大田原市議会議員、ほしまさと(星雅人)のブログ。子どもの味方、学童保育指導員。「多様性」と「対話」を大切にし、ともに社会課題を解決する市政を目指し奮闘中。


by hoshimasato
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ほしまさとメールマガジン「星の便り」 Vol.44(平成26年12月31日発行)より

みなさまこんばんは、ほしまさとです。
あと数時間で今年もおしまいです。
今年一年はみなさまにとってどんな年になりましたか?

私は昨年12月から今年の11月まで会派一誠会の代表を勤めさせていただき、
一年生議員ではなかなか出られない議会運営委員会や
会派代表者会議などに出席させてもらい、
議会基本条例策定等検討委員会や議会定数等検討員会にも出席し、
議会のあるべき姿や役割をどの様に条例として形にするかを考え、
ルールの見直しなどを行ってきました。

議会の内部の動きをよりリアルに感じられる立場で自由に発言をさせていただき、
これからの議会の在り方をジワリと変えられたような気がした一年でした。

またプライベートでは7月に結婚をし、
新しい家(賃貸ですが)で生活がスタートするなど、
公私ともにめまぐるしい一年となりました。

また、市史編纂事業を始めるべきという一般質問の作成や、
ingressとの出会い、
夜ふかしノートで集団的自衛権の閣議決定について考え憲法について学びなおさなければならないと感じたことや、
新婚旅行でヨーロッパに行きドイツやフランスの歴史に触れたことから、
今まであまり捉えられていなかった「自分にまつわる歴史」について興味がわき、
自分の家系図を調べたり、大田原市史等の郷土資料を読んだり、
戦後の日本の在り方や憲法の歴史、日米関係に関わる本を読むなど、
今まであまり深めてこなかった部分の知識を学びました。
自分が、また自分達(大田原市民、日本国民)がどのような歴史の流れの中にいるのか、
しっかりと学びなおすはじめの年になったような気がしています。

来年は、様々な部分で否が応にも見たくない事実があらわになってくる予感がしています。
楽観的な未来だけではなく“失う準備と覚悟”をもとに自分たちの未来について想いを馳せ、
みなさんと一緒に社会の在り方を考えていかなくてはいけないと感じているところです。


●12月議会終了
報告が遅くなりましたが、12月議会は19日に市長提出の全ての議案を賛成多数で可決し、終了しました。

集団的自衛権行使容認に反対する国への意見書提出を求める陳情は、
総務常任委員会で不採択となり、議場では賛成多数で不採択が決まりました。
委員会で採択するべきとの意見をだしたのは私一人でしたが、賛成の議員さんからは
「集団的自衛権といっても、限りなく個別的自衛権に近いものであり、集団的自衛権の行使容認とは言えない」という意見、
「昨日の選挙の結果で(14日が衆議院議員選挙の開票で、委員会は翌日の15日でした)閣議決定も含めて支持されたと言えるのではないか」といった意見が出されました。
私と植竹福二議員は不採択に反対をしました。

また、最終日には、補正予算が提出され、
議員のタブレット端末の購入費用と議会内のネットワーク環境の構築費用として、
320万円の補正を行う議案を可決しました。
執行部も議員も、3月議会からネットに接続できる形でタブレットを使用することができるように設備が整えられていく予定です。
タブレットの導入により、資料検索等の効率化が図れ、ペーパーレス化も進むはずです。
より深い内容の議論や審査に繋げられるよう頑張っていきます。

今年一年星の便りにお付き合いいただきありがとうございました。
来年がみなさまにとって明るい一年となりますように。
よいお年をお過ごしください。
[PR]
by hoshimasato | 2014-12-31 17:00 | 星の便り | Comments(0)