大田原市議会議員、ほしまさと(星雅人)のブログ。子どもの味方、学童保育指導員。「多様性」と「対話」を大切にし、ともに社会課題を解決する市政を目指し奮闘中。


by hoshimasato
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

前川淳「本格折り紙」初級編

入門篇に続きまして、初級篇です。 

「蛇(テーマ:蛇腹)」
b0063162_1971875.jpg
すっごく数学的な、頭で考えられたような作品です。

「飛行機(テーマ:反対側も同じ)」
b0063162_1973259.jpg
折紙の本によく出てくる「反対側も同じ」ですが、これが結構難しい。
片側をすでに折っていると、左右を反転させた図と、今折っている折り紙が違う形になってしまうことがあるんです。
それを乗り切るヒントも書かれてあって、大変親切。

「飾り兜(テーマ:半開き)」
b0063162_1974185.jpg
これは簡単な割に見た目がかっこいい。
これくらいなら一緒にやれば作れる子多いから、新聞紙を使ってかぶれるものを学童で作ってみたい。

「猪(テーマ:22.5度と√2)」
b0063162_198369.jpg
この作品は、折り目と折り目のなす角度が全て22.5度の倍数になっているのだそう。

「イルカ(テーマ:仕上げ)」
b0063162_198206.jpg
これ好きなので暗記(暗折?)したい。
完成時に立体にする作品って好きです。
「完成!」って気分になるので。

「人形(テーマ:展開図)」
b0063162_198305.jpg
東京へ向かう電車の中で作りました。
いろんなポーズつけられるらしい。
展開図がすごいシンプル。

「日本猿(テーマ:展開図的折り)」
b0063162_198584.jpg
顔がリアル!
沈め折りに一瞬戸惑った。

「木(テーマ:定理)」
b0063162_1994218.jpg
これも入門篇の「巻き貝」と同じように、同じ折り目をどこまでも繰り返すことができるらしい。
枝を仕込んだ一本の木を作って、そこから枝を作っていくのだけど、その過程にちょっと感動。

昨日の夜、上級編まで折り終えた。
上級の方になってくると、自分で折って自分で感動できる。
徐々にアップします。
[PR]
Commented by もりっく at 2010-05-12 23:15 x
この本すごいな!
まさか「悪魔」まで載っているとは……。
「悪魔」は,綾辻行人さんの『迷路館の殺人』にもでてきたね。
しかし,これだけいろいろ折れたらもうりっぱな特技だね。
オリガミストを名乗れるよ。
それから,過去の星君のダジャレシリーズもおもしろかった。
この本も面白いよ!
http://www.amazon.co.jp/%E3%81%8A%E3%81%A8%E3%81%AA%E3%81%AE%E3%81%8A%E3%82%8A%E3%81%8C%E3%81%BF-%E3%82%A2%E3%83%AB%E4%B8%ADMasa/dp/4635490033/ref=sr_1_4?ie=UTF8&s=books&qid=1273673272&sr=8-4
Commented by hoshimasato at 2010-05-13 01:54
>もりっく
なんか久々に本格ミステリ読みたくなったよ。
大人の折り紙、面白いと思うんだけど、
本を買うとおる紙がなくなるというジレンマを抱えているのですw
Commented by もりっく at 2010-05-13 22:23 x
面白いな。
海外だと,1ドル紙幣とかあってもう少し気軽なんだけどね。
僕もいくつか折ったけどすぐ使ってしまった。
あれはネタとアイディアの観賞用の本だよ。
その点,普通の折り紙は,折ることでただの紙に作品としての価値が出てくるからいいよね。
ほかにも,箸袋で作る……とか,おしぼりで作る……とか,いろいろな本があったよ。
Commented by hoshimasato at 2010-05-14 01:05
>もりっく
たしかに観賞用ですな。
俺は、折紙でも手品でも、そこらへんであるものでパッとやることに
すごさを覚えるのです。

夏あたりに遊びに来ない?
もりっくを学童に連れていきたいわ―。
by hoshimasato | 2010-05-11 19:09 | 折り紙 | Comments(4)