大田原市議会議員、ほしまさと(星雅人)のブログ。子どもの味方、学童保育指導員。「多様性」と「対話」を大切にし、ともに社会課題を解決する市政を目指し奮闘中。


by hoshimasato
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2007年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

叫ぶ

珍しく翌日夕方まで何もない日。
缶チューハイを飲みながら読書をしたりギターを爪弾いたりしていたらめったに連絡を取らない先輩からメールが。
急遽催されることになったビール2本の質素な飲み会が、何よりも僕らを僕らたらしめているようである。

踏み込みすぎず、離れすぎず。
先行き不透明な将来の話より、リアルで痛みを伴った会話だ。
明日への不安にすべて押し付けて、考えないようにしていた昨日だ。


帰り道、明けはじめる空の下、無性に叫びたくなる。

わーーーーーーーっ!
[PR]
by hoshimasato | 2007-06-29 04:38 | Comments(2)

大人

ひとつ前の写メは、寝ないでコンビニのバイトいって、帰ってきてそのままのテンションで取った写メだった。
あれは家族のおめでとうメールに対して返したメールに添付した写メ。
俺、家族や兄弟相手だとふざけまくってしまうのだ…。

久々にミクシーの足あとを見てみたのだが、「ああ、この人にはこんなふざけた俺を見られたくなかったな…」って思う人が何人か見ていた。
あー、やめときゃよかった。って後悔するだろうけどノリでアップしちゃえ!って感じだったので予想通り後悔。書いた記事は消さないと決めているので消さないけども。
俺だってかっこよくみられたいですよ、いやこれホント。

別に23歳になったからって何かが変わるわけではないけれども、ちょうどよく与えられた区切りだと思って、ここで最近考えることとかをちょろっとまとめておく。
この1年は大きな転機になる気もしているのです。

『大人』という言葉があって、それにはいろいろな意味が付け足されて様々な使われ方をする。
「もう大人だし」「大人になれよ」「子どもじゃないんだから」とかね。
俺はあまりそういう風に使われる「大人」「子ども」っていう区分が好きではない。
だから「大人」「子ども」の違いは、自分で金を稼いで暮らしているかどうかという使い方をしている。
だから俺は今「子ども」だ。
大学を卒業したら、500万近い借金を抱えて社会に放り出される子どもだ。

で、本気で「大人」になりたいと思っている。
だから忙しさにかまけてないで(その忙しさだって自分で作ったものだ)、就職活動再開する。
でも内定もらっても卒業できなきゃ意味がないから、とりあえず7月は単位をとることに集中して、それから。(とはいえ移動教室に行くために切る授業があるんだけど…汗)
やってることに誇りを持てる職業につきたいなぁ。
バイトでいろいろ経験して、これが本当によいことなの?という疑問を抱えたままやる仕事ほど辛いものはないと思っているから。
教師って魅力的な職業だと思う。今でも。
何になるか不明だけど、精一杯仕事して、曲書いてランタンで歌って、きまぐれフットワークで思いついたこと何でもやって、あわよくば素敵な恋なんてのもしてみたいですわね。おほほほ。
欲張りかな。
大人になると楽しいことばっかりな気がする。気のせいだろうけど。

何かを割り切って思考停止した人を「大人」と呼ぶことがあるけれど、いろいろな現場の最前線で、葛藤している大人たちがいることを俺は知っている。
俺はそういう大人になりたい。
[PR]
by hoshimasato | 2007-06-28 04:57 | Comments(4)

こんな23歳はいやだ

b0063162_116126.jpg

演鑑演劇部の公演に参加して、いろいろ思うところがありなんか書きたいと思っているんですがとりあえず。

23歳になりました。

プレゼントをくれるというなら爪切りが欲しいです。
引っ越しの時にどっかいってしまってそれ以来ギターの弦を切るニッパーで爪を切っているので。


きまぐれフットワーク19回アップしました。
外伝5回の裏は今夜か明日にはアップできるでしょう。
[PR]
by hoshimasato | 2007-06-27 11:06 | Comments(7)

リアルとは

たとえばバイト帰りの開放感で自転車を飛ばしながら口ずさむのが

「ラジオ体操の歌」なのか
「Here Comes The Sun」なのか
「孤独な太陽」なのか

といったような大問題。
[PR]
by hoshimasato | 2007-06-23 09:35 | Comments(0)
初日が終わりました。
再度宣伝させてください。
感覚から揺さぶられる、こんなところをついてきたのか!ってテーマの本です。
時間あったら是非。なくても是非。

演鑑演劇部本公演×苦笑いコーヒーvol.1
「私を選んでくれたから」
@東京学芸大学内芸術館1F第1展示室

【日時】
 6/22(金)~6/24(日)
 22日 19:00
 23日 13:00/18:00
 24日 13:00/18:00
 ※開場は開演の30分前です。

【作・演出】
 佐々木琢

【出演】
 吉田雄大  笠原茜
 杉田竜之介 小野寺愛
 青木佑希子 
 庭田悠甫  今川麻子

【交通機関】
・国分寺駅北口より徒歩20分
・武蔵小金井駅北口より徒歩25分
・武蔵小金井駅北口、
 京王線バス五番乗り場から小平団地行
 「学芸大正門前」下車(約10分)

【料金】
 入場無料カンパ制
[PR]
by hoshimasato | 2007-06-23 00:47 | Comments(0)

強制退去

なんかあったなんてもんじゃないよ。

執行官(裁判官)。
弁護士。
債権者。
債務者。
一般の立会人。
引越し業者。
強制退去執行の業者。
野次馬。

そして、日雇いの派遣社員。
この場にはいないことになっている派遣社員。


猫や犬。大量の毛。ホコリ。
大量の服。どこかずれている債務者。
アロハでサングラスの債権者。
スーツの弁護士。
またやってるよ。
檻につけられた洗濯ばさみ。
あなたは誰?
腕一本分くらいのハムや、6パックほどの卵。
よごされてはいけない洗濯物。
20人くらいの若者。まるで軍隊のような。スパイのような。
裏返しにされたユニフォーム。
引越しか強制退去か。
空の冷蔵庫。
息はよいよい帰りはこわい。
右から左に流れるダンボール。

知らされない俺ら。

そして、想像力の足りない俺。
[PR]
by hoshimasato | 2007-06-20 16:25 | Comments(2)
素敵な音楽をしている人たちってのはたくさんいるもので。

10日のghq。
オシャレなハコで、演奏者も、お客さんもみんなオシャレ。
このままオシャレ度が加速していったらghqのライブにいけなくなりそうだ。
以前とは違ったふわっとした空気感が出てきていて、最近ハマっている。
曲も、かわいらしいのが増えてる。
無料配布の「羊飼いの休日」、何度も何度も聞いている。
なにきこうかなーって適当な曲をipodで選んでいるときにghqを選びがち。

16日のグリンゴ。
ギターの音が大きかった。そのせいもあって、ギターが走っているのが目立った。
でもそんなのはささいなことですよ。
熱量の開放。
今回は「淀川の長い春」が一番ぐっときたかな。
さよなら!さよなら!あなたはすてきだ!
認定します。俺にとってのロックの体現者ってグリンゴ(特に清水さん)だわ。
あのシャウト。
書きながら音源聞いてるんだけども泣けてきた。

そういや対バンのTrespassというバンドもよかったな。
とくにドラマーの女の人かっこよかった!
細くてきれいな感じの人なんだけど、頭ふって長い髪をばっさーってして迫力あるドラム。
元トベセマルあおきさんとかと似たタイプ。そういうドラマー最近見ない。

今日はPlat Home Nine。
ランタンを偶然みて、私も音楽やってます!ってアンケートに書いてくれた人で、myspaceで曲を視聴してみたらなんか面白かったから行ってみた。初です。
これが当りでしたねー。
ボーカルえのさん、飄々とした感じの歌声。全部は聴き取れなかったけど歌詞も飄々としている感じが。それでジャズマスターかきならす!最後のギターソロよかったなぁ。身体で弾いてる感じが。
ドラムもかゆいところに手が届く感じのことやってくれてますね(どんなほめ言葉だ)。
ベースさんは今回でラストらしいですが。
荒削りで、これからが気になる。
トンボメガネという曲が、耳に残って。
眠れないからmyspaceで何回も聞いてる。
面白くて残るしつこいメロディーラインやリフの歌っていいよなぁ。
腹立つくらいにしつこいリフとかつくりたい。
好きなバンドで言えば、Mooolsやハニワニバイシクルと似た部分を刺激される。
つったってこの二つだってぜんぜん似てないけど。
このバンドのボーカルのえのさんはソロ活動も始めたばかりで、なんと、偶然にも、7月4日日吉Napで対バン。
ソロのほうもmyspaceで聞いたんですが、フォーク!っていうフォークです。楽しみ。

とまあ、最近でもこんなに。
グリンゴとghqはカモレを追っていて知りました。
カモレを追っていて好きになったバンドは他にもたくさん。
あと、最近いってないけどプラトンの対バンでも。
俺の好きなバンドの6割くらいが、プラトンとカモレを追っていて知ったバンドだ。
いい音楽を作っている人たちはどこかでつながっていくので、次の素敵なバンドにもであえるのでしょうなぁ。
そんなバンドになりたいものです。


最近切実に眠れん…。疲れてんのに・・・。
明日、とはいえ1時間後くらいからコンビニでバイトして、それから某大手ピンハネ派遣会社から派遣されて引越しに行きます。結構エグいね。
引越しというか、強制退去らしいです。
なんかあったら報告します。
[PR]
by hoshimasato | 2007-06-20 04:15 | Comments(0)
●セットリスト●
1、ハコ
2、ハト
3、春に打たれて
4、沈丁花
5、晴れのち晴れ
6、漸近線
7、オードブル
8、僕が煙になるまでの時間

来てくれた方、ありがとうございます。

今回は直前予定が合わなかったり、なかそんが風邪引いたりしたために新曲をもって行けなかった。
個人的にはピッチがかなり甘くって、課題は残るライブでした。
楽しんだけどね。

対バンもよく、力を入れてブッキングしてもらってるんだな、というのがひしひしと伝わってくる。
ありがとう多作のブッキングマネージャー上野さん。
久々の対バン、嶋雄大はエロさが増していた。

次回は7月4日@日吉Nap。
新曲も持ってきます。
[PR]
by hoshimasato | 2007-06-20 02:23 | Comments(0)

6月は矢の如し

すごいスピードで時間が過ぎていきます。
授業バイト練習ラジオサークル・・・。

その合間を縫って。
yokoさんに誘ってもらって奄美の歌手朝崎郁恵さんのライブにいった。
72歳のおばあちゃん。
予備知識はまったくなくていったのだけど、一般的に有名な奄美の歌い手といえば元ちとせだよね。ライブ始まって朝崎さんが最初の声を出したときに思い出した。
独特な発声法。ぐにゃぐにゃしてる。透き通るでもなく、しつこくもなく、微かにしびれを残していくような感じ。
唄の間にあわせてピアノが動いているような曲が多かった印象。
ビートがしっかりしている曲の拍手は裏でとりたいのだけど、朝崎さんが頭でとっていで、民謡とか島唄ってそういうもんなんだろうな、と思ったのだけど、たまに裏で取り出したりして、あ、どっちでもいいのか。って思った。
森達也の「放送禁止歌」で名前だけ知っていた「竹田の子守唄」が聞けた!
こんなところで聞けるなんて!
何曲目かのMCで、ピアニストのウォン・ウィンツァンが次の曲をはじめようとしたら、朝崎さんがそれを制して、「ピアノの音が体に残っていて次にいけない」といっていた。
うーむ。
ライブ後は、体の中に声が残っている気がした。
ほとんど何歌っているのか分からないんだけど、説得力があるんだよな…。
まったりしたライブだったけど、俺にはとても刺激的だった。


きまぐれフットワーク外伝第5回をとりました。
演鑑演劇部の公演が近づいてきたので、宣伝もかねて出演してもらった。
佐々木琢君、吉田雄大君、庭田悠甫君、入松川迪子さん、高野雅子さん、ありがとう。
ラジオよく聞いている人が多かったので、やりやすかった。
てか暴走しすぎだろ・・・。
http://kimagurefw.seesaa.net/

公演ぜひ見に来てください!俺も一ファンとしてお勧めします!
演鑑演劇部本公演×苦笑いコーヒーvol.1
「私を選んでくれたから」
@東京学芸大学内芸術館1F第1展示室

【日時】
 6/22(金)~6/24(日)
 22日 19:00
 23日 13:00/18:00
 24日 13:00/18:00
 ※開場は開演の30分前です。

【作・演出】
 佐々木琢

【出演】
 吉田雄大  笠原茜
 杉田竜之介 小野寺愛
 青木佑希子 
 庭田悠甫  今川麻子

【交通機関】
・国分寺駅北口より徒歩20分
・武蔵小金井駅北口より徒歩25分
・武蔵小金井駅北口、
 京王線バス五番乗り場から小平団地行
 「学芸大正門前」下車(約10分)

【料金】
 入場無料カンパ制


えと、自分のライブの宣伝もしなきゃ。
明後日18日月曜日、渋谷多作にて、ランタンでます。
久々に嶋君との対バンです。
早めの来場をお勧めいたします。
僕らはトリで21時10分から~。


なんだか最近5時間以上の睡眠を取れていない気がする。
3時間3時間で6時間、見たいな寝方をしている。

今日は、6時間、寝よう。
[PR]
by hoshimasato | 2007-06-17 02:27 | Comments(2)

電源off

明日、提出日から一週間遅れで出す予定の指導案を作っていたのだが、俺のパソコンに備わっている素晴らしい機能、「主電源が勝手に落ちる」が働きました。
どこまで保存されていることやら。
やる気なくすわー。いやホント。
もう寝よかなー。

一つ前の記事で勧めた少女椿に見事に反響がないので再度勧めておきます。
Youtubeで少女椿を検索すれば出てくるよ。
興味をそそるようにちょっと内容を説明しておくと、母親が死んで身寄りのいなくなった椿ちゃんが見せ物小屋に入って…云々かんぬんというお話。
エログロナンセンス。衝撃強すぎ、覚悟して見てください。
でもすごいアニメなんだって。

話は変わって。
orzって、今日までなんのことやらわからなくて、フィーリングでなんとなくの雰囲気を読みとっていたんですが、今日気づいた。
これって土下座なのね。

o頭
r手と背中
z腰から足

左を向いて
orz
ごめんなさい

いやぁ、すっきりたした。
誰にもきかず自分でたどり着いたのでなんか誇らしげ(アホか)。
これで違ってたらマジで恥ずかしい。
てか、これってどれくらいの認知度?
俺は同世代の八割くらいが知っていることなんじゃないか、と思っているんだけど。
常識なのかね。タケコプターやどこでもドアくらいの認知度だったらすごい。

なんだかんだ言ったって最近でもずっと一人の女性のことを考え続けている。
もうあんな風に誰かを近くに感じたり、誰かとわかりあったり(わかりあった気になったり)することはないと思うと怖い。
本当に怖い。
[PR]
by hoshimasato | 2007-06-12 01:49 | Comments(3)