大田原市議会議員、ほしまさと(星雅人)のブログ。子どもの味方、学童保育指導員。「多様性」と「対話」を大切にし、ともに社会課題を解決する市政を目指し奮闘中。


by hoshimasato
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2006年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧

たにむ以外の人なんて消えちまえばいいのに
[PR]
by hoshimasato | 2006-08-26 02:20

残暑

ベランダの日々草は日毎成長しております。
明日から合宿で水をやれない。
5日も放置したら枯れてしまうね。

いきなりですがライブのお知らせ。

9月8日、ランタンライブ@渋谷多作。
金曜日は初めて。
出番は21:30~。トリです。ということは終わってすぐお酒飲める!
ステキなライブをして、ステキなお酒を飲みたいと思います。

レコ初もかねるのでCDも持っていくので期待しといてください。

結構あいだがあいているので早く歌いたい。
全力でいきます。
予定あけといてください。

それではまた。
[PR]
by hoshimasato | 2006-08-22 03:14

たにむ

b0063162_5363122.jpg

全部本音で話す。
常識的なルールなんてすべて無視する。
音楽をやって曲を作るものとして、「全ての想いは曲で表すべきだ」って思っていたが、俺はプロでもなんでもないし、うたうたいである以前に俺だ。


たにむ

とは、俺の大好きな人です。俺はそう呼んでいた。
約2ヶ月前まで付き合っていた人です。
世界一素敵な女性です。
年は3つ上で、好き嫌いがはっきりしていて、無愛想で、知らない人と接するのが下手で、頭が良くて、その分プライドも高くて、でも実は繊細で脆くて弱くて、頑張り屋さんで、まっすぐに生きている人。
俺はたにむが自分の彼女でいてくれることを誇りに思っていた。

俺はたにむを愛している。
これを愛と呼ばずして何を愛と呼ぶのだ。

俺がふられたとかいう話をしたら、いろんなことをいう人がいる。

「女なんてそんなもんだよ」
違う。たにむは違う。
たにむはたにむであり「女」ではない。
あなたはたにむを知らないし、もしかしたら俺すらもしらないのかも。

「22歳の恋なんてそんなもんだよ。いつかそれでよかったと思うって」
違う。
あなたが別れをプラスに語ることができるのは、その後に他の誰かと出会って幸せを手に入れたことで、「あの人とは別れてよかったんだ」と事後承諾的に別れを肯定してきたからだろう。
俺は絶対この別れを肯定しない。
人生最大の悲劇にしてやる。

「時間が解決してくれるよ。いつまでも引きずったっていいことないよ」
違う。
俺はたにむを好きな気持ちを忘れる気なんてもうこれっぽっちもない。
時間は何も解決しません。
俺が他の誰かと付き合ったり結婚したりしたらそれはたにむが手に入らないからだ。
この発言をすることで、俺は未来の幸せに石を投げる。
誰かと付き合ったりしたときに、ここで「俺が他の誰かと付き合ったり結婚したりしたらそれはたにむが手に入らないからだ」と言ったことが響いてくる訳です。
たにむ以外の誰かと幸せそうにしている俺なんて嫌いだ。

別れた日から、心の底から笑えた日も、心の底から楽しめた日もない。
どっか、痛む。

相手が自分以外の人を見るようになったら、それまでは守っていくべきだった気持ちを変えていかなきゃならないってのは、一体何なんだ。
自分の中では何も変わっちゃいないのに。
あんたら逃げてるだけだろ。
楽な方にさ。
楽な幸せもきっといっぱいあるからね。

別れについて何かを言う人の、俺をなんとか元気づけようとしてくれている気持ちは痛いほどわかるし感謝もするが、俺は一般論を越える。

別れてからたにむのことを考えない日はない(付き合ってる時もだったけど)。
朝起きてまず。
布団に入ってから寝るまで。
いつでもどこでも、暇が少しでもできたら入り込んでくる。
それでいい。

引っ越しのための掃除をしていた深夜、福島のファミマのレシートが出てきた。
4月。牛乳、豆乳、そしてライターに「マルボロ・ライト」。
4月か。俺と付き合ってるときもやめてたはずの煙草買ってたんだね。
知らなかった。
しかもそのレシート、俺の部屋に残してったんだね。
わざとかどうかはわからないけど。
よく考えたらたにむが吸っていた煙草の銘柄ひとつ知らなかった。

コンビニへいってマルボロ・ライトを買った。
「ボックスですか?」って聞かれて、よくわからなくて「はい」っていったのだけど、部屋帰ってよく見たらレシートが「マルボロ・ライト・B」ってなってて、これじゃ違うじゃん。って思った。
マルボロ・ライトは白い紙に金色だけど、別れの時に吸ってたのは緑色が入ってた気がした。
で、吸えずに持ってる。
たにむが吸ってた煙草は何だ?

煙草を吸うってどんな気分だかしりたくて、何人かにちょっと吸わせてもらった。
わからん。
煙草を吸ったくらいでたにむの気持ちがわかるはずないだろう。

いろんな歌とか小説とかは、基本的に全てを美しくしようとするからイヤだ。
キレイすぎるんだよ何もかも。
もっと生々しい欲望とかそういうのがたくさんこびりついて日常は成り立っているはずだ。

この世で一番幸せなことはなんだと思いますか。
俺は愛する人とセックスをすることだと思う。
抱き合って、キスをして、触れ合って。
愛する人が自分の全てを受け入れてくれているような感覚に包まれる。
世界との距離を縮める唯一の方法。
たにむとの距離が世界との距離だ。
たとえ勘違いであってもいい。
それが全てだ。

俺はたにむが他の誰かに抱かれている様を想像してしまう。
相手は立派な社会人で大人で、たにむが求めているものを与えることができる人間。
でもそいつはたにむのことなんて全くわからないのだ。
そして一時の幸せを与えたあと、日常の中で徐々にたにむを不幸にしていく。
たにむを本当に幸せにできるのは俺しかいないのだ。

たにむが誰かに抱かれている想像をしてしまうと、脳が焼けるようにカーッて熱くなって何も考えられなくなる。
別れてからうまくオナニーができなくなっているのはきっとそいつのせいだ。
インポって勃起不全だから、インポじゃない。勃つし。
ただ、いけない。病名はなんなのか。心因性のなんちゃらか。
しらねぇけど。

この文章はたにむを非難するものではけしてない。
肯定するものだ。
たにむはたにむの好きに生きる。
死ぬまで肯定し続けてやる。
たにむが誰を好きでも俺はたにむが好きだ。

でも、いつか絶対にたにむを取り戻す。
何かできるわけではない。
たにむは福島。俺は東京。
直接なんて聞けるわけもなく偶然を装って何かをするのも無理。
俺にはたにむがどんな生活をして何を考えているのか、全く知る術がない。
下手したらもう一生会えない。
たにむの日々の中にきっと俺は入っていけないだろう。
見通しなんてない。
見事に全くないけど、俺はたにむを取り戻す。

たにむはブログを書いていたのだが、別れと同時に消した。
そして嫌がっていたミクシーを始めた。
だから俺はたにむの日記を読むことが出来ない。
俺に日記を読ませないためのミクシーなんだな。

たにむの文章が好きだった。
感情的なのに理屈っぽい。
消されたブログの中には、大切な言葉たちがたくさんたくさん詰まっていた。
これが一番ショックだったかな。全部過去が否定された気がした。
奇跡的に画面メモで保存していたものが残っている。
一番大切だったから、残った。

「うた
06.03.15 21:10

昨日は恋人のライブに渋谷へ行きました。
あたしの恋人でいてくれている人の作った歌が、
あたしにとって一番価値ある歌なんだと思います。

二人で居るときには伝わってこない気持ちとか
言葉で言われても本質が分からない感情とか、
恋人の歌を聞くと、直球で伝わってくるんです。
歌詞とメロディーと声を通して。

だから、恋人のライブに行くたびに、
あたしは彼からラブレターをもらった気分になる。
彼の歌にちりばめられた、二人にしか分からない単語をきいて、
いろんな思い出とか、あの時の感情とか、
怒涛のように脳内を駆け巡って、そしていっつも泣いてしまう。
はたから見たら、なんでこの女は泣いているんだろう?って思うんだろうな。

恋人はあたしにとって、とてもとても大切な人です。
彼の作る歌が、一番大切な歌です。

以上。」

これが俺が歌を歌う理由だ。
他に何もいらん。
ただ一人に届けたいがために歌をつくる。
たにむがもうこんな気持ちにならないとしたって。

たにむのことを考えて、考えつかれて、次に浮かぶのは両親の顔。
おせっかいで、世話焼きで、曲がったことが嫌いだが、感情的で頑なな母。
そんな母の尻にしかれながらも、しっかりいろいろ考えてて、理屈っぽく、不用意な発言も多いけど、子供を溺愛している父。
きっと俺はあなたたちに人を愛することがどんなことだか教えてもらっていたのでしょう。
ごめんなさい、お父さん、お母さん。
何に謝っているのかわからないけど、申し訳ない気分でいっぱいで、ただただ涙が出てくる。


今全く酒が入っていない訳じゃない。明け方のテンションもある。
だがそのことで発言の重みが薄れることはない。
俺は素直で、正直だし、本気だ。
生半可な気持ちじゃない。
勢いだけでこんな記事書いたなら、起きてまず削除する。
つまり、あなたがこの記事を8月13日の昼以降に読んでいたら、俺が文章を消さなかったってことを選んだ訳で、酔いの勢いで書いただけの文章じゃないってことだと思ってください。

こんな記事を書いたのだからそれだけの責任を背負う。
全ての批判を受ける覚悟でいます。
直接でもこの記事へのコメントでもなんでもいいです。
全て受け止める。
文章は消さない。

俺は死なないよ。
無様に生きるのだ。
もっと無様に。
怖いものなんて何もない。

これアップしたらすぐメールアドレス変えます。
ブログはしばらくアップしません。


ありがとう、たにむ。
大好きだ。
[PR]
by hoshimasato | 2006-08-13 05:36

8月11日 カモーケット

カモレとシーケットのライブに行った。

まずシーケット。
すごく一体感を感じさせるバンド。

「魚」という曲。CDで泣いた。
ライブではもっとすごい。
うまく表すのが難しいのだけど、“深い”と感じる。
特に、サビに入ったときにずーんと深くなった感じがして涙が…
“深くなった気”じゃどんな感じか伝わらないと思うのだけど、とにかくそんな感じがするのです俺は。
名曲「シャカパー」とか「ちゃりんこ」とかでみんなが(とくにギターのかわさん)歌いながら楽しそうに演奏してるのみてると嬉しくなってしまう。
3回しかみてないのにそういうこと感じさせる、そんなバンド、シーケット。

それはそうと最初の2曲くらい、PAのトラブルかドラムの音が外出てなかったよ(厳密にはハットとタム?クラッシュは入ってた気が…)。PAさん頼むよ。
1曲目はPAに気をとられちゃったけど、2曲目はもう気にならんくらいステージにひきつけられた。

カモレ。

ガツンときたよ。かっこよすぎる!
ライブ中ずっとにやけてしまっていた。
ロックバンドっぷりに拍車がかかっていた。
スガ兄さんかおりさんのギター2本が太くなって、うちしょーさんはフォームがなんか変わってピック弾きしたりして(惚れる!)、なっちゃんは見せ場がかなり多いのをしっかり決めていて、かなり歌っていて。
やった曲も半分以上聞いたことなかった。
オーラが変わったなぁ。

3月の企画以来で、5ヶ月もみてなかったってことにびっくり。
そんだけ成長してたんだなぁ。
そういうバンドがみたいよね。やはり。
大好きなバンドだ。

カモレの照明スゴかった…。
5月の途中でドラムだけになるとことか、しっかり決まっていてビビったよ。
カモレについにおつきの照明が!って思った。

最後に「答え合わせ」を持ってくるのはいけないよ…。
俺を泣かせにきてるとしか思えん。
[PR]
by hoshimasato | 2006-08-12 18:15
b0063162_125724.jpg

何が君の幸せ
何をして喜ぶ
わからないまま終わる
そんなのは嫌だ!

何のために生まれて
何のために生きるのか
答えられないなんて
そんなのは嫌だ!

アンパンマンのAメロ。
一番も二番もすごいな。

俺だって嫌だ!

1日遅れて日々草3姉妹。
[PR]
by hoshimasato | 2006-08-11 01:02
東久留米の寮の隣がホームセンターみたいな店で、外にいろんな草花が置いてある。
花に水をやっていたおばさんに話しかけて、何か育てたいんですって話した。
いくつも紹介してくれた中で選んだのは日々草。
夏の陽射しにも、暑さにも負けない、日々草です。
白と、ピンクと、赤と、三つ並べて、プランターに植えた。

帰ってきてから日々草の花言葉を調べたら「楽しい思い出、優しい追憶」だってさ。

一つの花は数日で散るが、新しい花が毎日毎日開いて、一夏中咲き続けるから、日々草。
俺は日々草と共に夏を過ごしたいと思います。

明るいうちに写メを取り忘れたのでどんなやつかはまた今度。
[PR]
by hoshimasato | 2006-08-10 00:53

8月8日 暇について

b0063162_0374110.jpg

寮の部屋で、N山くんとぐだぐだしている。
することなくて2人して日記を書いている。

暇だ、と思うが、能動的でいるなら、暇な時間などないはずなんです。
俺の部屋には読んでない本が大量にあるし、新聞も読んでない部分めっちゃあるし、ギターあれば曲作ったり練習したりできる。
部屋の片付けも終わってないし、実習の報告も終えてない。

つまり、暇ってのは、能動的に何かをやる気が起きないのに外的な要因でひっぱりだされたりすることがない状況を指すのではないか。
というか俺にとっては確実にそうだ。
実は今日は8月に入ってから初めての予定がほぼ何もない日なのだ。
7月末は試験に追われていたので、予定が何もない日は久々。
それがこんな状況。

実際に何もしてない訳じゃない。
学校に行って友人にCDを渡して、図書館でパソコンいじって東久留米寮の近くのうまいラーメン屋を探して、これまたN山くんと食べに行って。
リサイクルショップやら100円ショップやらをうろついて新生活に必要なものを物色したり。

でも「自分は何もしていない。楽しいこと何かないかな」って思ってる。
これ最悪だ。
8月入ってからイベント続きで、めちゃくちゃ楽しませてもらってる。
そして楽しんでる。
なのに何でだ。
満たされない気分。

話変える。
こないだのカモレキャンプでやれなかった花火を頂いて帰ってきた。
さあ、やろう。
…どこで?
花火をやれる場所がない。
どこの公園も花火は禁止、音楽もダメとか書いてあって、世知辛い世の中だ。
(脱線。音楽好きな人がある居住区に集まって、迷惑かけるかわりにかけられても気にしないような人が集まる場所を作れないか。)
いい場所しりませんか?
そして花火をしませんか?

最近、ミクシィ依存症になっている。
1日に10回くらい携帯からログインする。
トイレで用を足す間、カップめんが出来るのを待つ間、電車を待つ間。
そして誰かの日記がアップされてたら読む。

そうならないとは思ってたのだけどね。
そうなりたくないとは思ってなかったからだろうか。

今壁際に布団をしいているのだが、気を抜くと足を壁にそって半ば逆立ちみたいな格好になりたくなる。
そんな自分が気持ち悪い。
[PR]
by hoshimasato | 2006-08-09 00:37

ミクシィバトン?

津田四兄弟さんから。見てたんだけどパソコン使えなくてさ。
図書館より書き込み。

Q1.あなたのミクシィネームは?そしてその由来は?

星雅人。
本名。

Q2.今現在表示されているあなたの「写真」はどんなものですか?

最近買った帽子をかぶって撮った写真。

Q3.今あなたのトップページに表示されている9つのコミュは?

1:大田原市立 大田原中学校
母校。

2:斉藤州一郎
一番好きなドラマー。アナログフィッシュ。

3:NASU ROCK FESTIVAL
いつかできるといい。

4:音楽友之会
所属団体。

5:大田原高校
母校。

6:佐々木健太郎
一番好きな一曲をあげろといわれたらアナログフィッシュの「LOW」を選ぶのです。
その曲書いた人。

7:カモレ
音楽も、友人としても、大好きな人たち。ロックバンド。

8:関谷一郎
昭和文学ゼミの先生。
面倒見がよくて、いろいろ斟酌していただいて、僕は足を向けて寝られません。

9:アナログフィッシュ
僕の中での「ロック」の体現者。彼らのような歌を歌いたいのだ。

Q4.トップにいる9人樣にバトンを回します
とりあえず、トップにいる人の名前あげさせてもらいます。
光さん
OUさん
ふーみんさん
竹さん
よっちゃんさん
しほさん
Doさん
SHOさん
もっちさん
ランダムっておもろいね。
[PR]
by hoshimasato | 2006-08-08 15:36
b0063162_5415187.jpg

君を受け入れてくれる場所がそこにはあって
単純に羨ましいと思ったのだ
僕にそういう場所がないとは
言わないけど

おやすみなさい
[PR]
by hoshimasato | 2006-08-08 05:41

8月5、6日 キャンプ


b0063162_5291321.jpg

なんて居心地がいいのだろう。
いつも考えてしまう。
気を使ったりしないですむ。

終わるとき、泣きそうになるのです。
ずっと続いたらいいのに、って。
[PR]
by hoshimasato | 2006-08-08 05:29