大田原市議会議員、ほしまさと(星雅人)のブログ。子どもの味方、学童保育指導員。「多様性」と「対話」を大切にし、ともに社会課題を解決する市政を目指し奮闘中。


by hoshimasato
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2005年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

階段日記なっちゃんに、SHIRe;MONO COPY VIEWのSIGHさん、知らぬ間に2人からバトンを渡してもらってました。
早速いきます4つの質問。

a.. Total volume of music files on my computer (コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)

○約13G

b.. Song playing right now (今聞いている曲)

○聞いてない・・・。じゃかけるか。コンポの再生ボタンを押してかかったのは椿屋四重奏『深紅なる肖像』より「ぬけがら」。

c.. The last CD I bought (最後に買った CD)

○moools『DUB NARCOTIC SESSION』

d.. Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me (よく聞く、または特別な思い入れのある 5 曲)

○アナログフィッシュ 「LOW」
一曲といわれたらこの曲をあげる。
○the pillows 「ハイブリッドレインボウ」
ピロウズからは「ストレンジカメレオン」「フールオンザプラネット」の3曲でまよってこれ。参った時によく聞く。
○松任谷由実「春よ、来い」
俺に何かを見せてくれた曲。
○Elvis Costello「Alison」
「I know this world is killing you」、このワンフレーズで泣きそうだ。
○Simon&Garfunkel 「El Conder Pasa(If I Could)」
幼稚園の時から好き。
 
五曲で収まるわけなど無い。ですよね。俺もカモレカオリさん同様スピッツは選べなかった。
スピッツで5曲って言われても選べないくらいだ。


e.. Five people to whom I’m passing the baton (バトンを渡す 5 名)

・silverfish、yokoさん
・YuRuRiな日々*、しのさん
・月を見上げて、、蒼樹
・Another League、たきto
・pianissimo、mii

みんながどんなのをあげるのか純粋に気になる。
蒼樹は純粋じゃないところでも気になる。

5人にバトンを回すとネズミ講みたいにガンガン増えるから、パスする人が回されて無いかどうかしらべるのが大変。
[PR]
by hoshimasato | 2005-06-29 02:19
27日、実習オリエンテーションに行ってきました。
9月に行われる教育実習の事前訪問みたいなやつね。
配属は1年生。
こないだまで妹がそれくらいだったから分かってはいたけど、ちっちゃい。
下手なぶつかり方をしたらひざで蹴り殺してしまうくらいの頭の高さ。

俺の行く学校は時間割が無い学校で、毎週終わりの頃次週一週間の授業を決めるという斬新な形態。
私立だから先導的なことを実験的にやってるんでしょうな。
教員の負担とか大きいけど、なかなかに面白いと思います。

教室で授業の見学をしている途中、脳貧血みたいのを起こして、「やばい!」と思ってしゃがんだんだけど、ちょっと遅くて、クラッときてしりもちをついてしまった。
そうとう蒼い顔をしていたらしく保健室に連れて行かれ、寝かされた。
副校長が来て、「不規則な生活してるんだろ」と言われ、
申し訳ない気分。
戻ったら「先生大丈夫~?」とよってくる1年生。
こんなことじゃだめだなー。と思った。
おおげさに倒れなかっただけよいけど。

脳貧血。
これ、持病みたいなモンで、昔からしょっちゅうなるのだ。
運動してれば大丈夫なんだけど、ただ立っているという状況が長いと、大体なる。
小学校でも2回、中学校の入学式でも倒れている。
そこらへんで大体「ここらへんまでいくとやばい」っていうボーダーラインがつかめて、「きた!」と思ったら座るようにしているのだけど、座っちゃまずいという状況にあるとき、限界まで我慢しようという心理が働く。
今回もそう。
よくよく考えれば(ってかあんまり考えなくても)、座っちゃまずい状況なんてのは、倒れたらもっとまずい状況なわけで、さっさと座って危険を回避するべきなんです。
倒れたら他人に迷惑がかかるけど、座っても「なんであいつ座ってんだ?」ですむことですからな。
俺はよく分からない義務感に囚われてしまっているのでしょう。

高校の時は、睡眠不足で学校行くことが多かったからか、脳貧血がしょっちゅうあった。
授業中、座ってるのにいきなりきたりするのだ。
症状で言えば、めまいと吐き気と腹痛かな。
足を上げて横になってりゃすぐ治る。
「すいません、トイレ行ってきます」といって教室を出て、廊下で足を上げてねっころがったりするわけです。
なんともまぬけな光景だ。

まあ、睡眠をとって(まあ実習中はそうもいかないのだろうが)食べ物をきちんと食べればなりにくいというのはわかっているのでなんとかなる・・・のか。

「先生、何歳?」
って聞かれたので「今日から21歳だよ」と言ったら、
「誕生日今日なの?」
「うっそー」
の後に、「おめでとう!」って祝ってもらえた。
「何歳?」と聞かれてるんだから「21歳だよ」でいいのに頭に「今日から」を付ける辺り、我ながらきたない。

そうそう、21歳になったんですよ。
[PR]
by hoshimasato | 2005-06-29 02:06
スピッツのコピバンで知り合った仲間を中心にオリジナルの発表会をするというので、それに参加させてもらった。
他のみんなは弾き語りとか、簡単なユニットとか、バンドとかいろんな形態で発表していた。
俺は弾き語りで出た。
ノドの調子が悪い時期で、前日まで歌えるかどうかかなり微妙な感じだった。
でもまあ、ギリギリで人前でやれるくらいまでに回復したのでよかった。

●曲目●
1、うすむらさき
2、晴れのち晴れ
3、沈丁花

1、2は発表の場に出すのは初めて。
1は実際去年の夏ごろに出来てた曲。
2もそれほど新しくは無いんだけど、なかなかバンドでやれないからとりあえず弾き語りでやってみた。

知ってる人のオリジナルを聞く機会ってそんなに無いけど、曲聞くとその人が少し分かった気になる。
いい刺激になった。
男女のボーカルのオクターブでユニゾンしてる歌声っていいですな。ハマりそう。
[PR]
by hoshimasato | 2005-06-29 01:27

だばだばだば

この資本主義国家では図太く生きたモン勝ちなんでしょうな。
繊細なヤツはまあ、小説家とか芸術家とかロクンローラーとかあるいは麻薬中毒者にでもなるしかないんじゃないですかね。あるいは精神病とか、鬱病とかね。
馬鹿と天才は紙一重といった人がいるかいないかはよく知らない。
満たされすぎた俺らにとって、とかくこの世は生きにくいってこと。

あーしらね。聞くな。
[PR]
by hoshimasato | 2005-06-28 02:54

咳が出る

五月の頭あたりから咳が出て、ずっと続いている。
病院いったら「気管支炎っぽいけど」みたいなあいまいな感じだった。
こないだの土日は酷くて、ずっと出っ放しで苦しかった。
肉体的に苦しい思いなんてずっとしてなかった気がする。
あまりにきつかったのでまた病院にいったらもっと強そうな薬をくれた。
それが効いたのか、ここ2日くらいで急によくなったのだけど。
歌はライブ以降歌ってない。
喋る分には影響ないけど高い声が出ない。
今週末オリジナル発表会というイベントがあるだが、それまでになんとかなるのか。
不安。

声が嗄れたり出なくなったりするたびに、「このまま声が戻らなかったらどうしよう?」と考える。
それだけのことで人生が大きく変わってしまう気がする。

まあ、今までも治ってきたから今度も治るだろ。
・・・という楽観的な部分と、今回は長すぎるよ!って不安と両方もっているのが現状です。

それにしても、熱とひきこもりと咳出すぎのせいでずいぶん授業休んだなぁ。
リーチかかってる授業が結構ある。
切ったのがまだ一つしかないってのは自分でも驚く。


その具合の悪さと忙しさと好きなことやりたい欲求に感けて、ここに書こうとして書いてない事象がたくさんある。
たとえば、もう5ヶ月も前だけどipodを買って、それがすばらしいだとか、
コステロとラーメンズと小川洋子がマイブームだとか、
友達から借りたWILLIE WISELYのCDが良いとか、
プレステ2とテレビを買ったとか、
ロマサガは面白いだとか、
ドラクエ8はあんま面白くないだとか、
ビアンカとフローラでどちらかを選べってのは酷だとか、そういったこと。
[PR]
by hoshimasato | 2005-06-08 05:43
今回出たのはハウリングトーマスという新しく組んだ3ピーズバンド。
Baパッキー、Drけいすけと非常にやりやすいメンバー。

1、killer tune(ストレイテナー)
2、リピート(アシッドマン)
3、アイソトープ(アシッドマン)

キラーチューンは俺が強く押した。
試聴機で聞いて即買いした。
Bメロのリズムが気持ちいい!
アルバムだとそこが崩されてて、ガッカリでした。
アシッドマンはパクとずっと前からやりたいと言ってたので念願かなった感じですかな。
シンプルでオシャレ。
和音のセンスはピカイチだと思いますアシッドマン。

ライブは気持ちよくやれたのでよかったのではないかな。
まだまだ本領はこんなもんじゃないけど、好調な出だしではありましょう。

新しいバンドが大量に出来たけど、個人的に「これ次からも要チェック!」って思ったのはほとんどなかったかな。
やっぱりひとつひとつのバンドを大切にして成長させていって欲しいと思いますね。
長いバンドの方が見る気になるんだよな。曲も覚えるし。
[PR]
by hoshimasato | 2005-06-08 05:16