1F第1展示室

◎特設ホームページ◎
http://www.geocities.jp/enkanengekibu/mushaburitai/top.html


●タイムテーブル
24日(月)
 13時~&18時~

 開場は開演の30分前です

 入場無料カンパ制


●作・演出
 吉田雄大

●出演
 石田迪子
 黒田真史
 辻響平
 庭田悠甫
 野村真之介
 星雅人
 持丸敦史
 井上卓生
 吉田雄大
 小野寺愛

●アクセス
JR国分寺駅北口より徒歩20分
JR武蔵小金井駅より徒歩25分
JR武蔵小金井駅より京王バス小平団地行き10分

●お問い合わせ
09057275317(キタ)
[PR]
by hoshimasato | 2007-09-24 02:28 | Comments(0)

永遠も半ばを過ぎて

大好きな中島らもの小説のタイトルより引用。

公演期間4日のうち2日が終了。
でもまだ4回あります。

公演期間中にもどんどん変わり続けているので、一度見た人も是非再度見ていただきたい!

何か残せたら。


演鑑演劇部
ジョシ空間装置vol.5
『武者ぶりたい』
2007年9月21日(金)~24日(月)
東京学芸大学芸術館1F第1展示室

◎特設ホームページ◎
http://www.geocities.jp/enkanengekibu/mushaburitai/top.html


●タイムテーブル
23日(日)
 14時~&19時~
24日(月)
 13時~&18時~

 開場は開演の30分前です

 入場無料カンパ制


●作・演出
 吉田雄大

●出演
 石田迪子
 黒田真史
 辻響平
 庭田悠甫
 野村真之介
 星雅人
 持丸敦史
 井上卓生
 吉田雄大
 小野寺愛

●アクセス
JR国分寺駅北口より徒歩20分
JR武蔵小金井駅より徒歩25分
JR武蔵小金井駅より京王バス小平団地行き10分

●お問い合わせ
09057275317(キタ)
[PR]
by hoshimasato | 2007-09-23 10:13 | Comments(0)

来て見てさわって

b0063162_361125.jpg

見てほしいから誘うのです。
なんか感じたらそれを出来る限り全力で伝えて欲しいのです。

初日終了。

4日間7公演の中でまだまだ変わる。
まだ見てない人、是非。
すでに見た人も、もう一度、是非。


演鑑演劇部
ジョシ空間装置vol.5
『武者ぶりたい』
2007年9月21日(金)~24日(月)
東京学芸大学芸術館1F第1展示室

◎特設ホームページ◎
http://www.geocities.jp/enkanengekibu/mushaburitai/top.html


●タイムテーブル
22日(土)
 14時~&19時~
23日(日)
 14時~&19時~
24日(月)
 13時~&18時~

 開場は開演の30分前です

 入場無料カンパ制


●作・演出
 吉田雄大

●出演
 石田迪子
 黒田真史
 辻響平
 庭田悠甫
 野村真之介
 星雅人
 持丸敦史
 井上卓生
 吉田雄大
 小野寺愛

●アクセス
JR国分寺駅北口より徒歩20分
JR武蔵小金井駅より徒歩25分
JR武蔵小金井駅より京王バス小平団地行き10分

●お問い合わせ
09057275317(キタ)
[PR]
by hoshimasato | 2007-09-22 03:06 | Comments(3)
b0063162_158523.jpg

8月中、ずっと孤独について考えていました。

スタックスフレッドのマスターが勧めていた「悲しい本」という絵本を読みました。
古谷実の著作たちを読みかえしました。
DaysJapanを読みました。
くるりの曲をいっぱい聞きました。
去年の8月の決意について何度か問われました。
「おやすみ世界」という曲を書きました。

今年の夏は、学生最後の夏は、演劇にいっぱい時間をかけました。
多くの人に見てもらいたいな。
音楽と違って、次のライブにいけばまた聞ける、とかじゃない。
4日間7公演で全部おしまい、二度とやることはない。

詳細はよっつ前の記事を見てほしいのですが、そこから飛べる公演のHP、徐々に情報がアップロードされてます。
見に来てくださる予定の方は「あらすじ」でも見て公演日を楽しみに待っていてくださるとありがたいです。
写メは学校にたっている立て看板の一つ。
「孤独の話をみんなでしよう」
なんだかすごく好きな言葉だ。

孤独。
ひとりぼっちの人には感じられない孤独。

大好きな人がいっぱいいます。
おやすみなさい。
[PR]
by hoshimasato | 2007-09-19 01:58 | Comments(2)
8月中アップしてなかったきまぐれフットワーク、第24回アップしました。
まあ先週第23回アップしたのだけどね。
とにかく今回はテンション高かったり、高田さんの話がうまくきまっている箇所が多かったりで聴き応えあると思います。
聴いたことない人はこの機会にきいてみてくださいな。
上のリンクに飛んで、「第24回-1」の再生ボタンを押すだけ。
もし面白かったらRSS登録してくださるとありがたいです。

リスナー数が当初の目標だった100人を突破した。
毎回全員が全員聞いているとは限らないとしても100人くらいの人が(まあRSS登録しないで聴いてくれている人もいるから実際はもっと多くの人が)興味を持ってくれているということはありがたいことでございます。

高田さんが友達をほしがっています。
友達になってあげてください。
みんなで遊びましょう。
[PR]
by hoshimasato | 2007-09-15 00:50 | Comments(0)

最悪

毎月購読しているフォトジャーナリズムの雑誌「DAYS JAPAN」。
その9月号に「アダルトビデオの中の犯罪」って記事があった。
衝撃的だった。

この写真に写っている男たちは人間のクズだな。
頭がかーっとして、気持ち悪くなって、殺意を覚えた。

うまく説明出来ないから読んでみて。
俺にいってくれたらかします。

あんなビデオに参加したやつがのうのうと社会の中で生きてると思うと吐き気がする。
[PR]
by hoshimasato | 2007-09-13 00:46 | Comments(0)

内定!

内定いただきました。わーい。
携帯安売り店やカフェをプロデュースしたり、イベントの人材派遣したりしているベンチャー企業です。
説明会は20近く行ったけど、一次面接受けたのは、この会社が初めて。で最後。

夏、バイトで忙しい合間をぬっての就活だった。
1次面接は、小学校のプール指導のバイト終わってから、直行。
この時は面接がどんなものかも分かっていなくて多少ドキドキだったし、いきなり「自分をプレゼンして」と言われて、グダグダな感じになったので、「ああ、就活ってやっぱり大変なんだなぁ…次頑張ろう」くらいの気持ちで家に帰った。でも通ってた。

2次面接は、こどもの城で手作り楽器教室の講師をやってから直行。私立で先生をやっている先輩にダブルノットを教えてもらってから行った。
20階くらいあるビルの何階に会社が入っていたか忘れたので、勘で適当に押して運だめし。5回目であたる。運は良いのか悪いのか。
面接する人が急用で遅れて15分くらい待たされる。ドキドキ。
1次面接あまり面白いことやれなかったから、何かやらかしてこようと思い、まだ勉強し始めて3週間しかたってない手品をネタとしてもっていった。
モリックがやってた、500円を携帯の画面の中に入れて出すという手品を真似して(とはいえ、実際にモリックが何をやっていたかはわからない。現象だけを俺の出来る範囲で真似てみた)、「これが本当のお財布ケータイです」って言って(これもモリックの台詞のままw)。携帯ショップの店舗のイベントプロデュースの話の時に、自然な話の流れで手品に持っていけたのがよかった。
2次面接のときは本当にお金がなかったときで、財布の中に500円ちょっとしかなかった。
就活に必要ない荷物があったので、コインロッカーにしまいたかったんだけど、500円玉をくずしてしまったら手品やれないし、何より帰りの電車賃がなくなる、という状況に陥った。他に思いつく術がなかったので、これから面接する会社が入っているビルのトイレの、掃除用具が置いてあるロッカーに自分の荷物を隠しておいた。「通ればネタになるな」とか思いながら。で、通ってた。

社長面接は楽しい時間だった。
世の中をよくしていくにはってことやら、現代の若者のことやら、現代の就活のシステムのことやら、教育のことやら、人生のことやら、夢のことやらを話した。
熱い人だった。
この人が集めた人なら面白い人ら多そうだなと思った。

一般教養のテストとかはなかったけど、面接、どの人とも1時間半くらいずつやった。
人を見ようってのが伝わってくる面接だった。2次と社長面接はすごく気持ちが楽だった。

面接とか、こっちが緊張してしまいそうな相手と話す時って、その人の特徴(視線の動かし方とか、言葉遣い、動作など)なんかないかなー、って考えながら話すようにしている。
すると相手も人だから何かしら特徴あるし、そういうのをひとつふたつ見つけるとなんだか落ち着ける気がする。同じ人間なんだ。と思って。

とりあえず、自分ってものを見てもらえて、会社が求める一定の何かがあったから採用してもらえたんだろな。

身と心を削って就職活動をやっている人らを身近で何人も見てきた。
何社も何社も受けて、落ちるたびに自己否定に耐えて(それは就活のやり方に問題があるといえなくもないけど、それが一般的な就職活動の形になっているよね)。
そして半年くらいかけて内定3つくらいもらって、内定通知書並べて、「うーん、ここがこの中では最大手かな!」って言ってひとつ選ぶ。
でもそういう就職活動はしたくなかった。時間や金銭的にもする余裕なかったし。

マイナビで適当にエントリーしたベンチャー企業の中で電話がかかってきたところがそこだったからという理由で行った会社説明会から始まった就活ではあったけれど、俺は俺なりに運命的なものを感じているし、楽しめそうな場所を選べたし、そこに受かったし、運がいいなと思う。
まあ、もし違う会社に就職してたら、そこに運命的な何かを感じてたのだろうけどね。

今年“絶対”やらなきゃいけないことの一つが無事終わって一安心。
[PR]
by hoshimasato | 2007-09-10 16:55 | Comments(9)

武者ぶりたい!

そろそろがっつり宣伝期間に入ります。
えと、役者デビューします!
今月下旬に学芸大学でやる、演鑑演劇部の演劇に出演します。
面白くなる!きっと!3連休とその前の日で、計7公演が行われます。
どこかで暇を作って見に来てください!


  【演鑑演劇部・9月公演 ジョシ空間装置vol.5】
   
         『武者ぶりたい』

■作・演出 吉田雄大

■出演 石田迪子/黒田真史/辻響平/庭田悠甫
    内田真帆/野村真之介/星雅人
    持丸敦史/井上卓生

■日時 9月21日(金) 19:00~
        22日(土) 14:00~/19:00~
        23日(日) 14:00~/19:00~
        24日(月) 13:00~/18:00~
  
  ※開場は開演の30分前
  ※入場無料カンパ制

■場所 東京学芸大学芸術館1階第一展示室

■アクセス
   ・JR国分寺駅北口より徒歩20分
   ・JR武蔵小金井駅北口より徒歩25分
   ・JR武蔵小金井駅より京王バス小平団地行き10分

「武者ぶりたい」の特設HP→
http://www.geocities.jp/enkanengekibu/musyaburitai/top.html
演鑑演劇部のHP→
http://www.geocities.jp/enkanengekibu/toppage.html

特設HPは徐々に情報がUPされていくらしいのですが、現段階では予告映像と演出・演助・役者のプロフィールみたいなのがあがってます。
ちょっと面白いからみてみて。

稽古を行っているわけですが、演劇って難しい!
思い通りにいかないことだらけですが、すごい演出・役者陣についていこうと必死ですよ。
俺は役者の一人でありながら、この演劇にかかわる人らのファンでもある。
絶対に損はさせません。面白いものを作ります。
ぜひ!いらしてください。今!手帳に書き込んで!

5年にもなって何やってんだ?って突っ込みにはもう免疫が出来た・・・。
[PR]
by hoshimasato | 2007-09-08 14:44 | Comments(2)

夏⑩ 初体験

タイトルを「初体験」とかにして、実際は他のことをそれっぽく書いて妄想させる、みたいなブログ書く人多いですよね。実際は献血(注射)とか、マッサージとか、筋肉痛とか、脱毛とか、発熱とかなの。
でも俺はちゃんと下ネタです。想像とは違うだろうけど。

今年の夏はananを初めて買いました。sex特集号。
女友達が買ったら見せてくれるといっていたのだが、買う前に本屋から無くなってしまったというので俺が買ったのです。

なぜ俺が買えたかというと、俺がバイトしているコンビニで、本部からこんな感じの通達があったからです。
「ananの夏のsex特集号って発行されている女性誌の中で一番売れるから、普通1週間だけど1ヶ月くらい置いとくことにしたから見にくい場所に置いてあったら前の方に出しといて。」
買うところを他の店員に見られるとなんか説明しなきゃならない気がするし、説明したら言い訳くさい気がするしし、恥ずかしいから、早朝の自分しかいない時間にこっそりレジ打ちました。

隅から隅まで読みました。
知らん雑誌を真剣に読むと面白いなー。俺が全然知らなくて興味もない分野の人がいろいろ書いてる。その人らがどれくらいの権威なのかわからないから何かとえらそうに聞こえる。

半分以上広告みたいな感じだった。
美容整形などの宣伝ページだけでなく、服とか載ってたらちゃんと値段やブランドが載ってるしね。
それ見て買う人多いのかね。
若い女性って商品をうるターゲットだからこういうところからつながっていく訳か。

大安ケイコって人の肩書きが「恋愛マスター」ってなってて笑った。
なりてー。てかどうなれば恋愛マスターなの?狙った異性を確実に落とせるとかそういうこと?
ポケモンマスターになるのとどっちが難しいだろうか。

男のヌードとセックス観アンケートのデータが袋とじになってて、「俺なんで男の裸とセックス観見るために袋とじ破っているんだろう」となんともいいがたい気持ちになった。

全体を通した感想は、なかなか面白かったですよ。
データにはあきらかにすっごいバイアスがかかっているから(anan読者って部分で一段階、sexに関するアンケートに答えてるって部分で二段階。仮に恋愛偏差値みたいなもんがあるとしたらそれが高い人らの母集団の調査になってる)信用に足るもんじゃないけど、目指す方向っていうか、そういうのが好ましい。
いいセックスをして愛を深めて行きましょう、大いに結構じゃないですか。
あと避妊や性感染症の知識もしっかり書いてあるのもよいね。バカな彼氏がいる人は読ませたらいいよ。

非常にセックスがしたくなりました。
もちろん愛のあるやつで…。
まずは恋ですか。

ってかanan、その号だけじゃなく、次の号もすごいよ。
この号は演鑑の合宿に先輩(学年は下だけど)の一人が持ってきていたんだけど、表紙に書いてある見出しが、
『血液型でわかる本当のあなた』。
すごくね?これ。
ここに流れている思想というのは、「あなたの性格よりも血液型により導かれる性格の方が本当なんですよ」ってことよね。
極論すると、つまり、女の子は、特にananを読んでるような女の子は、誰かに何かを決めつけて欲しいのだ!
ってことで決めつけ屋でもやりますか。
見てもらいに来た人を適当に決めつける。
「あなたは実は新たな出会いを望んでいます。あなたの運命の人は例えば目の前の…」
気持ち悪っ!
自分で書いてて不快だったわ。

以下、ラーメンズのネタ『心理ゲーム』より引用
「これで何がわかるかっていうと、あなたの寿命がわかります」
「マジで!?根拠は?」
「ない。」
「ないのか…じゃあしょうがねぇな…」
「うん、しょうがない。」
根拠ないってのは強いですよね。うん。

前になかそね君が「恋愛スペック論」というものを唱えていました。
スペック=性能ととらえりゃ、そりゃスペックが高い方がチャンスは多いですわな。
でもスペックという言葉を使うと、「より高いスペックに乗り換えていく」って前提がある気がするからあまりしっくりこない。
俺らが求めているのはスペックなんてどうでもよくなってしまうくらいの運命ですよ!運命!
根拠のないやつ!
でも、「恋愛スペック論」はスペックで運命を感じる可能性が増えるという論なんだろうな…。

本気で書いていると誤解されたくない部分も多い内容になった。
じゃ書くなって話だな。
長くなったがアップしてしまえ。
[PR]
by hoshimasato | 2007-09-06 15:54 | Comments(4)