大田原市議会議員、ほしまさと(星雅人)のブログ。子どもの味方、学童保育指導員。「多様性」と「対話」を大切にし、ともに社会課題を解決する市政を目指し奮闘中。


by hoshimasato
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ほしまさとメールマガジン「星の便り」 Vol.40(2014年12月9日発行)より

●8日、12月議会スタート
昨日、議会が12月議会がスタートいたしました。
市長から提出された議案25件及び報告1件、議会から提出された陳情1件が上程され、
人事案件の採決をいたしました。
また、委員会の改正、委員長の互選がありました。

●議案について・・・その1、補正予算について
市では、3月の議会で4月から翌年3月までの予算を議決します。
とはいえ、一年の間には急な出費や収入もありますから、
補正予算というものを組んで、歳出と歳入を少しずつ変えていきます。
12月議会では、補正予算の案件が5件、先決処分の補正が1件あります。
今日明日は、その一部をお知らせしたいと思います。

・衆議院議員総選挙費 3460万円
これは時間的な余裕がなく、議会を通さずに市長により決められ(専決処分といいます)、
今回の議会で議会が承認するかどうか、という議案です。
財源の内訳は、国県支出がおよそ8割、市の一般財源がおよそ2割です。
職員手当などでおよそ1620万、
投票管理者や投票立会人等の報酬でおよそ310万、
ポスターの掲示板の設置と撤去の費用におよそ670万円がかかっています。
選挙全体でかかるお金は600億~700億らしいですが、
大田原市だけでもこれだけのお金がかかっています。
無駄に感じる人もいるかもしれませんが、大切な民主主義のコストです。
選挙に至る経緯については私も納得してはいませんが、
選挙は自分の意思を国政に伝えるチャンスです。
是非、選挙へ行ってみなさんの意思を示してください。

なお、補正予算については、1日目(今議会では8日)に説明を受け、
3日目(今議会では10日)にはすぐ質疑をして委員会に付託せずに採決をします。
補正予算の上程から採決が短いのは大田原議会の特徴ですが、
もっと時間を取り、出来れば予算審査等の常任委員会を作って審議をするべきだと思っています。

●委員会の改正、委員長の互選
常任委員会及び議会運営委員会の改選があり、正副委員長の互選がありました。
(大田原市議会では1年ごとに委員会が変わることになっているのです)
委員会の構成は次のとおりです。(委員長は◎、副委員長は○、敬称略)

総務常任委員会(7名)
◎髙野礼子 ○小池利雄
星雅人 黒澤昭治 小野寺尚武
藤田紀夫 前田雄一郎

民生常任委員会(7名)
◎前野良三 ○菊池久光
鈴木央 大豆生田春美
井上泰弘 鈴木徳雄 中川雅之

建設産業常任委員会(6名)
◎君島孝明 ○植竹福二
印南久雄 髙﨑和夫
印南好男 小林正勝

文教常任委員会(6名)
◎髙瀨重嗣 ○髙木雄大
滝田一郎 小西久美子
篠﨑博 引地達雄

議会運営委員会(7名)
◎引地達雄 ○黒澤昭治
鈴木央 印南久雄 髙野礼子
髙﨑和夫 中川雅之

星は3年目に引き続き、4年目も総務常任委員会に入りました。
また、12月5日をもって、一年間務めた会派「一誠会」の代表を鈴木央議員に引き継ぎました。
(星は植竹福二議員、滝田一郎議員、鈴木央議員と4人で一誠会という会派を組んでいます)
今後一年間、会派代表者会議や議会運営委員会は、鈴木議員が出席することになります。
1期生で議運や会派代表者会議に参加したことで、
議会がどのようなダイナミズムで動いているのかを肌で感じることが出来ました。
これも1期生4人で会派を作ったから出来たことです。
12月議会も張り切っていきます!

●朝カフェのお知らせ
明日10日は毎週水曜日早朝恒例の朝カフェです。
朝6~8時に、デニーズ大田原店の、奥の方の席にて行っています。
テーマを特に決めずに、参加者が話したいことを話す、お茶会(朝食)です。
今年は10日、17日、24日、31日のあと4回でおしまいです。
誰でも参加できます。前もっての連絡はいりません。
ちょっと時間を作ってお立ち寄りください。

それでは、また。
[PR]
by hoshimasato | 2014-12-09 08:00 | 星の便り | Comments(0)