大田原市議会議員、ほしまさと(星雅人)のブログ。子どもの味方、学童保育指導員。「多様性」と「対話」を大切にし、ともに社会課題を解決する市政を目指し奮闘中。


by hoshimasato
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

<   2005年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

18日、祖父の通夜があった。
お坊さんがまず「私語が多すぎる」という説教をかましてから通夜に入ったので、俺は内心腹が立った。通夜の最後でも言えるだろうが。
母に言わせれば「それも大事なこと」らしいが、孫一同(俺ら)はみんな坊さんに反感を持った。
孫一同は、俺と同学年のいとこが一人いるだけで、後はみんな年下。
子供は素直。
通夜のあと、「最初と最後のお坊さんの動作が面白くて笑いをこらえていた」などと話していた。
俺もそう思う。拝む手を作って3回スクワットをするような動作。
ちょっと面白い。
儀式というものは同じ価値観の中にいないとなんと間抜けなものかと思う。
罰当たりだけど、そう思う。
けど祖父は真言宗で、お経のおかげであの世にいけるのならそれはありがたいものだ。

みんなが帰った後、祖父にとっての子と孫だけで同じ部屋に泊まった。
ギターを弾いて歌ったりした。
祖父の写真を額縁に貼って、孫みんなで折り紙で鶴を折ってメッセージを書いた。
大量のブラックジョークが飛び交った。
でも、それはみんな祖父が好きだったから口に出来ることだとありありと分かったので素直に笑うことが出来た。
まあ、一番ブラックジョーク言ってたの俺なんだけど(苦笑)


19日、祖父の葬式。
昨日みんなで面白いと話していたお坊さんの動作から葬式が始まったので笑いを堪えるのに大変だった。
笑いを抑制されている状況下というのはどうしてこうも笑いを増幅させるのだろうか。

俺にとって悲しいのは祖父にもう会えなくなること、祖父と話が出来ないこと、祖父の笑顔が見られないことにある。
葬式の大まかな流れは儀礼的なものでしかなくて、ホントの言葉ではない弔辞も、悲しみを誘わなかった。
でも、400人位の参列者が訪ねてくれて、祖父は多くの人に愛されていたんだと思った。
それが、ある程度形式的な参列だったとしても、ありがたいと思った。

最後の別れで棺を開けた祖父の顔を見たら急に込み上げる涙と嗚咽を止められなくなった。
うっすらと目を開いているように見える祖父に、「もういいんだから、ゆっくりと休んでいいんだから」と声をかけて、まぶたをを閉じさせる母親と叔母。
今書いてても涙が出てくる。

火葬場に入るところまで見送って、俺は東京に帰った。

戒名は「建学院輝捷篤剛居士」。
この名前を貰うためにウン十万という話を聞いた。なんだか、よく分からなかった。
死んだ人に名前をつけてもらって、ウン十万。
ありがたいことだと思うし、祖父にとっては良いことなのだろうが、俺が死んだ時にはそんな名前はいらないと思った。
宗教を持たないと葬式は出来ないのだろうか?
俺は宗教は持たない。
家としての宗派はあるのかもしれない。
俺が死んだらどんな葬式が成されるのか。
祖父と同じく、真言宗なのだろうか。

宗教の葬式は、ある程度定型がある。
言うならばマニュアル化されている。
遺族はお坊さんと式場の出す指示に従っていればいい。
それは、悲しみに暮れている遺族にしてみれば良いことなのかもしれない。

でも俺が死んだら、遺族親族および友人で、考えうる限り、一番楽しい葬式を開いて欲しいと思います。
最初から最後まで、お経の代わりに俺の好きだった音楽をながしたりして。
焼香も読経も弔辞もないとすると、何をしたらいいんだろうね?
俺もわからないけど、もう俺のために頭を使うことなんてなくなるのだろうし、とうの俺は使う頭さえ無くなっているのだろうし、残った人で出きるかぎり頭をしぼって考えて欲しい。
俺にもっともふさわしい葬式を。
マニュアル化されたありがたい宗教なんかに頼らないで。
そう、強く思った。

俺の家族はこのページしらないから、俺が死んだら誰かこのページを俺の家族に教えてあげてください。
[PR]
by hoshimasato | 2005-02-22 01:40

2月16日 祖父の命日

2月16日、祖父が天寿を全うしました。

もともと糖尿持ちで、白内障を患っていた。
3年前脳卒中で倒れて、それから言語に障害が出て、痴呆みたいになっていた。
年末から腎臓の機能が低下していて、体が弱っていってた。

前々日に「もって一週間」というような連絡があって、帰省した。
祖父は目を閉じる力も残っていないらしく、まぶたが開きっぱなしだった。
酸素を取り込む能力がどんどん低下して、苦しそうな表情になると酸素濃度を上げていった。
妻と二人の娘(祖母と母と叔母)に囲まれて最後まで手厚く看病看護されてあの世へいけたのは幸せだったと思います。

葬式の写真は、病気になる前の祖父のもので、きりっとしてかっこいいものに決まった。
でも、俺は倒れてからの祖父の笑顔も好きだった。
一度、ほとんどの人を認識出来なくなったんだけど、祖母と母と俺と弟は分かるらしくて、顔を見せに行くとといつも笑顔で「おうっ」とかいってた。
そんな祖父の最高の笑顔。

ありがとう、じいちゃん。
b0063162_153888.jpg
[PR]
by hoshimasato | 2005-02-22 01:06
前日、大量に飲んだコーヒーのカフェイン効果と、考え事のせいで、眠れなくなった。
当日、寝坊。
何故だか携帯の電源が切れていて、電話してもつながらなくて、ごめんなさいというばかりです。
いろんな人に迷惑かけた。
あるひとに「わざと遅れてきたの?」と聞かれたけれど、そんなことはないです。

●演奏した曲●
1、沈丁花(オリジナル)
2、とかげ(オリジナル)
3、春よ、来い(松任谷由実カバー)

今回初めてコピー無しだった。
とかげは新曲。歌詞アップします。

そして、最後まで見ずに帰省。
最後まで見たかった。数少ない先輩との飲み会にも出たかった。
だが、じいちゃんの危機なのだ。
[PR]
by hoshimasato | 2005-02-22 00:25
友人が照明を、後輩が役者として出ている劇を見に行った。
劇団漠、大学のサークルです。

内容は、クリスマスとスヌーピー(ピーナッツ?)が混ざってメタ構造になったような話(何のこっちゃ)。
あれです、登場人物が自分が作中人物だと自覚して、作者やら読者のことに言及する手のやつ。
最初、クリスマスイブのデパートでエレベーターが止まったから、一場面で展開するドタバタ喜劇かと思ったけど、途中からピーナッツのパロディー(?)が入ってきて、最後のほうではメタ構造が露見してきて、重量感のある内容だった。

漠の劇は、SFチックな展開が多い気がする。
そして、どことなくきれいに完結している気がしないのだ。
脚本が悪いのだろうか。
脚本が悪いとしても、それを選んだ劇団が悪いってことになっちゃうのか。
ストーリーの綻びが気になって、劇に没入できない。
・・・こう書くと、強いけど、つまらないわけじゃない。
かなり楽しんでるのだが、最後の最後で理屈で自分の感情に歯止めをかけてしまうのだ。
理屈っぽい人間でございます。
「普通のストーリー」というと語弊があるかもしれないけれど、SF的な展開が無いもの、請った趣向を凝らしていないものがみてみたいと思う。
そうするといろんなものが見える気がするんだけど。

照明に友人が携わってるということで照明に注意してみてたのだがいうべきことが見つからなかった。
でも証明一つとってもかなり考え込まれてるってことは分かった。
お疲れさま。
[PR]
by hoshimasato | 2005-02-22 00:18
ライブハウス見つけるのにちょっと迷った。
ドロシーってなんかいい名前。オズの魔法使いのドロシーでしょうな。
カモレの前のバンドのギターが、手から血を流しながらギター弾いてて痛そうだった。
バンドの名前忘れたけど面白かった。MCとか演劇チックで。
「目耳鼻口指指指指」って唄が忘れられん。

カモレさんは「虹かスモッグ」という曲をやりました。
なんつうか、力んでない感じでいい曲。
カモレさんの曲って一曲一曲がすごく重くって、全部シングル曲みたい。
それはそれでいいこと、でも、虹かスモッグみたいな曲がそのシングルの合間を埋めていくようなアルバムが作れたらそうとうな名盤になるんじゃないかと思う。
[PR]
by hoshimasato | 2005-02-21 23:57

スピッツ「スーベニア」

b0063162_1324697.jpg
スピッツの新譜出たのに感想書いてなかった。
「やっぱりスピッツはいいなぁ♪」という感じ。
ガツン、という感じではなかったのです。
今日聞いてて改めて春の歌のメロディーに感動したので書いてみる。

感覚的にスッと入って来すぎたかな。
新しい面があんまり無いというか(新しい試みはたくさんしてるのにそう感じる。なぜだ)。
グッとくる歌詞が少なかったというか。
ポップ寄り過ぎる(≒ラブソングの匂いがしすぎるとか)とか。
全曲に「君」が登場するのです。
世間のスピッツ像通りの作品というか。狙ってそうしてるんだろう感もあるけど。
つっても理由なんて全部後付けだ。
ここだけ見ると、いかにもガッカリした感じだけど、そんなことはない。
98点か97点か96点か、ってレベルの話。
冷静に見るとかなり良いと思うのです。
スピッツに対する俺の中の無意識下の期待はどんなアーティストよりも上だろうから、心の準備が出来ていて、衝撃が来る方がおかしい。
でも三日月ロックでは期待よりも上だったのですよ。

付近のバンドマンたちの話を聞くとスピッツはハヤブサがかなり評価高いけど、個人的には三日月ロックの方が好きです。
スピッツのここ3作のジャンル的な好み分類。
ハヤブサ・・・好みよりロックより
三日月ロック・・・ちょうどいい
スーベニア・・・好みよりポップより

アルバムって、バランス感みたいなのが大事だと思う。
同じような曲が並んじゃってもいけないし、なんだか疲れる並び順ってのもある。
あと、初めて聞いた時によいと思う曲と、聞き込んでいくうちにいいなって思えてくる曲が無いとダメ。あきる。

このアルバムはホントに何回も聞いてしまう。ってのがある。
普通は名盤とか言うんだろうけど、そう呼ぶとなんだかたいそうな感じがするのでそうは呼びたくない。

ちなみにスピッツなら「名前をつけてやる」が一番好き。
これは何回聞いても飽きない。
俺が人生で一番聞いているだろうアルバムです。

読み返して見たがどうもまとまりの無い文だ。まいいか。
[PR]
by hoshimasato | 2005-02-12 02:29

吉祥寺で見つけた。

b0063162_11317.jpgアップしたつもりがアップするの忘れてたらしい。
吉祥寺の飲み屋。
[PR]
by hoshimasato | 2005-02-12 01:01

本音。

もっと自分勝手に、わがままに生きたい。
[PR]
by hoshimasato | 2005-02-10 05:22

言葉じゃ表せないこと

カモレなっちゃんのコメントから、考えた事があったので書く。
「言葉じゃ表せないことがあって、それを表そうとするのが芸術」
そうそう、そうなんです。共感。

そのあと、ちょっと考えてみた。
言葉も、上で使ってる「芸術」に入る気がする。
言葉の限界に挑戦して極限にまで高められた言葉は芸術だ。
俳句だったり、詩だったり、小説だったり。
もしかすると、言葉で表せないものが芸術になるのではなくて、表したいことが先にあって、その手段として言葉や音楽やダンスや絵があるんじゃないだろうか。
俺らは普段から言葉で表現することになれすぎていてそれを基本に考えてしまうから、言葉で表せないものを他の方法で表そうとするんじゃないのか。

自分じゃ言葉で表せないと思っている事を、言葉で表してしまう人がいる。
それが何よりの理由。
何か伝えたいこととか表したいことがあって、それを普段使っている言葉で表すのは無理だと思ったとする。
それを、絵で表そうとして追求していったら絵描きさんになる。
それを、音や唄で表そうとして追求していったらミュージシャンになる。
それを、体で表そうとしたらダンサーになる。
それを、それでも言葉で表そうとしたら詩人になる。
もちろん、ここでいう絵描きさんやミュージシャンってのは、それを職業にしているかどうかは関係なくてね。

主な意思疎通に言葉じゃない方法がとられていたこともあったのだろう。
大昔の人はジェスチャーなどで意思疎通したかもしれないし。
そう考えると、どっかで何かがずれていたら、俺らの主なコミュニケーション方法が言葉じゃなくて音楽になっていたかもしれない。ダンスになっていたかも知れない。絵になっていたかもしれない。
主な意思疎通の手段が音楽だったら、みんなギターとかサックスとかフルートとか持ち歩いてたりして。
ギターだったらある程度意思疎通できそう。
あいさつはG7とかかな。元気?みたいな。
うん、元気!ならCメジャー。
ちょっと気分がすぐれなかったらマイナーコード。
バリバリ元気だったら速弾きなんかしちゃって。
何かに疑いを持ったらマイナーシックス。
転んで痛かったらセブンスフラットファイブ。
感傷に浸りたい時のサスフォー。
風に吹かれてメジャーセブン。
夕暮れ眺めてアドナインス。

きっと、音の高さが変わるとまた意味が違ってくるのよ。
暗く沈んだ「大丈夫だよ」と、明るい「大丈夫だよ」では、言葉が同じでも意味が違うように。
そう考えると、なっちゃんの日記に書いてあった、「赤ちゃんが泣く時はだいたいラの音」っていうのは面白いな。
赤ちゃんは生まれてすぐ、大体みんな同じ感情を持っているわけだ。
ラの音は優しい音なんだろう。

そしてきっと、そんな世界に住む人は、表現したいことが音楽で表現できない事に苦悩して絵をかいたり、踊りを踊ったり言葉を使ってみたりするんだろう。
[PR]
by hoshimasato | 2005-02-03 23:38
b0063162_3222115.jpg
うおおーー!なんかすげえ!
よくわからんけど聴いた瞬間にゾクゾクッと来た!
うわぁ。なんだこりゃー。
興奮しててよくわからない。
すげーぞ!
[PR]
by hoshimasato | 2005-02-03 03:24