大田原市議会議員、ほしまさと(星雅人)のブログ。子どもの味方、学童保育指導員。「多様性」と「対話」を大切にし、ともに社会課題を解決する市政を目指し奮闘中。


by hoshimasato
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

「障害者差別解消法」と「会議室と市民活動」が3月の一般質問です ・・・星の便り Vol.63

(ほしまさとメールマガジン「星の便り」 Vol.63 平成28年2月29日発行より)

【63号のまとめ!】~~~~~~~~~~~~
・「障害者差別解消法」と「会議室と市民活動」が3月の一般質問です
・本日市庁舎のパブリックコメント締め切りです
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●3月の一般質問の通告をしてきました
22日に一般質問の通告があり、前回に引き続きまたもや一番手を引きました。各会派の代表質問がありますので、実質5番目です。
今回の質問は以下の通りです。

1、障害者差別解消法施行後の対応について
(1)平成28年4月1日施行以降に市が行う合理的な配慮について伺いたい
(2)学校における合理的配慮について伺いたい
(3)事業者への周知の方法について伺いたい
(4)市民への周知の方法について伺いたい

主旨:2014年、日本は障害者権利条約を批准しました。今後様々な法整備がなされていくことになりますが、今度の4月1日からは障害者差別解消法が施行され、障害者から何らかの助けを求める意思の表明があった場合に、負担になり過ぎない範囲で社会的障壁を取り除くための必要な便宜を図る「合理的配慮」を行うことが求められます(国や地方自治体は法的義務が課され、民間事業者には努力義務が課されます)。この「負担になりすぎない範囲」の線引きをどのように考えていくのかを中心に問います。

2、地方創生時代の会議室と市民活動のあり方について
(1)市が持つ会議室の内容や備品、利用のルールに変化を与え、バリエーションに富んだ会議室を設置してはどうかと考えるが、市の考えを伺いたい
(2)生涯学習センター及び市民交流センターへボランティアコーディネーター、市民活動コーディネーターを配置すべきと考えるが市の考えを伺いたい

主旨:国が地方創生をうたい様々な施策を行っていますが、身も蓋もない言い方をしてしまえば「それぞれの地域で競争しあって頑張ってやってくれ」というような流れだと感じています。市民がアイデアを出し合って、津久井市長の言う「知恵と愛のある協働互敬のまちづくり」を進めていかなくてはいけないと思っています。知恵を生みだす会合・会議の場づくり、環境づくりという視点で、画一的な会議室ではなく、多様な会議室を作ることを提案します。また、ボランティア・市民活動を活性化させていくためにその媒介となるコーディネーターの配置を提案します。

ご意見やアイデアのある方、ぜひお聞かせいただければと思います。


●本日市庁舎のパブリックコメント締め切りです
現在、新庁舎整備に関する意見公募(パブリックコメント)を行っております。
本日最終日となります。ぜひご意見お寄せください。
基本設計の素案は下のURLから見られます。
基本設計をご覧になっての率直な感想をください。皆さんの率直な意見をぶつけてもらうことがよりよい市庁舎を作ることになります。ご協力をお願いいたします。なお意見が提出できる方は、下記の方に限られます。
1 市内在住、在勤または在学中の方
2 市内に事務所または事業所を有する個人及び法人その他の団体
3 市税の納税義務を有する方
4 新庁舎基本設計に利害関係のある方
パソコン・スマートフォンの方は、以下のフォームから簡単に意見がおくれます。


●ウィークリーレポート(2月21日~27日)
上記の期間の活動と、参加・主催したイベント・研修会などです。
21日(日)
・NSJ-T(教員有志の勉強会)@健康長寿センター
22日(月)
・一般質問提出
・文教常任委員会所管事務事項調査@トコトコ大田原会議室
23日(火)
・食育に関する講演会@ピアートホール
・国際医療福祉大学卒業生勉強会
24日(水)
・第133回朝カフェ@デニーズ大田原店
・一般質問ヒアリング
・大田原市学童保育連絡協議会 会議
25日(木)
・しほんの会 読み聞かせ
・那須野ヶ原青年会議所 正副会議
26日(金)
・一誠会勉強会 Evernoteについて
・夜ふかしノート第26夜「フェスだ!祭りだ!○○だ!」
27日(土)
・平成27年度発達障害セミナー@国際医療福祉大学

[PR]
by hoshimasato | 2016-02-29 08:00 | 星の便り